梅雨の食べ物はここに注意!だるさ解消におすすめの食材も解説

雨が毎日降り続き、家の中も外もジメジメしていて気分も沈みがちな梅雨の時期。こんな時だからこそ、体によい食事をして健康的な毎日を送る必要があります。梅雨だるで心身ともに元気がない時期は、一体どんなものを食べたら良いのでしょうか。梅雨の時期に食べたい梅雨だる解消に効果的な食べ物や、梅雨時に食べ物を傷ませないための工夫など、梅雨になる前から考えておきたい食べ物のことについてまとめました。

梅雨の食事のポイント

梅雨の食事は、食べ物が痛まないようにすること、そしてこの時期の特徴である梅雨だるを解消する食べ物を取り入れること、この2つに気をつけるのがポイントです。

梅雨時は家の中もかなりの湿気がありますから作ったものをそのまま置いておくとすぐに傷んでしまいます。特に作り置きをしている方は食べ物が痛まないように工夫しましょう。家の中に湿気がたまらないように換気をよくしたり、エアコンや除湿機を上手に使って除湿をします。風で湿気を飛ばすために扇風機の利用も効果的です。入れられるものは作ったらすぐに冷蔵庫に入れるのも効果があります。

梅雨だるのために食欲が出ない方も多いですが、こういうときこそ栄養のあるものをしっかり摂って健康を守らなければいけません。元気に梅雨を乗り切るためには野菜を多めにしてバランスのよい食事を摂りましょう。

梅雨に食べ物を傷めないための工夫

梅雨に食べ物を傷めないためには、調理方法だけでなく、食材の保存や調理器具についても気を配る必要があります。

台所用品は漂白剤などで除菌!


梅雨時は食中毒になりやすいですから台所用品の除菌は大切な仕事です。まな板はキッチンハイターなどの漂白剤を入れた桶の中に斜めに入れてから上にふきんをかぶせるようにして、まな板全体を除菌してください。食器を洗う時に使うスポンジは、除菌効果のある洗剤をつけた状態で絞っておいておきましょう。

食材を保存するときの注意点

スーパーなどで買ってきた食材を保存する時は、肉や魚はすぐに冷蔵庫にしまい、その日に使わないならば冷凍庫で保存しましょう。野菜は育った環境と近い状態で置くと長持ちします。たとえば葉物なら立てた状態で冷蔵庫にしまったり、もやしは水と一緒に密封容器に入れておくとシャキシャキした状態を保てますよ。

生食はなるべく避けて!加熱調理がおすすめ

食べ物の痛みやすい時期は、なま物は食べないほうが無難です。肉や魚は加熱調理をすること、そして肉や魚を触った後で生野菜を触る場合は、先に肉や魚を処理してから、使ったまな板や包丁と手を洗って、次に野菜の処理をするようにしましょう。

梅雨時にお弁当を持っていくなら?

スポンサーリンク

会社にお弁当を持っていく、または子供のお弁当を毎日用意しているのならば、お弁当が痛まない工夫も大切です。フルーツ好きな人も、この時期だけは痛みやすいですから我慢すること、そしてお弁当の汁気はしっかり切ってから詰めましょう。お弁当の中に蒸気がたまって細菌が繁殖しないように、熱いままでなく冷ましてから蓋をすることも忘れずに。

梅雨だるを予防・解消する食事

梅雨だる解消におすすめなのは①体を温める②むくみをとる 効果の期待できる食事です。おすすめの食材、メニューをご紹介します。

体を温める食事が◎

梅雨だるになると代謝が悪く血の巡りが悪くなるために体が冷えている方は多いです。代謝を良くするためには体を温めることが効果的ですから、ネギや生姜などをスープの中に入れましょう。あたたかいスープを飲めば、体全体が温まって梅雨だる解消につながります。

むくみをとるにはクエン酸、カリウム!

梅雨だるになると湿邪(しつじゃ)といって体の中に余分な水分が残っている状態に悩まされる方は多いです。むくみを解消するためにはカリウムやクエン酸が効果的です。アボカドやバナナ、ほうれん草などの中にはカリウムが多く含まれていますから、食事に取り入れてください。また、クエン酸はグレープフルーツやレモンに多く含まれていますから、グレープフルーツの生搾りジュースなども効果がありますよ。

香りがある飲み物でリフレッシュ

梅雨だるの時期は沈みがちな気分をリフレッシュさせましょう。気分をリフレッシュさせるためには香りを上手に使う方法があります。たとえばペパーミントの香りをかぐとなんだかすっきりしますよね?ペパーミントには交感神経と副交感神経のバランスを整える力があるのです。梅雨だるになりそう、または梅雨だるかも、と思ったら、あたたかいペパーミントティーを飲んでひと休みしてはいかがですか?

食事の工夫で梅雨を乗り切ろう!

外を見るといつも雨が降っていて何もやる気が出なくなってしまうことが多い梅雨。何もしないで家の中でぼんやり過ごしているだけでは食欲もわきませんし、そのままではこれから来る夏を乗り切ることなんてできません。「梅雨だるで何にもしたくない!」となる前に、食事から改善していきましょう。

温かいスープやミントの香りのお茶を飲んだり、アボカドやほうれん草などを取り入れた食事をとるようにするだけでも、だるさが取れてきます。だるいからと食事を食べないでいたら体調を崩すだけですから、梅雨だるによい食事を摂って、梅雨とこれから来る夏を乗り切ってください。

梅雨だる解消には食事が大切ですが、食べ物が痛みやすい時期ですから衛生面には十分な注意が必要です。ただでさえ食欲が少ない時にお腹を壊したら大変です。調理器具の除菌や冷蔵庫への保存を忘れずに行い、お弁当は水気を必ず取るようにしてくださいね。

「梅雨」関連情報


コメントは受け付けていません。