[扇風機の使い方]置き場所から風のあて方まで正しい方法を伝授!

エアコンをかけるとき、扇風機も一緒に使うと効果的だと言うことが広く知られるようになり、扇風機に注目が集まっています。それほど温度が高くなければ扇風機だけでも十分涼めますし、雨の日に洗濯物を乾かすのに使っているご家庭も多いでしょう。置き場所から風の当て方まで、扇風機の効果的な使い方についてまとめました。

扇風機だけで使う場合

「エアコンをつけずに扇風機だけで涼しくするのは無理!」なんて思っていませんか?扇風機だけでも使い方次第でぐっと体感温度を下げることが可能です。エアコンを使わずに扇風機だけで涼しくするためのポイントを見て行きましょう。

また、扇風機は部屋干しの洗濯物を乾かすのに使う機会も多いですよね。早く乾かすためのコツも合わせてご紹介します。

「置き場所」がカギ!

扇風機は羽根を回して周囲の空気を集めて、前方に風を送り出しています。扇風機を効果的に使うためには、涼しい空気を取り込んで温度の高いところに風を送ることが大切。つまり、「どこに置くか」が最も重要なポイントになります。部屋の中と外、どちらが涼しいかで置き場所を変えるのがコツですよ。

早朝や夜中など、外気温が室温より低い場合には、外の涼しい空気を部屋の中に取り込むために、扇風機を窓の前に置きましょう。風の通り道に扇風機を置けば、より効果的です。

その反対に、外気温が室温より高い昼間の時間帯は、窓の外に向けて扇風機を回します。そうすれば、外の熱い空気が部屋の中に入りにくくなるので、部屋の中が涼しくなると言うわけです。

風をあてる方向は?

部屋の中の温度はどの場所も同じと言うわけではなく、熱い空気は上の方にたまる性質があります。温度の高い空気は天井付近にたまっているので、扇風機を天井にあてて上下の空気をかき混ぜたり、熱い空気を部屋から追い出したりするのが効果的です。

暑い時期には、押し入れやタンスの扉を開けたときむっとした経験をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。ときには押し入れやタンスの扉を開けて、こもっている空気を逃がすのもよい方法です。

寝苦しい夏の夜には、寝るときも扇風機の風が欲しくなりますよね。でも、涼しいからと言って、寝るときに扇風機の風を体に直接あてるのはNG。長時間風をあて続けると冷えて血流が悪くなり、自律神経の働きが弱まって、寝冷えやだるさの原因となります。

寝るときは足元に扇風機を置き、壁に向かって風をあて、体にやわらかい風があたるようにするのがポイントです。つけっぱなしは避け、5時間以内を目安にタイマーでオフするようにしてくださいね。

風を冷たくするためには?

スポンサーリンク

風を涼しくするためには、氷を入れた洗面器や保冷剤、凍らせたペットボトルなどを扇風機の前に置くのもよいでしょう。水が蒸発するときの気化熱で涼しくなるのはもちろん、見た目にも涼しく感じます。

ただし、この方法は気化熱を利用するので、湿度の高い日には向いていません。カラッと晴れた暑い日に適した方法です。

部屋干しを早く乾かすコツとは?

朝干した洗濯物が夕方になってもなかなか乾かないときってありますよね。そんなときは扇風機の出番です。濡れた洗濯物に向かって扇風機を回せば風で湿気が飛ぶので、早く乾かすことができます。扇風機は首振りさせながら使うのがポイントです。

実は、洗濯物を乾かすのなら、扇風機よりもサーキュレーターの方が効果的です。サーキュレーターとは、空気をかき混ぜるためのもので、扇風機に比べ強い風が洗濯物に直接届きます。サーキュレーターは冷房だけでなく暖房するときも使えるので、購入を検討するのもよいでしょう。

高級扇風機はどこが違う?扇風機選び10のポイントを解説!
夏の暑いときはクーラーを使いますが、クーラーだけで部屋の全体を冷やすのは電気代がかなりかかってしまいますし、「冷え」も気になります。健康と電気代の節約のためを考えて、クーラ
2018-07-28 16:48

エアコンと一緒に使う場合

猛暑の日などエアコンを使う場合にも、扇風機を併用することでさらに効果的に体感温度を下げることができ、節電効果も期待できます。

エアコンから出てくる冷たい空気は足元にたまり、天井には温かい空気がたまりやすいです。体感温度を下げるためには、上下の空気をかくはんさせて、温度ムラをなくすのがポイントになります。エアコンと扇風機を併用する場合は、次の点に注意しましょう。

エアコンの吹き出し口のルーバーを水平にする。

エアコンから出てくる涼しい風に当たりたいからと吹き出し口を下に向ける方も多いのではないでしょうか。でも、それでは部屋の上の方の空気の温度は下がりません。吹き出し口のルーバーは水平にして、部屋の高いところに熱い空気がたまらないようにしましょう。

扇風機を天井に向けて回し、足元にたまった冷気をかくはんさせる。

エアコンと一緒に扇風機を使うときは空気をかくはんさせるために使うわけですから、扇風機は自分に当てるのではなく天井に向けて回します。そうすれば足元に溜まっている冷気がかくはんされて、上の方の熱い空気を冷ますことができます。サーキュレーターならより効果的です。

目的によって、扇風機の使い方を工夫しよう

扇風機をより効果的に使うためには、置き方、風の当て方に注意が必要です。

まとめると

  • 扇風機だけで部屋を涼しくしたい場合:夜や早朝は外の空気を中に入れられるよう、昼間はあつい空気を外に出すことを考えて置く。
  • クーラーと併用して使う場合:部屋の空気をかくはんさせることができるよう、扇風機をクーラーのある上に向けて回す。
  • 洗濯物を乾かすために使う場合:洗濯物に向けて首振りをさせながら風を当て、湿気を飛ばす。

となります。

それぞれの用途によって少しずつ向きや置く場所が変わってきますから、扇風機を使うときは「今何のために扇風機を使うのか」よく考えてくださいね。


コメントは受け付けていません。