育毛と発毛の違いは?今すぐ取り入れたい育毛対策の方法をご紹介

髪や頭皮が健康な状態にあれば、抜けてもすぐに新しい髪が生えてきますから何の問題もありません。けれど、髪が細くなったり抜け毛が多くなっているのだとしたら、育毛対策を始める時期です。

「年齢のせいだから髪の量が減るのは仕方ない」と諦めている人もいるかもしれませんね。でも、女性の抜け毛は毎日の生活を改めたり、育毛対策をすることで変わってきます。抜け毛が増えるのをそのままにしていたら髪はボリュームがなくなってフケて見えてしまうことも… 大事な髪を守っていつまでも美しく若々しくいるために育毛対策を始めましょう。

育毛と発毛の違い、女性が取り入れたい「髪にいい」習慣をご紹介します。

育毛とは

育毛とは、現在生えている髪の毛を元気に育てていくことです。

人の髪の毛は成長し、成長が止まれば抜けてまた新しく生えるというヘアサイクルを繰り返しています。ヘアサイクルは人によって違いますが、だいたい2年から6年で一周すると言われています。

髪や頭皮が健康な状態であれば、ヘアサイクルは順調に繰り返されますから問題ないのですが、まだ成長途中にある短い毛が細くなるなどして抜けてしまうのが抜け毛という状態です。成長途中で髪の毛が抜けてしまうとヘアサイクルが狂ってしまい、ますます抜け毛が加速してしまいます。育毛とは成長途中で毛が抜けてしまわないようにしっかりと成長させていくことなのです。

女性の抜け毛が増える理由はどこにある?

男性の抜け毛はホルモンが原因のAGAが原因であることが多いのに対し、女性の抜け毛は頭皮環境の悪化によるものが多いのが特徴です。一般的に抜け毛の多い人は頭皮が硬くなっていることが多く、この他にも頭皮が赤くなっているフケが多かったりベタついているなど、頭皮の環境が悪ければ髪は育つことができず、抜けてしまいます。過度なダイエットなど栄養不足も薄毛の原因です。

短い抜け毛が多かったり、毛根がしっかりついていない状態の場合は、髪には十分な栄養がいきわたっていない証拠。髪への栄養補給と頭皮環境の改善が育毛の基本ですよ。

抜け毛の原因は毛根をチェックすることでわかります。チェックの方法はこちらの記事でご紹介しています。

育毛と発毛の違い

育毛に似た言葉に「発毛」がありますが、この2つには違いがあるのでしょうか。育毛は先ほどお話したように、今生えている髪の毛を育てるためのものです。一方、発毛は一度抜けてしまった髪の毛を再び生やすことを目的としています。発毛のためには頭皮環境の改善に加え毛母細胞を活性化することが必要で、育毛よりも断然難易度は高いのが特徴です。

育毛剤、発毛剤、養毛剤はそれぞれどこが違うの?

薄毛や抜け毛で悩んでいる女性の中には、美容院などで勧められて育毛剤を使っている方もいらっしゃるでしょう。女性の薄毛・抜け毛対策アイテムには育毛剤の他、発毛剤や養毛剤もあります。それぞれの違いと特徴について見ていきましょう。

育毛剤

育毛剤は、栄養をうまく吸収することができず成長が進まない髪の毛に元気を与えるためのもので、頭皮環境や血行を改善する成分や髪の成長を促す成分が配合されています。中でも「薬用」と表示されているものは育毛効果が認められた有効成分が一定の割合で配合されており、育毛剤の多くは「薬用」つまり「医薬部外品」にあたります。

育毛剤はドラッグストアなどで市販されているのを始め通販でも売られており、比較的簡単に手に入れることができます。副作用のリスクも低く、気軽に試せるのもメリットです。

発毛剤

発毛剤は髪が抜けてしまった場合に、新たに髪の毛が生えるよう促すもので、内服薬と外用薬の2種類があります。発毛効果が認められた成分が配合されており、医薬品に分類されるため、医師の処方か薬剤師のいる薬局でしか買うことができません。高い効果が期待できる反面、副作用のリスクがあるため、専用の薄毛外来で相談するのがおすすめです。

