掃除機は吸引力で選ぶ?クリーナーの実力を決める○○とは

掃除するときには欠かせない掃除機。頻繁に買い替えるものではありませんが、いざ選ぶとなるとどれにしたらよいか迷ってしまうと言う方も多いでしょう。

掃除機はゴミを吸い取ることが仕事ですが、大きなゴミから細かいゴミまでしっかり吸い取ってほしいですよね。吸引力が掃除機選びの重要ポイントであることは確かです。でも、掃除機の実力を決めるのは吸引力だけではありません。掃除機選びで重視したいポイントについてまとめました。

吸引力とは?

掃除機の吸引力を示す値として使われるものが吸込仕事率です。現在市販されている掃除機には、吸込仕事率の表示が義務付けられています。

吸込仕事率は次の式で計算されます。

  • 吸込仕事率=0.01666x風量(立方m/min)x真空度(Pa)

吸込仕事率の測定方法は日本電気工業会規格のJEM1454によって定められています。掃除機に新しいフィルターを取り付け、付属しているホースと延長管を真っすぐに取り付けて、先端につけた測定装置で風量と真空度を調べます。

しかし、この数値はゴミを吸い込みながら測定した数値ではありませんから、吸込仕事率がゴミを吸い込む能力に一致するとは限りません。数値が高いほうが吸引力が強いというのはそのとおりなのですが、実際に掃除をするときと同じ状況で掃除機を動かして出した数字ではないからです。掃除機を使うときはノズルやパワーヘッドなどを用います。それによってゴミを吸い取る力はずいぶん変わりますから、吸込仕事率だけで掃除機の能力を判断することはできません。

ダストピックアップ率とは

まだ国内メーカーの掃除機に記載されていることは少ないですが、最近、掃除機の吸引力をはかる値として使われるようになったものがダストピックアップ率です。ダストピックアップ率は国際電気標準会議(IEC)で定められています。日本工業規格のJISでも、「じんあい除去能力」としてダストピックアップ率の測定基準を定めています。

ダストピックアップ率は床にある定められた量のゴミをまいてから、定められた条件で掃除機に吸い込ませ、どれぐらいのゴミを吸い込むことができたかをパーセント表示で表したものです。実際にゴミを吸い込ませることによってその能力をはかった数字ですから、これまでの吸込仕事率と比べるとダストピックアップ率のほうが掃除機を選ぶときに参考になります。

現在はまだ記載されていることが少ないダストピックアップ率、ゴミをしっかり吸い取れる掃除機を探す目安にするためにも、ダストピックアップ率が今後多くの掃除機に表示されることが望まれます。

スポンサーリンク

吸引力がいいのは?掃除機選びのポイント

掃除機の吸引力は紙パックを使うかどうか、ヘッドの種類によっても違ってきます。

紙パックとサイクロン、どっちがいい?

掃除機には紙パックとサイクロンと2つのタイプがあります。吸引力については製品によっても違うため、どちらが良いとも言い切れません。どちらにもよいところと悪いところがありますから、紙パックとサイクロンの特性を知って、使いこなすのがポイントです。

紙パックのメリットはなんと言っても、ゴミがいっぱいになったら取り出して捨てればよいという手軽さです。パックに入ったままの状態でゴミを取り出しますから、ゴミを取り出すときにホコリが舞うことが少ないです。しかし、紙パックを交換する必要があるため、紙パックを買いに行ったり、そもそも紙パック代が常にかかるというデメリットがあります。

その反対にサイクロンは紙パックがありませんから、費用の面においてはかなりのメリットです。ゴミをこまめに捨てればゴミから嫌なにおいがでることもありません。ボディもコンパクトなものが多く扱いやすいです。しかし、サイクロンにはランニングコストがかからない分だけ、しょっちゅう取り替えなければいけないところがデメリットです。

紙パックとサイクロンのどちらも、ゴミが詰まった状態では吸引力が弱くなります。この点を考えると、しょっちゅうゴミを捨てるサイクロンのほうが有利かもしれませんね。吸引力を良くするためには、紙パック、サイクロンの何れにせよ掃除機のゴミは定期的にちゃんと捨てることが大切です。

サイクロンのダストケースの中には目の細かいフィルターが入っていて、塵や埃を取り除きます。サイクロンにたまった塵や埃をためたままにしておくとフィルターの目が詰まり、掃除機の吸引力が下がってしまいます。この欠点を克服するために開発されたのがフィルターレスサイクロンです。

フィルターレスサイクロンには目の細かいフィルターが入っていません。そのかわりにゴミを遠心分離する機能が備わっているので、塵や埃はたまらず吸引力も落ちません。フィルターレスサイクロンはお手入れが楽で、しかも吸引力が高い、と現在注目されています。

ヘッドの種類

掃除機のヘッドには大きく分けてパワーヘッド、タービン、床ブラシの3種類があります。その中でも最も吸引力が高いのはパワーヘッドです。

パワーヘッドは密着度が高く、ヘッドの内部が真空に近づくため、床面にくっついてしまったゴミも高い吸引力ではがすことが出来ます。床には静電気でホコリが張り付きますし、カーペットに絡まった髪の毛などは、普通に掃除機をかけただけでは取り切れないことも多いものです。しかし、パワーヘッドのブラシを使えば、これらのしつこいゴミもブラシで剥がされて掃除機の中へと吸引されます。

簡易的なブラシが付いている程度の床ブラシは、ブラシの力も弱く吸収力は期待できません。タービンブラシはパワーヘッドと形は似ているものの、回転力が弱く隙間が多いためパワーが発揮できないという欠点があります。パワーヘッドの掃除機は少し値段が高めですが、吸引力を重視するならパワーヘッドの掃除機がおすすめです

ご家庭にあった掃除機を選ぼう

必要な吸引力は床がフローリングか絨毯を敷いているか、ペットがいるかなどによっても違ってきます。お手入れのしやすい紙パック式にこだわる方もいらっしゃるでしょう。吸引力の数字を目安に、ご家庭に合った掃除機を選んでくださいね。


コメントは受け付けていません。