バレンタインの義理チョコはうれしい?男性の本音から相場、渡し方まで

仕事でいつもお世話になっている方や会社の同僚などに配ることが多い義理チョコ。「好きです!」という告白の本命チョコとは違っても、感謝の気持ちを込めて贈るチョコレートは、やはり「うれしい!」と思ってもらいたいですよね。

喜ばれる義理チョコにするためには、もらう側の男性の心理についても知っておく必要があります。男性の本音から相場、喜んでもらえる渡し方まで、義理チョコについてまとめました。

義理チョコはうれしい?それとも迷惑?男性の本音とは

そもそも義理チョコって、もらってうれしいものなのか、それとも実は迷惑に思っているのか、女性としては気になりますよね。

アンケートなどによると、義理チョコをもらった男性のほとんどが喜んでいることがわかっています。「義理なら要らない!」なんて口では強がりを言っていても、実は貰えるかどうか気にしていたり、もらえなかったら寂しいと思う男性も少なくないようです。

義理チョコであっても、男性は心のどこかで期待しているものです。本命チョコでもないのに、バレンタインデーの日はなんとなくおしゃれをして会社に行くという男性もいるようですよ。

でも、中にはもらってうれしくないと思う男性もいます。チョコをもらったらお返しをしなければならないので、それを面倒に思うようです。お返しをしなければならないと思うなんて、思ったよりも男性は律儀ですね。

義理チョコの相場

気になる義理チョコの相場ですが、調査によればもっとも多いのが500円~1,000円で、次に多い500円以下に比べ1割ほど多くなっています。

内訳を見てみると、上司に渡す場合は値段がやや高めで、同僚や部下の場合は500円程度であることが多いようです。職場での義理チョコは500円が相場だと考えてよいでしょう。

もらった男性は、義理チョコにもお返しが必要だと考えています。お返しの相場はもらったチョコレートよりも少し高めであることが多いようです。

喜ばれる義理チョコとは

スポンサーリンク

職場で渡すならどんなチョコレートがいいのか迷いますよね。まず最初に気をつけたいのが、高価なチョコレートは避けると言うことです。特に上司に渡す場合には「安いチョコレートだと失礼なのでは?」と思いがちですが、高価なチョコレートをもらってしまうと、お返しが大変になってしまいます。お返しの負担のない金額のチョコを選ぶのがポイントです。

義理チョコに限らず、バレンタインのチョコレートは値段よりも気持ちが大事です。バレンタインデーは、普段は口にすることができない感謝の気持ちを伝えるよいチャンスです。付箋などに感謝の言葉を書いた手書きのメッセージを添えれば、きっと喜んでもらえることでしょう。

義理チョコの渡し方

職場の人に義理チョコを渡すときは、特別に誰かだけに渡すのではなく、全員にあげるのが基本です。男性社員の人数が多いので自分ひとりで義理チョコを配るのは厳しい場合には、周りの女子社員と相談して共同で義理チョコを渡すようにしましょう。どうしても全員にあげるのが難しいときは、同僚の男性社員には配らずに、役職者限定であげるという方法もあります。役職者だけに限れば人数も減りますし、もらえなかった男性社員も嫌な顔をすることがありませんね。

義理チョコを渡す時にもう一つ考えなければならないのは、本命だと勘違いされないように気をつけると言うことです。渡す方は義理チョコのつもりでも、もらった相手が本命チョコだと勘違いしてしまっては大変です。手作りのチョコは特別な感じに見えますから、義理チョコの場合は避けるのが賢明です。

そして渡すときは一人ひとりに渡すというよりも、オフィスのみんながいるところで全員に配るようにしましょう。そうすれば、もらった方は、自分だけもらったと勘違いすることはありません。

バレンタインには感謝の気持ちを込めて義理チョコを?

義理チョコは必要なのか、必要ないのか、女性としては毎年悩むところですよね。けれど同じ職場の男性には、何かとお世話になっているもの。日頃お世話になっている感謝の気持ちをチョコレートに託して「ありがとうございます!」という心を込めて義理チョコを贈りましょう。ひと言メッセージを添えれば、男性社員もきっとうれしいと思ってくれるはずです。ただし、特別な感情を持っていると思われないよう、みんながいるところで全員に配ることをお忘れなく。


コメントは受け付けていません。