[白髪染め]ヘアカラー・ヘアマニキュアの違いを解説!いいのはどっち?

髪が白いとどうしても老けた印象になってしまうので、特に女性にとって白髪染めをすることは大切ですよね。白髪染めにはいろいろな種類のものが市販されていますが、大きく分けるとヘアカラーとヘアマニキュアがあります。

「白髪が染まるなら同じでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。でも、ヘアカラーとヘアマニキュアには根本的な違いがあって、どちらがおすすめなのかは、目的や髪質・頭皮の状況などで変わってきます。今回は白髪が気になっているので良い白髪染めを探している方のために、どのような白髪染めを探せばよいかについてお話します。

白髪染めの種類と特徴

白髪染めには大きく分けて次のような種類があります。

  • ヘアカラー(酸化染毛料)
  • ヘアマニキュア(酸性染毛料)
  • トリートメントタイプ
  • ヘナ
  • 一時的な白髪隠し

それぞれの特徴をご紹介しましょう。

ヘアカラー(酸化染毛料) 色持ちの目安 約2か月

髪を黒くしている成分「メラニン色素」を分解することで脱色し、そのうえで2つの染料を髪の内部で結びつけて染める方法です。一度脱色をしていますからお好みの色で髪をしっかり染めることができますし、日持ちも約2か月と長持ちするのが最大のメリットです。白くなった髪を黒くするというだけでなく好きな色に染められますし、部分的に白髪が伸びてきたところだけ染められますから、使いやすいですよね。

とても便利なヘアカラーですが、その一方で刺激が強く、頭皮や髪の毛へのダメージが大きいことはデメリット。かぶれる可能性があるため、使うたびにパッチテストを行う必要もあります。

ヘアマニキュア(酸性染毛料)色持ちの目安:約2~3週間

髪を黒くしているメラニン色素を脱色せず、髪の表面だけに色をつけて白髪を目立たなくする方法。髪の内部に影響を与えることがないので、頭皮や髪の毛にダメージが少ない点がメリットです。

脱色せず元々の髪の毛の色の上に色を重ねるため、白髪部分は明るく染めることができますが、黒い部分を明るくすることはできず、また、薬剤が頭皮につくと染まってしまうので、髪の根元までしっかり染めることもできません。シャンプーのたびに色落ちし、ヘアカラーに比べて長持ちしないのもデメリットです。

トリートメントタイプ 色持ちの目安:約1~2週間

髪を洗うときにはシャンプーとトリートメントを使いますよね。トリートメントの中に髪を染める成分を入れたものがトリートメントタイプの白髪染めです。毎日のシャンプー時にトリートメントしながら自宅で手軽に染めることができます。

スポンサーリンク

トリートメントタイプは、一気に髪を染めるのではなく少しずつ髪の色が染まっていく感じなので、周囲に気づかれずに染めることができるのがメリット。その反面、完全に染まるまでにはトリートメントを繰り返さなければならず、色持ちも約1週間から2週間とあまり長持ちしないのはデメリットです。また、白髪染めの成分が入っているため普通のトリートメントに比べて値段が高いことを考えると、トータルコストは帰って高くつく可能性があります。

ヘナ

ヘナという植物を乾燥させて粉にしたものを水で溶いて染料として使う方法です。ヘナは古来より薬草として知られており、アーユルヴェーダでも使われて来ました。髪や頭皮にやさしく、トリートメントとしての効果も期待できます

ヘナの色素はオレンジ色なので、白髪染めに使う場合にはインディゴと組み合わせて使う必要があります。独特の臭いがすることや染めた直後は数日間色落ちすることなどもデメリットです。

白髪染めとして人気が出ているヘナですが、天然ヘナ100%ではないものもあるため、品質の良いものを選ぶよう注意しなければいけないという難しさもあります。

一時的な白髪隠し

一時的に気になるところだけ白髪を目立たなくしたいときに使うもので、スプレーやマスカラ、スティックタイプなどさまざまなタイプがあります。

シャンプーすると落ちてしまいますが、伸びてきた髪の根元の白髪をなんとか隠したいなど、今だけ応急処置として部分的に白髪染めしたいというときに有効な方法です。

白髪染めにヘアマニキュアがおすすめの理由

一度だけ染めるのであれば、好みの色にしっかり染まり長持ちするヘアカラーが魅力的に感じますよね。しかし、白髪染めを始めると、伸びて来た根元が気になることが多く、長期間にわたって染め続けることがほとんどです。繰り返し長く染める場合には、ヘアカラーのダメージが気になります。

その点を考えると、もっともおすすめの白髪染めはヘアマニキュアではないでしょうか。ヘアカラーの場合は頭皮に影響が出ないか調べるためにパッチテストをしなければいけませんが、頭皮につけないヘアマニキュアならばパッチテストの必要はありません。そのうえ、ヘアマニキュアには髪の表面を整えるトリートメント効果も期待できますから、自然に仕上げられて髪もきれいです。2週間から3週間は効果が持続するので、トリートメントタイプほどの手間もかかりません。

できれば自然な感じにきれいに髪を染めたいですし、敏感肌の方は特に頭皮に影響を与えたくないですよね。これらの点を考えると、ヘアカラーなどを用いるよりも、頭皮にも髪にも優しく自然に染められるヘアマニキュアが一番おすすめだと言えるでしょう。

白髪染めは髪と頭皮へのダメージを考慮して選ぼう!

白髪があるとそれだけで見た目年齢がぐっと上がってしまいますよね。「若々しくいるためには白髪染めが欠かせない!」いう方は多いでしょう。白髪染めを始めると、かなり長期間にわたってずっと染め続ける方が多いです。一回だけのことではありませんから、髪にも頭皮にもやさしくて、しかも白髪染め効果が高いものを選ぶことが一番です。使い勝手や日持ちなどの点からも、白髪染めはヘアマニキュアがもっとも効果的でおすすめですよ。


コメントは受け付けていません。