織姫と彦星の物語!七夕伝説の意外に知らない本当の話とは

7月7日と言えば七夕ですよね。家族で願い事を短冊に書いて笹に飾っているというご家庭も多いでしょう。七夕は織姫と彦星の伝説で有名です。年に1度しか会えない二人の恋物語は誰でも知っているお話ですが、「どんなお話か教えて?」と言われてみれば、意外に良くわかっていないことも多いのではないでしょうか。織姫と彦星の七夕伝説について、改めてご紹介しましょう。

「七夕伝説」織姫と彦星の物語とは

天の川の東に天帝である天の神様には織姫という一人娘がおりました。機を織るのが上手な織姫は、毎日神様たちのために機を織って暮らしていました。そんな織姫も年頃になり、そろそろ婿を探そうということになります。

そこで登場したのが天の川の西側に住む彦星でした。牛飼いの彦星はとても働き者で、評判が良い若者でした。天帝は真面目な彦星ならばきっと良い婿になるだろうと織姫と結婚するよう頼みます。彦星はありがたく引き受け、2人は結婚しました。

織姫と彦星はとても仲の良い夫婦になりましたが、結婚してから働かなくなってしまいます。織姫は機を織らなくなってしまい、彦星も牛飼いの仕事をサボってばかり、二人は川のほとりで話ばかりしています。二人の様子を見て怒った天帝は二人を引き離してしまったのです。

会うことができなくなった二人は、寂しさと悲しさのあまり、今度は全く仕事をしなくなってしまいました。これでは意味がないと思った天帝はこう告げます。「これまでのようにしっかり働くのなら、年に1度だけ、7月7日の夜だけ会ってもよい。」それ以来、二人は年に1度だけ会えるようになったのです。

織姫と彦星は恋人同士だと思っている方も多いですが、二人は夫婦だったんですね。別れて暮らしていると聞くと無理やり別れさせられた恋人同士のように感じてしまいますが、結婚した結果、仕事をしなくなってしまったので別居させられてしまった夫婦と言うのが正解となります。ただかわいそうだというのではなく、織姫と彦星、二人に問題があったというわけです。

織姫と彦星の物語は京劇などでも演じられる中国の「天河配」が元になっています。「天河配」の内容は少し七夕のお話とは異なります。「天河配」では、牛飼いが水浴びをしていた天女の一人である織姫の衣を盗んで夫婦となりますが、織姫は天界に帰ります。追いかけて天界まで行った牛飼いは、織姫の母の西王母によって天の川の西と東に引き裂かれる、というお話です。こちらは本当に悲しいお話です。

スポンサーリンク

七夕伝説の元となった中国では、日本のように笹にお願いごとを書いた短冊をつけることはしません。中国では七夕の日を「恋人の日」としていて、バレンタインデーのように恋人にプレゼントを贈るようですよ。

織姫と彦星は雨が降ると会えないの?

天の川の西と東に分かれていて7月7日の夜にだけ会える織姫と彦星。雨が降ったら会うことはできるのでしょうか。

7月7日に降る雨は「催涙雨・酒涙雨(さいるいう)」と呼ばれています。「催涙雨・酒涙雨(さいるいう)」には2つの考え方があります。1つは雨のために二人が再会することができなかったために流した涙という考え方、そしてもう1つは再会はできたのだけれど別れの時が来てその悲しさに流した惜別の涙という考え方です。会うことができなくて悲しみで流した涙なのか、会うことはできたけれど別れたくなくて悲しみで流した涙なのか、どちらも悲しくて流した涙なのですが、会えるのか会えないのか、両方の考え方があるようです。

それにしても、天の川の東と西に別れているのに、織姫と彦星は7月7日にどうして会うことができるのでしょうか。二人を結びつけてくれるのはカササギです。7月7日になるとカササギが飛んできて天の川に橋をかけます。カササギが作った橋を渡って二人は会えていたんですね。けれど、雨の日は天の川の水かさが増えてしまいますから、カササギが橋をかけることができません。そのため、雨の日は二人が会えないという説が生まれのでしょう。

織姫の星と彦星の星は、夜空を見上げると実際に存在しています。どちらも夏の星座で、織姫星は「こと座のベガ」そして彦星は「わし座のアルタイル」です。二つの星は天の川を挟んで離れています。そこまでは七夕伝説と同じですが、残念ながらこの2つの星は1年に1度出会えるというわけではありません。二つの星は空を見上げて見た感じではそれほど離れていませんが、実は16光年も離れています。お話では一年に1回会える二つの星ですが、本当は会えないのです。

七夕の日は織姫と彦星を思いながら空を見上げよう

小さいころから聞いていた織姫と彦星の話。こうやって見てみると「思っていたのと違っていた」と言う方も多いのではないでしょうか。

七夕伝説を読み返してみますとなんだかかわいそうですね。織姫と彦星を応援したくなります。夏の星の中でも、織姫の星と彦星の星はどちらも大きくて見つけやすい星です。七夕の時期の日本は梅雨の時期ですから、残念ながら雨が多いです。でも七夕の日だけは二人が無事に会えて楽しい時間を過ごせるよう願いながら、星を見上げてみませんか?ときにはロマンチックな気分に浸るのも良いものですよ。


コメントは受け付けていません。