DDクリームとは?BB・CCクリームの進化形アイテムを徹底検証

時短メイクができると大人気になったBBクリーム、CCクリームに続き注目を集めているDDクリーム。DDクリームはBBクリームとCCクリームのいいとこ取りだと話題です。

いったいDDクリームとはどんなクリームなのでしょうか?BBクリーム、そしてCCクリームとの違いは?DDクリームとは、BBクリーム、CCクリームとの違いについてまとめました。

いいとこどりのDDクリームは、一番効果のある状態で使いたいですよね。DDクリームの上手な使い方と自分に合うDDクリームの選び方についても併せてご紹介します。

DDクリームとは

 

この投稿をInstagramで見る

 

みーさん(@petit_ane_mi)がシェアした投稿

DDクリームはアメリカで発売されたものが最初です。ファンデーションとして使えるということが話題になり、日本にも紹介されて販売されるようになりました。DDクリームとは「Dynamic Do-All」つまり「効果の強いオールインワン化粧品」または「Daily Defense」つまり「毎日保護する化粧品」の略です。

DDクリームにはこれがDDクリームだという定義があるわけではなく、ブランドやメーカーで表記の仕方が異なります。しかしDDクリームはBBクリームと同じような感覚で使えて保湿効果は高く、ファンデーションやUV下地として使うだけでなく、化粧水や乳液代わりに使うこともできます。さらには抗酸化成分も入っていてアンチエイジング効果を期待することもできる優れもの。DDクリームはまさに万能な化粧品ですね。

BBクリーム・CCクリームとの違い

DDクリームとBBクリームの違いは?

BBクリームは傷跡やニキビ跡などを隠して目立たなくすることができる化粧品です。保湿成分も入っており保湿効果もありますが、カバー力が強いぶんだけ使用感が重たく感じることあります。一方、DDクリームはシミやくすみをカバーすることができるだけでなく保湿効果や日焼け止め効果など、スキンケア効果も期待できるところがBBクリームとの違いです。

DDクリームとCCクリームの違いは?

CCクリームは肌色を補正して透明感を上げるもので、すっぴんメイクができる化粧品です。その反面、カバー力は低く、きちんとメイクしたいときはそれ1つでは物足りなく感じることも少なくありません。これに対し、DDクリームはスキンケアに加えファンデーションの効果も期待できる機能性の高さが特徴です。

DDクリームの使い方

スポンサーリンク

  1. 化粧水を使ってまずはしっかり保湿をする
    洗顔をしてからDDクリームをつける前に化粧水を使ってしっかり保湿します。
    DDクリームには基礎化粧品の機能もあるものの、それ自体に水分は含まれていません。肌を保湿するためには水分を与えて油分で蓋をする必要がありますが、DDクリームだけでは水分を与えることができないため、化粧水が必要なのです。
    DDクリームの前に化粧水を使うことは化粧崩れを防ぐことにも繋がります。DDクリームの前には化粧水をつけるのを忘れないでくださいね。
  2. 額、鼻、頬、顎にDDクリームをつけてのばす
    DDクリームはメーカーの指定する適量を手に取り、額、鼻、頬、そして顎の4箇所に分けて顔の中心から外側に向かって手を使って伸ばしていきます。手のひらを使って伸ばすことで、手のひらの温度が肌に伝わり、DDクリームが肌に浸透しやすくなってスキンケア効果も高まります。伸ばすときは必ず手で伸ばすようにしましょう。
    DDクリームは量が多すぎると厚塗りになってしまって化粧よれの原因になります。厚塗りしすぎた、と思ったら、ここでスポンジやティッシュでで押さえ、余分なクリームをとっておきます。
  3. シミやくすみなど気になる部分は重ね塗りする
    顔の中でシミやくすみ、くまがあるなど、気になる部分があるなら、DDクリームを重ね塗りしていきましょう。肌に軽く叩き込むようにして、指やスポンジで重ね塗りしていけば、シミやくすみがきれいにカバーできます。
  4. ハンドプレスしてDDクリームを肌に密着させる
    DDクリームをしっかり肌になじませるためには肌に密着させることが必要です。しっかり手を使ってハンドプレスしましょう。
  5. フェイスパウダーやパウダーファンデーションで仕上げる
    DDクリームだけでもベースメイクは完了しますが、さらにフェイスパウダーやパウダーファンデーションを使うことで、よりきれいに仕上げることができます。さらっとした質感になりますし化粧崩れを防ぐ効果もありますから、フェイスパウダーやパウダーファンデーションを最後に使うことがおすすめです。

