ダブル洗顔は不要って本当?メリット・デメリットを徹底検証!

皆さんは、どんな風に顔を洗っていますか?美肌を保つためには、しっかり汚れを落とすことが必要。でも、その一方で「洗い過ぎは肌を傷める」とも言われているので、困ってしまいますね。

特に、クレンジングの後、さらに洗顔料を使って洗うかどうかについては、賛否両論があり、迷っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。賛否両論ある「ダブル洗顔」について、必要かどうか、メリット・デメリットについてまとめました。

ダブル洗顔とは

ダブル洗顔とは、クレンジングと洗顔料を両方使うことを指します。クレンジングでメイクを落とした後、洗顔料でもう一度顔を洗う方は多いですが、それがダブル洗顔です。クレンジングはメイクを落とすときに使うものですから、メイクをしていない日、または朝顔を洗うときはダブル洗顔の必要はありません。お化粧をした日の夜、顔を洗うときにするのがダブル洗顔です。

ダブル洗顔は必要?不要?

クレンジングはメイクや油性の汚れを落とすためであるのに対し、洗顔料は汗やホコリ、古くなった角質など「水性の汚れ」を落とすことを目的としています。メイクは洗顔料では落ちないため、メイクをした日にはクレンジングを使ってメイクを落とす必要があるのです。

では、クレンジングを使った後、洗顔料を使う必要はあるのでしょうか?実は、この点については意見がわかれています。

クレンジングの後に洗顔が必要と言う意見は

  • 顔に残ったクレンジングを洗い流すためには洗顔料が必要
  • 水性の汚れを落とすためには洗顔料でもう一度洗う必要がある

ことを根拠として挙げています。これに対し「ダブル洗顔は肌によくない」と言う意見もあり、こちらは

スポンサーリンク

  • ダブル洗顔は肌に必要な潤いまで落としてしまう
  • 肌に触れる回数が多いので負担が多い

ことを根拠としています。

確かに、肌にクレンジングが残ったままでは、肌によくありませんし、肌荒れやくすみの原因になります。「水性の汚れはクレンジングでは落ちない」と言われると、洗顔料を使う必要があるような気もしますよね。

一方、ダブル洗顔は肌に触れる回数が倍になるので、特に敏感肌の方は肌への負担が気になるところです。「皮脂を落とし過ぎている」と言う意見には非常に説得力があります。賛否両論にわかれているのは、当然だとも言えそうです。

で、結局どうしたらいいの?

ダブル洗顔が必要かどうかは、メイクをしているかどうかやメイクの濃さなどによって違って来ます。ダブル洗顔をするか、しないかは状況によって判断するのがポイントです

朝の洗顔についてはダブル洗顔は必要なく、洗顔料のみで大丈夫です。洗顔料のみであっても乾燥肌や敏感肌の方は肌がカサつくなどの心配がありますから、ぬるま湯を使ってやさしく顔を洗うだけでもよいでしょう。

しかし夜の洗顔は、洗顔料だけでは落としきれないものもありますからダブル洗顔が効果的です。メイクをしていなければ洗顔料だけでもよいですが、メイクや日焼け止めは油性ですから洗顔料だけでは落とすことができません。しっかりメイクや汚れを落とすためにダブル洗顔をしましょう。肌への負担が気になる場合にはダブル洗顔不要のクレンジングを使用したり、メイクや日焼け止めを石けんだけで落とせるものに変えるのもおすすめです。

ダブル洗顔するかどうかは「自分の肌」に相談!

ダブル洗顔するかどうかは、自分の肌の状態に合わせて決めることが大切です。お肌の状態は一人ひとり違っています。肌の弱い方は、ダブル洗顔にこだわるよりも、メイクやクレンジングを変える方が効果的な場合もありますよ。夜、メイクを落とすときにダブル洗顔するかどうかは、自分の肌の状態に合わせて判断しましょう。


コメントは受け付けていません。