シャンプーの種類と選び方!成分・洗浄力・合う髪質を徹底解剖

普段使っているシャンプーはどのようにして選んでいますか?「周りのみんなが使っているから」「コマーシャルなどで気になったから」そんな理由でシャンプーを選んでいる方も多いのではないでしょうか。シャンプーにはいくつかの種類があり、髪質によって合うものが異なります。美しい髪を守るためには、自分の髪に適した種類のシャンプーを選ぶことが大切です。シャンプーの種類と選び方のポイントをまとめました。

シャンプーの種類は?

シャンプーは汚れを落とす成分(界面活性剤)によって、次の3つに大きく分けることができます。

  •  高級アルコール系シャンプー
  •  石鹸系シャンプー
  •  アミノ酸系シャンプー

界面活性剤には水と油のように異なる性質を持つ物質の境目を変化させることでなじませる働きがあります。汚れを水の中に取り込んで落とす作用から界面活性剤は洗浄基剤と呼ばれることもあります。

【洗浄基剤のチェック方法】

自分の使っているシャンプーの中にどんな洗浄基剤が入っているかは、成分表示を見ればわかります。シャンプーは全成分を表示するよう義務付けられていますので、表示に嘘やごまかしはありません。成分表示は使われている量が多い順番になっていますから、表示を見て何がどのぐらい入っているかをチェックしましょう。

シャンプーは水が最も多く入っていますので表示の最初は水ですが、2番目に多く含まれているのが界面活性剤(洗浄基剤)です。ですから2番めに記載されたものが界面活性剤であることが多いでしょう。シャンプーによっては、3番目、または4番目も界面活性剤が記載されていることがあります。

高級アルコール系シャンプー

石油由来の合成界面活性剤を使ったシャンプーです。市販のシャンプーはほとんどが高級アルコール系シャンプーにあたります。主な洗浄基剤には

  • ラウレス硫酸Na
  • ラウレス-2硫酸アンモニウム
  • ラウレス硫酸TEA

などがあり、これらの成分はアレルギーなどの皮膚トラブルを起こす可能性があるため敏感肌の方は注意が必要です。

高級アルコール系シャンプーの「高級」には高級品という意味はありません。高級アルコールという炭素数が少ないアルコールから作られてたシャンプーという意味です。

スポンサーリンク

高級アルコール系シャンプーは、泡立ち・洗浄力ともにすぐれ、リーズナブルな価格も魅力です。その反面、頭皮に必要な潤いを落とし過ぎたり、人によっては肌トラブルを起こす可能性もあります。

石鹸系シャンプー

天然由来の洗浄基剤を使ったシャンプー。髪の汚れや毛穴の汚れをきれいに落とすことができるので、フケが多い脂性の方におすすめです。石鹸系シャンプーには固形タイプと液体タイプがあり、どちらもリーズナブルな価格で手に入れることができます。

固形の石鹸系シャンプーは洗浄力が高いところが魅力ですが、種類は少なく使いづらいという欠点があります。また液体の石鹸系シャンプーは使いやすさはありますが洗浄力は少し弱いです。石鹸系シャンプーは汚れ落ちが良いのがメリットですが、石鹸カスが出ること、そして洗い上がりがゴワゴワしたり髪がきしむ可能性があります。

石鹸系シャンプーの洗浄基剤には次のような天然由来のものが使われています。

  • 脂肪酸Na
  • 脂肪酸K
  • 石けん素地

頭皮や髪の毛は弱酸性ですが、石鹸シャンプーはアルカリ性のためキューティクルが開いてしまいます。そのままにしておくと髪がきしむため、石鹸シャンプーを使った後は弱酸性のクエン酸が配合されたリンスを使って中和し、開いたキューティクルを閉じてあげる必要があります。

アミノ酸系シャンプー

 

アミノ酸系の洗浄基剤を使ったシャンプーです。アミノ酸系シャンプーの主な洗浄成分は次のものがあります。

  • グリシン
  • グルタミン酸
  • サルコシン
  • メチルアラニン

アミノ酸系シャンプーは、高級アルコール系・石鹸シャンプーに比べて洗浄力は劣るものの保湿力が高く、肌にやさしいのが特徴です。頭皮の潤いを落とし過ぎないため、敏感肌や薄毛を気にする人に支持されています

その一方、洗浄力があまり強くないので脂性の方などは洗い上がりに不満を感じることも。高価な成分を配合しているためお値段が高いのもネックです。頭皮や髪に悩みを抱えていて、高くてもよいものを使いたい方におすすめのシャンプーだと言えるでしょう。

自分にあったシャンプーを使って大事な髪を守ろう

CMを見て気になったり、ドラッグストアで勧められたりすると、いろんなシャンプーを試してみたくなりますよね。でも、髪を美しく健やかな状態に保つためには、自分に合ったシャンプーを使うことが何より大切です。シャンプーを選ぶ際には、人気や口コミだけでなく、成分などもよくチェックするようにしてくださいね。


コメントは受け付けていません。