大人ニキビって?原因・対策と思春期ニキビとの違いを解説!

「思春期ニキビがおさまったと思ったらまたニキビが!」鏡を見た時にポツポツとできているニキビに気がついてがっかりしている方はいらっしゃいませんか?大人になってからできるニキビは大人ニキビと呼ばれ、10代の頃のニキビとは形が似ていても違うものです。

大人ニキビは繰り返しやすく注意が必要です。大人ニキビの原因や対策、思春期ニキビとの違いについてまとめました。ニキビが気になるという方はぜひ参考にしてくださいね。

大人ニキビとは

形は同じものであっても、10代の頃のニキビとは違って20歳以上になってからできるニキビは大人ニキビです。思春期ニキビと大人ニキビを比べてみると、ニキビが多くできる場所が異なることがわかります。思春期ニキビは額や頬にできることが多いですが、大人ニキビはあごの線に沿ったところ、または口の周りにできることが多いです。

思春期ニキビは大人になれば自然と少なくなって消えていきますが、大人ニキビは放っておけば悪化する可能性があります。しかし、正しいケア方法を知っていれば、大人ニキビを解消することができますのでご安心ください。

大人ニキビの特徴

大人ニキビには、次のような特徴があります。

ぽつんとできる

昨日までは何もなかったはずなのに、朝起きてみたら急にぽつんとできていたということが多いのが大人ニキビです。1個だけといっても大きくなって炎症を起こし、赤くなってしまった大人ニキビはちょっと触れるだけでも痛いですし、メイクでも隠すことができません。

同じところに繰り返しできる

大人ニキビは一度治ったとしてもまた同じところに繰り返し出来やすい特徴があります。一度は治ったはずなのに、しばらくたつとまたできてしまうので、いつ治るのかとうんざりしてしまいますね。

口の周りや顎にできやすい

大人ニキビは口の周りや顎にできやすいという特徴があります。口の周りは何か食べ物を食べたり飲み物を飲んだりする時にどうしても汚れやすい場所ですから炎症がひどくなることも多く、痛みに苦しめられることも少なくありません。

大人ニキビの原因

大人ニキビができる原因はひとつではなく、複数の原因が考えられます。

肌の乾燥

思春期ニキビは皮脂が多く分泌しすぎて肌がベタつくことによって引き起こされますが、大人ニキビは皮脂が原因ではなく、肌の乾燥によるものが大きいです。10代のころは特に何もしなくても肌は水分がたっぷりで潤いがありましたが、年齢とともに肌は水分を蓄える力を失い、乾燥が進んで大人ニキビを作ります。

生理周期によるもの

普段はニキビに悩まされることがないのに、いつも生理前になると大人ニキビができるという方は多いですよね。排卵期になると体のホルモンのバランスが変わるためにホルモンのバランスが乱れて大人ニキビを作ります。

スポンサーリンク

ストレスや生活習慣の乱れ

大人になると仕事が忙しいなどの理由でストレスが溜まったり、寝不足や外食続きで栄養バランスが乱れるなど、生活習慣の乱れから大人ニキビができることは多いです。

大人ニキビの対策

大人ニキビの対策は、原因となる肌の乾燥やホルモンバランスの乱れ、ストレスなどに体の中と外からトータルに働きかけて行く必要があります。具体的な内容について見て行きましょう。

敏感肌用化粧品や大人ニキビ用化粧品で毎日ケアを続ける

思春期ニキビは薬をつけて治すことが多かったですが、にきび用の薬は刺激が強すぎて肌の乾燥をひどくしたり、肌の調子を崩してしまうこともあります。大人ニキビができている肌は乾燥していて普段より敏感になっていることが多いですから、敏感肌用の化粧品や大人ニキビ専用の化粧品を使って毎日ケアを続けましょう。肌にしっかり潤いを与えるようにして毎日ケアを続けていけば、少しずつ肌が落ち着いて、大人ニキビもおさまってきます。

十分な睡眠をとる

現代人は毎日忙しく睡眠不足になりがちです。しかし睡眠不足が進めばホルモンバランスの乱れも整いませんし、ターンオーバーと呼ばれる肌の生まれ変わりの時間を奪ってしまうことにもなりかねません。

肌が生まれ変わるために必要な成長ホルモンがもっとも活発に活動するのは午後の10時から午前2時までの間と言われています。忙しいとつい眠るのが遅くなってしまいますが、午後10時から2時のあいだは、必ず休むつもりで、毎日早く眠るようにしてください。

脂っこい食事は控える

食事よりもお菓子が好きで、暇があればついスナック菓子などをつまんでしまうという方も多いですよね。でも、スナック菓子の中に油分がたくさん含まれており、大人ニキビを悪化させる原因になります。美肌のためには控えるのがおすすめです。

また外食やコンビニの食事が多いという方は、どうしても揚げ物などが脂っこいものが多くなってしまいますので、大人ニキビにはよくありません。なるべく食事は家で用意するようにして、野菜を中心にさっぱりしたものを食べるようにしましょう。ニキビ改善に効果がある食べ物には、リンゴやバナナ、大豆、玉ねぎ、しいたけ、小魚や乳製品があります。これらを積極的に食事の中に取り入れていきましょう。

毎日のケアで大人ニキビを解消しよう

10代のニキビは思春期を過ぎると自然に治ることも多いですが、大人ニキビは様子を見ているだけでは治りません。大人ニキビを治すためには毎日のスキンケアが必要です。敏感肌用化粧品を使って保湿を一番に考えたケアを行っていきましょう。

夜は毎日ぐっすり寝て、栄養のバランスを考えた食事を摂るようにすれば、少しずつ大人ニキビは消えていって美肌を取り戻すことができます。大人ニキビはしつこいのですぐには治らないかもしれませんが、美肌を取り戻すためには毎日ケアを続けることが大切です。


コメントは受け付けていません。