[バレンタインの由来]女性がチョコをあげるのは日本だけ!?

女性がチョコレートを渡して好きな男性に告白するバレンタインデー。女性にとっても、そして男性にとっても、ドキドキする1日ですよね。でも、実は、日本と海外ではバレンタインの祝い方に違いがあるんです。

現在、日本では本命チョコの他に義理チョコ、友チョコ、自分チョコなどいろいろな種類がありますが、本来のバレンタインとはどのようなものなのでしょうか。バレンタインの意味や由来、日本と海外の過ごし方などについてお話しします。

バレンタインデーの由来

バレンタインデーの始まりはローマで行われていたお祭りにあります。

2月14日は家庭と結婚の女神であるユノの祝日で、2月15日はルペカリア祭りが行われていました。当時、若い男女は生活が分けられていましたが、祭りの間はくじ引きで決まったパートナーと一緒に過ごす決まりでした。くじ引きは女性の名前を書いた紙を入れ物に入れ、男性が引くと言う形で行われていたそうです。こうしてできたカップルは、結婚することも多かったと言われています。

ところが、ローマ帝国皇帝・クラウディウス2世は、兵士の士気が下がると言う理由で、結婚を禁止してしまいます。恋人たちを憐れんだウァレンティヌス司祭は内緒で結婚式をあげていましたが、皇帝の知るところとなり、2月14日に処刑されてしまったのです。

ルペカリア祭りはその後風紀が乱れると禁じられて、女性の名前でなく聖人の名前を書いた紙を引き、それからの1年間を聖人にならった過ごし方をするよう努めると言うものにかわります。

さらに、200年ほど前のお祭りの時期には聖ウァレンティヌスがこの新しい行事の守護聖人になり、その後、バレンタインは徐々に恋人同士がカードやプレゼントを交換する日へと変化して今に至ります。命をかけて恋人たちを守ったウァレンティヌスの名は、恋人たちが愛を確かめ合う日にふさわしいと言えるでしょう。

日本だけ?女性がチョコレートを贈る理由

バレンタインと言えば、女性が男性にチョコレートを贈る日だと思う人がほとんどだと思いますが、実はこれは日本独特の習慣です。

当初、チョコレート製造メーカーでは、男女両方に向けて「バレンタインデーにチョコを贈ろう」と言うキャンペーンを実施したと言われます。しかし、日本男児には受け入れられず、年末の買い物は女性客が主役だったこともあり、「女性から男性に贈ろう」と方向転換したところ、ハート形のチョコレートが飛ぶように売れたそうです。日本では「告白は男性がするもの」と言う風潮が強く、女性から告白するチャンスが少なかったことも背景にあるのかも知れません。

バレンタインの起源とされるチョコレートメーカーは、メリーチョコレート、モロゾフ、森永製菓など、いろいろな説があり、どこが本当の起源かは定かではありません。しかし、業界の努力は実を結び、バレンタインデーは日本の習慣としてすっかり定着しています。

こうして始まったバレンタインデーですが、今では女性が男性に愛の告白をするだけでなく、お世話になった人に渡す義理チョコ友達同士で交換し合う友チョコ頑張っている自分へのご褒美の自分チョコといろいろな楽しみ方があるようです。男性から好きな女性に贈る逆チョコまで登場するようになり、現在では特に女性から男性へと言うこだわりはないようにも見えますね。

海外のバレンタインの過ごし方

スポンサーリンク

西ヨーロッパやアメリカでは恋人や親しい人にカードや花束を贈ります。フランスでは「あなたを愛します」という花言葉の真っ赤なバラの花を男性から女性に贈りますし、イギリスでは男性から女性に自分の名前を書かずにバレンタインカードを贈ります。そしてアメリカでは、アクセサリーやディナー、花束など、色々なプレゼントを男性から女性に贈って自分の思いを伝えます。いずれも、男性から女性にプレゼントすることが多いようです。

日本のお隣の国である韓国では、日本と同じく女性から男性にプレゼントをするようです。ただし、韓国の女性が贈るバレンタインデーのチョコはとても豪華で、チョコレートがたくさん詰まったすごいバスケットを渡します。韓国も日本と同じように男友達や会社の上司に義理チョコを渡しますが、義理チョコは日本と同じでコンビニやスーパーなどで売っている300円ぐらいのチョコになるようです。韓国では本命のチョコと義理チョコの差がすごいですね。

英語のバレンタインの意味

英語のvalentineには「バレンタインデーに贈る大切なカード」または恋人や特別な人という意味があります。

ですからWill you be my Valentine? Be my valentine!(恋人になって!)というセリフを使ったりします。わたしの恋人になってください!なんて日本語で言うのは恥ずかしいですが、英語の表現ならば格好いいですし、恥ずかしくないかも。バレンタインデーで好きな男性に告白する時はカードをつけますよね。そのときに、一言、英語でメッセージを入れてみてはいかがでしょうか?英語になっているだけでとてもおしゃれですし、あなたの思いが彼に伝わりますよ。

バレンタインのお菓子の意味

バレンタインはチョコレート以外にお菓子を贈ることもあります。チョコレートは特に意味が無いので気にすることはありませんが、お菓子の種類によって大変な意味になることもありますので気をつけてください。

キャンディーやマカロンは「あなたが好き、あなたは特別な人」という意味がありますから、本命の相手だけに贈るようにしましょう。勘違いされたら大変ですから、義理チョコには絶対に入れないようにご注意くださいね。

クッキーは「友だちでいよう」という意味があります。本命の相手に告白するつもりで贈ったのに、「友達のつもりだったのか…」とがっかりされることのないよう、本命の彼にはクッキーは避けるのがよさそうです。

もっとも注意が必要なお菓子はマシュマロです。マシュマロには「あなたのことが嫌いです」という意味があります。告白するつもりで、または彼氏にマシュマロを渡したら、嫌いだと思われて相手がショックを受けてしまうかも。義理チョコでも「嫌い」と言うのは穏やかでないので、マシュマロを贈りたい場合にはひと言添えるのがいいですね。

バレンタインには思いを込めてプレゼントを贈ろう

義理チョコや友チョコなど、最近はいろいろなチョコレートの渡し方があって楽しいですよね。片思いの相手がいる方、または彼氏がいる方にとってバレンタインは特別な日ですから、思いを込めたチョコレートを贈りましょう。好きな女の子がいるけれど告白できない男性にとってもバレンタインはチャンスです。外国では男性から女性にバレンタインのプレゼントを贈るのが普通ですから、日本では逆チョコになりますが、この日は告白のチャンスですよ。

女性にとっても男性にとっても、愛を伝える大切なバレンタイン。思いを込めたチョコレートを渡して、最高のバレンタインにしてくださいね。


コメントは受け付けていません。