スポンサーリンク

養毛剤

養毛剤とは頭皮や髪を健やかな状態に保つためのもので、医薬品や医薬部外品ではなく「化粧品」に分類されます。抜けてしまった毛を生やしたり髪を成長させる効果はなく、頭皮環境を整えて将来の抜け毛を予防するためのアイテムだと言ってよいでしょう。たくさんの種類が市販されており、ドラッグストアなどで好みのものを自由に選べるのがメリットです。

自宅でできる女性のための育毛対策の方法

髪を健康な状態に導くためには、頭皮環境の改善と髪への栄養補給がポイントです。自宅で簡単にできる育毛対策の方法をご紹介します。

栄養バランスのとれた食事

育毛のためには、髪の毛の成分であるたんぱく質や亜鉛、ビタミンE、ミネラルなど髪の毛に必要な栄養をバランスよく摂ることが大切です。まずはこれまでの食生活を見直すところから始めてみましょう。

揚げ物やスナック菓子、ケーキなどが好きでよく食べているという方は要注意。脂肪を摂り過ぎている可能性があります。さっぱりした和食を中心として、野菜が多めのヘルシーな食生活を心がけてみてください。栄養が偏っている方は、足りない栄養素をサプリなどを飲んで補うのもひとつの方法です。

生活習慣の見直し

仕事で遅くなったり、帰ってからいつまでもテレビを見たりスマホをいじったりしていて寝不足が続いていませんか?成長ホルモンは寝ている間に分泌されますから、しっかり眠ることは髪のために非常に大切です。睡眠時間はしっかり確保すること、そしてぐっすり良質な睡眠をとるために寝る前にはスマホやテレビは見ないようにしてくださいね。

体が冷えていると血流が悪く髪に栄養が届きにくいです。冷え性の方は特に温かめのお湯にゆっくりつかるようにしましょう。夏などは「暑いから」とシャワーだけですませることも多いでしょう。でも、クーラーで体が冷えたままだと髪に栄養を届きません。育毛のためには、夏でも湯船に浸かることをおすすめします。

タバコがなかなかやめられない、お酒が好きでよく飲んでいる、そういう方も血流が悪く育毛にはよくありません。思い切って禁煙する、そしてお酒はまったく飲まないところまではいかなくても量を控えてはいかがでしょうか。それだけでも髪を育てる環境を整えることができますよ。

頭皮環境の改善

触ってみると頭皮が硬かったり赤くなったりしている方は、育毛剤を使っても思うような効果が得られないことも多いものです。頭皮環境を改善するために、毎日頭皮のお手入れをしましょう。

シャンプーは髪質や頭皮に合ったものを選ぶのがポイント。「香りが良いから使ってきたけれど、なんだか痒いしフケが取れない…」そんな方はシャンプーが合っていない可能性があります。肌にやさしい成分で作られているシャンプーに変えてみましょう。

シャンプー選びについては、こちらの記事でご紹介しています。

自分に合うシャンプーを見つけたら、洗い方にも注意が必要です。あらかじめブラシやくしで髪をとき、ぬるま湯ですすいで予洗いをすれば、髪の汚れはほとんど取ることができます。洗うときに髪への負担が少ないですし、泡立ちもよくなりますよ。

予洗いが終わったら、手でシャンプーを泡立ててからつけていき、丁寧に頭皮までしっかりと洗っていきましょう。頭皮が硬くなっている方は、シャンプーやコンディショナーなどを使うときに、頭皮マッサージを取り入れるのもおすすめです。マッサージをするときは力を入れすぎず、指の腹を使って気持ち良い程度に抑えましょう。

毎日の育毛対策で髪を美しく!

髪が元気のない状態ではおしゃれをしてもなんだか決まりません。女性として美しく元気でいるためには、髪も美しくありたいもの。育毛対策と言っても、難しいことではありません。食事を気をつけたり、生活習慣を見直したりするのは道具も要らず、いつでも始められますよね。さっそく今日から始めてみませんか?

そのうえで、自分にあうシャンプーを使い頭皮マッサージなどを続けていれば、少しずつ髪の状態は改善されてきます。毎日続けるのは大変ですが、美しい髪を取り戻すために、育毛対策を頑張りましょう。


コメントは受け付けていません。