アスタリフトでたるみとハリをもっと改善する使い方の秘密

アスタリフトのたるみとハリ回復の効果は利用者から大変評価されていますが、肌の働きは生活習慣や食生活などの状況によって異なるため化粧品だけに頼ってしまうのはちょっと危険なこともあります。アスタリフトはアンチエイジングによい配合成分がたっぷり含まれていますので、うまく活用すればもっと効果を引き出すことが可能です。

↓↓お得なWEB購入はこちら↓↓

そこでもっとアスタリフトで肌の弾力を回復するにはどんな使い方のコツがあるのか、プロ並みのスキンケア方法の秘密を見ていきたいと思います。

アスタリフトでたるみとハリ改善するコツとは

  • 洗顔とクレンジングからしっかり行う
  • スキンケアのタイミング
  • 使用量を守ること
  • 蒸しタオルで血行改善する
  • 気になる部分は重ねつけ
  • 導入美容液を使う
  • マッサージ後に使う

以上のポイントを見ていきましょう。

洗顔とクレンジングからしっかり行う

たるみやハリケアは化粧水や乳液などの化粧品をたっぷり肌につけるところがメインになってしまいますが、美肌成分を浸透させるためにはスキンケアの基本になる洗顔とクレンジングがとても大切ですよ。

まずクレンジングですが肌に負担をかける界面活性剤などが含まれた商品がとても多いため、アイメイクなどのポイントメイクはティッシュオフするなど、手早やくクレンジングできるように下準備してください。

クレンジングは肌に乗せてからなじませるよりも、手のひらに広げた状態でハンドプレスするように顔全体に伸ばしてください。円を描くように指の腹を使ってくるくるとマッサージしながらメイクが残りやすいフェイスラインなどもしっかりメイクオフしてくださいね。

洗い流せるタイプのクレンジング剤が増えていますが、ティッシュで一度拭き取ったほうが洗い残しがないので安心です。洗顔は石鹸をたっぷり泡立てて粒を毛穴に押し付けるようにして摩擦しないことがコツ。摩擦すると肌のバリア機能が低下してしまうのでデリケートに洗顔してくださいね。

アゴ、フェイスライン、小鼻の横、頬など汚れが残りやすい部分、たるみが目立つところ、メイクが残りやすい目の周辺はとくにしっかり汚れを落とさないとクマやくすみのように見えてしまいますよ。

スキンケアのタイミング

スキンケアは朝と夜の2回が最も一般的な回数。朝は忙しい時間の中で慌てて化粧品をつけてメイクをすることが多いと思いますので、できれば1日1回は時間をかけてゆっくりお肌を休ませる時が必要です。夜は疲労回復にもなる絶好のスキンケアのチャンス。入浴後に肌の血液の流れが活発になった時はマッサージやパック、保湿をするのはとても効率的でアスタリフトの効果もでやすくなります。

夜は早くメイクを落として保湿をしたいという方も多いでしょう。スキンケアをしてから寝るまでの時間が空きすぎると、その間に皮脂が分泌されて毛穴が詰まってしまうこともあります。またたばこの煙などが肌に付着すると肌細胞が酸化しやすくなりますので、もし夕方にメイクオフした場合は、寝る前に再度保湿をしたり拭き取り化粧水で軽く汚れを落としてからクリームで水分を閉じこめると効果がでやすくなりますよ。

アスタリフトは使用量を守ること

アスタリフトはコスパが良い化粧品というわけではありませんから、使用量をできるだけ少なくして使う人もなかにはいるようです。しかし美容成分は適量を肌に塗布しないと十分に効果を発揮できない場合がありますし、たるみやハリ回復のためにはたっぷり潤いを与えないといけないのです。

アスタリフトの化粧水、美容液、クリームなどどれも決められた量がありますので自己流に使う量を調整せずに正しく使ってくださいね。

蒸しタオルで血行改善してからスキンケアをする

エステでスチームをかけると肌の弾力が回復して、見違えるほどトーンが明るくなりますよね。でも1回数千円~数万円もかけてエステに通ってスキンケアするのは大変です。少しでも節約しながら本格的な美容効果を引き出すためには、アスタリフトも上手に使うことがコツ。年齢とともに浸透性が悪くなるためスキンケアを始める前の肌の下準備がポイントになりますよ。

まずレンジでチンした蒸しタオルを洗顔後の綺麗な肌に広げてそのまま5分ほど待ちます。この間に毛穴に開き血行が活発になりますので、皮膚の吸収力もアップしてアスタリフトのハリ成分がさらに効果をアップしてくれます。

パッティングは肌が丈夫で健康な人ならいいのですが、摩擦が負担になる年齢肌や敏感肌だと逆に負担になりますので、化粧水をつける時はハンドプレスで1分間ほど優しく押さえつけるようにしてくださいね。

気になる部分は重ねつけして保湿ケア

アスタリフトはセラミドやリコピンなどの潤い成分と抗酸化成分がバランスよく配合されているアンチエイジング化粧品です。肌環境は年齢を重ねるごと、それぞれの生活習慣や普段のスキンケアにより肌環境は皆さん違いますよね。目尻の乾燥、口周辺の乾燥など、気になる部分はどこかしらあるはず。そんな時は目立つトラブルを集中的にケアしましょう。

たとえばアスタリフトの化粧水ですが、顔全体に潤いを与えた後、乾燥が気になる部分に重ねつけしてもいいのです。こうやってうまく部分的な集中ケアをするともっと年齢肌がカバーできますよ。

導入美容液を使いしっかり染み込ませよう

アスタリフトは富士フィルムが長年研究して作り上げたナノ化技術により、年齢肌で浸透性が悪い肌にもすっと馴染む点が魅力になっています。このように浸透性の高い化粧品、残念なことにすべての肌質に同じ効果があるわけではないのです。

もし化粧水をつけても表面だけが潤っている場合は化粧水のあとにお手持ちの導入美容液を使ってください。ビタミンC導入剤などが配合されていますので、美容成分が角質層の奥までしっかり届くように働いてくれますよ。

マッサージ後に使い肌機能をマックスにしよう

最近は美容オイルなどのマッサージがとても話題になっています。家庭にあるオリーブオイルやグレープシードオイルなどを使って肌をマッサージすると、抗酸化成分で肌細胞の劣化を防ぎアンチエイジングにぴったりです。

さらにマッサージは表情筋を刺激しますしリンパの流れを活性化するため肌の老廃物を出すメリットも。状態が良くなっている間にアスタリフトの基礎化粧品で肌を整えると、もっと成分の効果が実感できるためぜひトライしてくださいね。

⇒ アスタリフトのキャンペーン詳細はこちら

コメントは受け付けていません。