究極のオールインワンクリーム!EEクリームとは?

肌のお手入れにはいろいろな化粧品を使いますが、いくつもの役割を持つもので時短メイクできたらうれしいですよね。日本に最初に登場したのはBBクリームでしたが、それから更に多くの機能を一つにまとめたCCクリーム、DDクリームが出て、ついにEEクリームが登場しました。

EEクリームは欧州から人気が出始め、日本でもブームが来るのではないかと言われています。EEクリームとはどんなクリームなのでしょうか?特徴と使い方、選び方のポイントについてまとめました。

EEクリームとは

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kotomi☆Inoさん(@k0421i)がシェアした投稿

EEクリームの「EE」とは「Ever Effect(もっと効果的にした)」または「Extra exfoliating(新しい皮膚に)」など、いろいろな解釈がありますが、いずれにしてもEEクリームはオールインワンクリームの中でも最高峰と呼ばれるものです。

EEクリームはまだ日本ではそれほど出回っておらず、現在購入できるEEクリームの種類は限られています。しかし欧州を中心に人気はじわじわと上がっており、日本でもトレンドに関心が高い女性たちは海外からお取り寄せしてしたりしていますから、これから日本でも大人気となる可能性が高く、注目を集めています。

EEクリームの特徴

 

この投稿をInstagramで見る

 

“Marika”さん(@mk1987)がシェアした投稿

スポンサーリンク

EEクリームにはオールインワンクリームの最高峰ならではの魅力があります。

BB・CC・DDクリームの機能をすべてカバー

EEクリームの最大の特徴は、これまでのBBクリーム、CCクリーム、そしてDDクリームの機能を全て兼ね備えているところです。BBクリームはカバー力に優れていてファンデーションなしでもベースメークができる画期的なアイテム。CCクリームは肌の色味を補正する効果が高く、肌の赤みや色むらをなくしてベースメークをきれいに仕上げる効果が高い特徴があります。さらに、DDクリームはカバー力が優れているのに保湿力も高いという、BBとCCをあわせて、さらに乾燥肌の方でも使いやすい「いいとこどり」のクリームでした。

EEクリームはこれらの特徴をすべてカバーしているだけでなく、乾燥肌や脂性肌など、どんな肌質の方でも使える万能コスメ。肌質を選ばない使いやすさが魅力です。

カバー力と透明感を両立

これまでカバー力があるクリームはどうしても厚塗りをした感じになってしまうという欠点がありました。それでは肌がくすんで見えてしまい、透明感は出ません。この欠点を克服したのがEEクリームです。

EEクリームはカバー力もあり、しかも透明感を出すこともできるすぐれもの。しみやくすみで悩んでいる方にもおすすめです。

EEクリームの使い方

  1. クリームを使う前に化粧水を使って水分を与えておく
    万能と言われているEEクリームにはスキンケア機能もついていますから、最初からEEクリームだけでいいのでは、と思う方もいらっしゃるでしょう。しかし、EEクリームの中には水分が入っていません。EEクリームの中に入っている美容成分が肌に浸透するようにするためには、肌にある程度の水分があることが必要です。美容成分を浸透させるために、EEクリームの前にお手持ちの化粧水でしっかり肌に潤いを与えましょう。
  2. EEクリームをとる量はパール粒程度
    伸びがよいこともEEクリームの特徴のひとつ。適量はそれぞれのメーカーによって多少異なりますが、だいたいはパール1粒程度で十分だと言われています。多すぎるとベタついてしまうので注意が必要です。なるべく少なめにとってしっかり伸ばし、足りなかったら少量プラスするようにしましょう。
  3. EEクリームは指や手のひらを使って塗っていく
    EEクリームはスポンジで塗ることもできますが、おすすめなのは指や手のひらを使って塗っていく方法。EEクリームに含まれる美容成分を肌にしっかり浸透させるためには、手のひらの適度な温度で顔の肌をあたためながら塗っていく方法が一番です。
    スポンジを使う場合は最後に手のひらで顔を包むという一手間を加えましょう。そうすることによって、EEクリームの美容成分は肌の奥へと浸透していきます。EEクリームを手を使ってしっかりなじませることは、美容成分を浸透させるだけでなく、化粧崩れを防ぐことにも繋がりますから、この一手間を忘れずに。

EEクリームの選び方

EEクリーム選びには、目的や肌質によっていくつかの注意すべきポイントがあります。

シミやそばかすが気になる方は、カバー力の高いものを

シミやそばかすを隠したいという方は、カバー力の高いEEクリームを選びましょう。カバー力の高いEEクリームをクリームなら肌の色むらも目立たなくなります。

シミやそばかすが気になるからと言ってEEクリームを塗った後にファンデーションやコンシーラーを重ねる方もいますが、それでは厚塗りになってしまって透明感が出ません。きれいに仕上げるためにはカバー力の高いEEクリームを選んで、仕上げはパウダーにとどめましょう。

肌の透明感がほしいならばツヤ感のあるものを

くすみがない透明感ある肌に見せたい、という方はツヤ感のあるEEクリームがおすすめです。塗った感じはみずみずしく、しっかり肌にフィットして、明るくつやつやした肌に見せてくれるはずです。

アンチエイジングが気になる方は美容成分をチェック

EEクリームの中には、エイジングケアに効果的な成分を豊富に含むものもあります。加齢とともに衰えてしまう肌のターンオーバーを促進するアデノシン、肌の血行を良くしてくれるナイアシンアミド、潤いを与えてくれるコラーゲンやヒアルロン酸など、自分の肌の悩みを解決してくれる美容成分が入っているEEクリームを選ぶことが大切です。

肌の弱い方は天然成分もチェックポイントになります。ツバキオイルやホホバオイルは天然で肌に優しく、しかも肌の水分蒸発を防いでくれますから効果大ですよ。

自分の肌の色に合うものを選ぶ

自分の肌の色に合わなければメイクはきれいに仕上がりません。EEクリームは最初は白く、肌に塗ったときに色が変化して肌に馴染む色味になるカプセルタイプのものが自然な感じに仕上がると言われています。肌の色むらが気になる方は色調補正効果があるタイプのものがよいでしょう。肌色に合わせてバリエーションを展開しているEEクリームもありますから、実際にいくつか調べてみて、一番自分の肌の色に合うEEクリームを見つけてください。

SPFを調べて日焼け止め効果をチェック

夏場は特に日焼けが気になります。EEクリームには日焼け止めの効果が入っています。その効果がどれぐらいかはSPF値を見ればわかりますから、季節に応じて、毎日の生活に合わせて、しっくりくるSPF値のEEクリームを選びましょう。

ちなみにSPF30以上あれば日常の外出、または短時間の屋外のレジャーに対応できます。しかし炎天下のイベントに参加する、または屋外でスポーツをするという場合はSPF50が望ましいです。SPFは高いほうが日焼け止め効果が高いですが、その分肌への負担が高いという問題もあります。自分の生活と肌質を考えて、一番合うEEクリームを見つけましょう。

気になるEEクリームを見つけて試してみよう

海外ではすでに大人気のEEクリーム。日本でもこれから大ヒットする可能性は非常に高いです。気になるものを見つけたら、ぜひ試してみましょう。ピッタリのものが見つかったら、もうそれ以外は使えなくなるかも知れません。


コメントは受け付けていません。