ノンシリコンシャンプーって?メリット・デメリットと選び方を解説

ツヤツヤで美しい髪は女性にとって憧れですよね。髪や頭皮に良いと最近注目されているのがノンシリコンシャンプーです。ノンシリコンシャンプーという言葉はよく聞くし気になっているけれど、それがどんなシャンプーでどんな人に効果的なのか、知らない人は多いのでは?

「自分の髪をより美しくするためにはノンシリコンシャンプーを使った方がいいの?」と気になる方のために、ノンシリコンシャンプーとはどんなものなのか、メリットやデメリット、使い方などをまとめました。

ノンシリコンシャンプーとは

ノンシリコンシャンプーとは、その名前のとおりシリコンが入っていないシャンプーのことを指します。シャンプーの成分を調べてみると、ジメチコンやシクロメチコン、シロキ、シリカ、メチコンなどの成分が入っていることが多いですが、それはすべてシリコンです。

シリコンはケイ素化合物の総称ですので、このようにいろいろな種類があるのです。シャンプーの成分として使われているだけでなく、食品にも入っていますし医薬品にも入っている安定性の高い物質です。多くのシャンプーにはシリコンが含まれていますが、最近登場したのが、シリコンの成分を全く含まないこれからご説明するノンシリコンシャンプーです。

人気の理由とシリコンシャンプーとの違い

シリコンには髪をダメージから守る力があります。シリコンシャンプーを使えばシリコンが髪をコーティングしてくれるので紫外線や熱などから髪を守ることができます。また、髪の摩擦を防ぐことができますから、ヘアスタイルのまとまりも良くなります。

それがシリコンシャンプーの良い点なのですが、髪はコーティングしただけではダメージを修復することができませんから、シリコンシャンプーを使っても髪そのものが元気になるわけではないという欠点もあります。もう一つ、シリコンで髪をコーティングすると、カラーリングやパーマが入りにくいという問題もあり、現在はシリコンを使わないシャンプーに注目が集まっています。

ノンシリコンシャンプーは髪をコーティングしないためカラーリングもパーマが入りやすく、今流行りのフンワリしたヘアスタイルにすることができます。

「シリコンシャンプーはまとまりが良いけれど、自然なふんわりした感じを出したいからシリコンなしにしたい!」
「オーガニックに興味があるから、シリコンなどの成分が入っていないナチュラルなシャンプーが使いたい!」

と言う方が増えたことも、ノンシリコンシャンプー人気の理由です。

ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリット

注目が集まっているノンシリコンシャンプーにはさまざまなメリットがある反面、デメリットもあります。長所だけでなく短所についても理解しておくことが大切です。

ノンシリコンシャンプーのメリット

ノンシリコンシャンプー一番のメリットはシリコンでコーティングしないために、ふんわりした自然の髪にすることができること、そしてカラーやパーマが入りやすいということです。そのため、薄毛に悩んでいる女性は髪がペタンとしがちなシリコンシャンプーよりも、ボリュームが出るシリコンシャンプーを選ぶ傾向にあります。

ノンシリコンシャンプーのデメリット

ふんわりした仕上がりはノンシリコンシャンプーのメリットですが、髪が多めで広がりやすい女性にとっては髪がまとまりづらくデメリットとなります。また、髪がシリコンでコーティングされないので、使い続けるうちにカラーが抜けやすい、サラサラしていた髪がきしむようになったなどの問題が出ることもあります。

また、ノンシリコンシャンプーはシリコンシャンプーに比べお値段がお高めなのもデメリットです。ノンシリコンシャンプーには髪質によって向き、不向きがありますから、流行りだからと言う理由で選ぶのではなく、自分の髪質に合っているかどうか、考えてから使用することが大切です。

スポンサーリンク

ノンシリコンシャンプーが向いている人

ノンシリコンシャンプーは次のような人に適しています。

髪のボリュームが少ない人

薄毛などで悩んでいる方、髪が細くてボリュームがないと悩んでいる方は、シリコンシャンプーを使うことでますますボリュームが少なくなってしまいます。今流行のフンワリしたヘアスタイルにしたいのに思ったような感じにならない!そういう方は、一度ノンシリコンシャンプーを試してみましょう。

パーマ、カラーをする人

パーマやカラーをしている人は多いですよね。「パーマをかけたのにすぐに取れてしまう…」もしかしたら、それはシリコンのコーティングのせいかもしれません。きれいにパーマやカラーを入れるためにはノンシリコンシャンプーがおすすめです。

オーガニック・ナチュラル志向の人

今は食べ物にしても化粧品にしても、添加物などが含まれていないナチュラルなものに関心が集まっています。シャンプーも自然派のものを使いたいという、オーガニック・ナチュラル志向の方はノンシリコンシャンプーなら納得ですよ。

ノンシリコンシャンプーの選び方

シャンプーの成分を見てみるとたくさんのものが入っていることに気が付きます。刺激のないシャンプーにしたくてノンシリコンシャンプーにしたのに、刺激のある成分が他に入っていたのでは意味がありませんよね。ラウリル、硫酸などは刺激のある成分ですから、表示をチェックして、それらの刺激成分はできるだけ避けるのがおすすめです。

成分表示は配合量が多いものから記載されています。上の方に刺激のある成分が入っているシャンプーは特に刺激を強く感じてしまいますから、特に敏感肌の方はよく調べてくださいね。

シリコンが入っているかいないかは、ジメチコンやシクロメチコン、シリルなどが表示に入っていないかでチェックできます。それ以外に「~ポリマー」と記載されている成分もシリコンの一つですから、よくチェックしましょう。

ノンシリコンの注意点

せっかくノンシリコンシャンプーを使っているのに、トリートメントやリンスが今まで通りでは、そこにシリコンが入っているかもしれません。ノンシリコンを使うことにこだわりたいのであれば、シャンプーだけでなくトリートメントやリンスもよく見て選ぶ必要があります。

ヘアケア製品をすべてノンシリコンにすると髪がぱさぱさになってしまうことがあります。。そんなときは、椿油やアルガンオイルなど天然成分で作られたオイルを使って、髪をしっとりさせましょう。

シャンプーは髪質に合ったものを選ぶのがポイント

大人気のノンシリコンシャンプーですが、髪質に合っていない場合には髪がぱさぱさになったり広がって全然まとまらなくなってしまった!と悩むことになるかもしれません。まずは自分の髪質がどうかをよく考えましょう。

いつも髪がペタンとしてしまう人はノンシリコンシャンプーのほうが良いですが、普段からふんわりしているという方がノンシリコンシャンプーにしたら大変なことになるかも!髪がパサパサで広がりやすい方はノンシリコンシャンプーを使うにしても、しっかり椿油などでボリュームを抑えて、髪の潤いを守ってくださいね。


コメントは受け付けていません。