BBクリームとは?選び方・使い方からCCクリームとの違いまで

今やベースメイクの定番アイテムとなったBBクリーム。最近ではCCクリームなども登場し、注目を集めています。使ったことはなくても興味がある、と言う方も多いでしょう。

BBクリームの使い方と選び方は?BBクリームとCCクリームの違いとは?BBクリームの正しい選び方と使い方についてお話します。

BBクリームとは

Blemish Balm cream、略してBBクリームはこれだけ使えばベースメイクが完成するという化粧品です。Blemishとは英語で傷、Balmは軟膏という意味です。つまり、BBクリームは肌の傷を保護し、そして修復しながらファンデーションのように肌の悩みを隠してくれるクリームということになります。BBクリームはメイク下地、コンシーラー、ファンデーションと3つの役割を持っていますから、時間のかかるベースメイクをすばやく仕上げることができます。

BBクリームは韓国から日本に広まったため韓国で生まれた化粧品だと思っている方も多いでしょう。しかし、BBクリームはドイツ生まれの化粧品です。美容に強い関心を持った韓国の人々がBBクリームに目をつけ大人気となり、日本に伝えられて、現在は日本でも評判になっています。

BBクリームとCCクリームの違い

 

この投稿をInstagramで見る

 

Makiさん(@omaki_13)がシェアした投稿

どちらも化粧下地の効果を持っているBBクリームとCCクリーム、2つは名前は違うけれど結局同じものなのか、それとも全く違うものなのか、気になります。

BBクリームとCCクリームはいずれも化粧下地の効果があるところは同じですが、2つは役割が少し違います。BBクリームは化粧下地、コンシーラー、そしてファンデーションと3つの役割がありますが、CCクリームは化粧下地とコンシーラの役割はあってもこれだけでファンデーションとして使うのには少し不安があります。

BBクリームはその名前でもわかるように傷や欠点を保護して隠す効果があります。べたつきがあったり伸びが悪いという欠点が指摘されたりもしますが、カバー力があってマット感のある仕上がりですから、きれいに仕上げたいのだけれどベースメイクに時間をかけていられないという忙しい女性におすすめです。

BBクリームの使い方

スポンサーリンク

  1. まずはしっかりスキンケアをする
    BBクリームが肌にちゃんと馴染むようにするためにはスキンケアが大切です。スキンケアの順番は化粧水をつけてから乳液、その後あれば美容液です。BBクリームにはそれ自体に日焼け止めの効果も入っていますが、夏の強い日差しのときにはそれだけだとちょっと心配。化粧崩れをしたときに一緒に日焼け止めの効果も失われては肌にダメージを与えてしまいますから、夏場は日焼け止めも使いましょう。
    スキンケアをしっかりするかしないかでBBクリームがきれいにつくかどうかが変わってきます。きれいに仕上げるために基礎化粧品は丁寧にしっかりつけましょう。
  2. 適量を手に取る
    スキンケアが終わったら、いよいよBBクリームをつけていきます。まずは適量を手に取りましょう。どのぐらいの量のBBクリームを使えばよいかは、BBクリーム本体の裏側の説明に書かれていますから確認してください。
    BBクリームはほとんどのメーカーで0.5cmから1cmぐらい(パール1つ分ぐらい)出して使うことが適量だと言われています。つけすぎは厚塗りになってしまうので、まずは少なめに顔に広げて、もし足りなければ少しずつ量を付け足して伸ばしていくようにすると良いです。
  3. 肌の5点に置いてからしっかりムラなく伸ばしていく
    BBクリームは化粧下地の役割もあるのでスキンケアをしてからすぐに使うことができますが、だからといってスキンケアがまだしっかり馴染んでいないうちにつけてはいけません。スキンケアでつけた乳液やクリームと混ざらないように、スキンケアをしてから3分から5分ほど置いてからBBクリームを塗っていきます。
    BBクリームをクリームはおでこ、両頬、鼻、顎の5点に置いて伸ばしていきます。左右同じようになるように置く量に気をつけ、置いたらムラなく内側から外側に向けて、しっかり伸ばしていきます。目の周りなど、しわになりやすい場所は薄めにするなど、顔の全部の部分を同じ量で塗らずに、カバーしなければいけない部分以外は薄めに広げましょう。
  4. パフやスポンジでなじませていく
    BBクリームを広げるときは中指や薬指の腹を使いますが、なじませるときにはパフやスポンジを使います。ここで、パフやスポンジを使うかどうかで、BBクリームの肌なじみが変わってきますので注意してください。なじませるときに特に気をつけたいのが小鼻の周りや髪の生え際です。
    テカリや崩れがないようにするためには、水で濡らして硬く絞ったスポンジがおすすめ。スポンジでポンポンと叩くようにしてなじませると、化粧崩れしにくくなります。シミやくま、ニキビなど気になるところがある方は、なじませるときに二度塗りをして、うまくカバーしましょう。
  5. フェイスパウダーで仕上げる
    最後の仕上げにはフェイスパウダーを使います。BBクリームだけで終わらせても良いのですが、さらさらした感じに仕上げたければフェイスパウダーをプラスすることがおすすめです。フェイスパウダーは仕上げをきれいにしてくれるだけでなく、化粧崩れを防ぐ効果もあります。

BBクリームの選び方

 

この投稿をInstagramで見る

 

たっきゅんさん(@takkyun33)がシェアした投稿

BBクリームは自分の肌質に合ったものを選ぶことがポイントになります。

乾燥肌の方におすすめのBBクリーム

BBクリームは保湿力が高いものが多く、乾燥肌の方は大体はどれを選んでも失敗がありません。ただし、BBクリームの中には脂性肌用のものもあり、乾燥肌の方が脂性肌用のBBクリームを使ってしまうと、肌のかさつきがひどくなるため注意が必要です。BBクリームを購入する際は、保湿成分が入っているかどうかチェックするようにしましょう。

敏感肌の方におすすめのBBクリーム

敏感肌の方は普通肌の方ならば特に問題にならない成分でも肌トラブルを起こすこともあるため、慎重にBBクリームを選ぶ必要があります。

特に気をつけなければいけないのがBBクリームの中に入っている添加物です。パラペンや合成香料、鉱物油、紫外線吸収剤は敏感肌には負担となる可能性があります。これらが入っていない添加物フリーのBBクリームを探してください。

脂性肌や混合肌におすすめのBBクリーム

脂性肌や混合肌の方でも使いやすいBBクリームはあります。そういうBBクリームには脂性肌用などの表記がありますから、よく見て選びましょう。もし表記がない場合は、オイルフリーのものを選ぶとよいです。

カラーを良くチェックする

BBクリームはグレイッシュなものもありますし、色展開が少なくて自分の肌には合わないこともあります。肌の色に合わないBBクリームを選ぶことがないように、はじめてのものを使うときはまずはテスターやサンプルでお試ししましょう。

使用感で選ぶ

BBクリームの中には保湿効果に優れているもの、日焼け止めの効果が高いもの、カバー力が高いものなど、いろいろな特徴があります。どれを重視するかで、選び方は変わってきます。

夏に使うときは日焼け止め効果が高いもの、空気が乾燥している冬に使うときは保湿力が高いものなど、季節によって使う種類を変えるのもよいでしょう。

BBクリームは忙しい女性の味方!

時間がかかりがちなベースメイクを簡単にしてくれる使いやすいBBクリーム。オールインワン化粧品と組み合わせて使えば、朝のスキンケアとベースメイクが楽になります。忙しい日々を送っている女性にはうれしいですよね。機能性の高いアイテムを使いこなして、楽ちんキレイを目指しましょう。


コメントは受け付けていません。