DDクリームの選び方

ご自分に合ったDDクリームで期待する効果を上げるためには、DDクリーム選びが重要なポイントになります。

UVカット効果が高いものを選ぶ

DDクリームは日焼け止めの効果が期待できるものが多いですが、効果の高さはメーカーによって異なります。夏場にDDクリームを使う場合、または長時間外で過ごすことが多いという方は、UVカット効果をチェックしてから、DDクリームを選ぶようにしてください。おすすめはSPF40から50、PAは+++、++++のものです。

室内で過ごすことが多いから日焼け止め効果はそんなに必要ない、という方はUVカット効果についてはそれほど気にしなくても良いでしょう。しかし、それでも夏場は日差しも高く日焼けの心配がありますから、夏はUVカット効果が高いものを選ぶようにするのがよいでしょう。

エイジングケア効果が高いものを選ぶ

DDクリームの中にはそれぞれいろいろな美容成分が入っていますが、エイジングケア効果の高い成分が入っているものもあります。肌の衰えが気になる年齢になったという方は、DDクリームをクリームを選ぶときに入っている美容成分を見て、エイジングケア効果が高いものがあるかどうか、調べましょう。

コエンザイムQ10やプラセンタはエイジングケア効果が高くおすすめの成分。また、ローヤルゼリー、コラーゲン、ヒアルロン酸、植物オイルなど保湿成分も肌を若返らせてくれます。保湿はスキンケアの基本です。特に乾燥肌の方は、保湿成分を必ずチェックしておきましょう。

・オールインワンとして使うか下地として使うかは、自分の目的に合わせて選ぼう

目的に合った使い方ができるものを選ぶ

DDクリームの中にはオールインワンとしてそれ1つだけでメイクを完成させられるタイプのものもあれば、下地として使うことを目的としているものもあります。DDクリームを選ぶときは、自分が何のためにDDクリームを使うかをよく考えましょう。時短メイクのためにはオールインワンとして使えるものがよいですし、しっかりメイクをするためにファンデーションと合わせて使いたい場合は下地として使えるタイプがおすすめです。

潤いある肌に見せたいならツヤ肌仕上げのDDクリームを選ぶ

潤いある質感の肌にしたい、というときはツヤ肌仕上げのDDクリームを選びましょう。保湿成分がたっぷりはいったツヤ肌仕上げのDDクリームなら、潤い効果が長時間持続します。潤いのある肌はいきいきとして若々しく見えますよね。ツヤ肌仕上げのDDクリームは、アンチエイジングが気になる方にもぴったりです。

色味が合うDDクリームを選ぶ

DDクリームはナチュラルな物が多いですが、メーカーによって色味は多少異なります。ベースメイクは自分の肌の色に合うものを選ぶことが大切。DDクリームを購入する前に一度試しづけすると良いでしょう。

敏感肌の方は天然素材で作られたDDクリームがおすすめ

DDクリームはUVカット効果の成分が入っている分だけ、肌に負担がかかる可能性があります。敏感肌の方は天然由来の成分で作られているものなど、肌に優しい成分で作られているDDクリームを選ぶと安心です。

クレンジング不要のものを選べば気軽に使いやすい

毎日しっかりメイクをしていると肌が疲れてしまいます。休みの日はほとんど一日中家にいるからしっかりメイクはしたくないけれど一日中すっぴんでいるのもどうだろう…」そんなときは、クレンジング不要のDDクリームがおすすめです。クレンジング不要のものならお湯で洗い流すだけで良かったりしますから、手間もかからずひとつ持っていると便利に使えます。

いいとこどりのDDクリームを使いこなそう

肌への負担を考えると、ベースメイクはなるべく肌にやさしいものを選びたいですよね。美肌成分たっぷりでUVケアもできるDDクリームはまさに万能アイテム。上手に使いこなして、見た目年齢マイナスの美肌を目指しましょう。


コメントは受け付けていません。