「年齢肌」って?大人女性にありがちな肌悩みの原因と対処法を解説!

生まれたばかりの赤ちゃんの肌って、ふっくらしていて触るだけで水が出てきそうなほど潤っていますよね。いつまでもそんな美肌を維持できたらいいのですが、人は年齢には勝つことができず、だんだんと年齢肌に変わっていきます。「年齢のせいだから仕方ない」と思っている方も多いでしょう。でも諦めないで!年齢肌はケア次第で若返らせることができます。毎日お手入れを頑張って肌を若返らせましょう。

ところで「年齢肌」って?

年齢肌という言葉はよく耳にしますが、年齢肌とは加齢によって変化が現れた肌を意味します。

若い頃はコラーゲンたっぷりですから、特にお手入れをしなくても肌にはハリやツヤがあります。しかし、若い頃の肌をお手入れ無しでいつまでも保てるわけではありません。加齢によって肌の血行が悪くなり、細胞に栄養が届かなくなるために肌は元気を失います。年齢とともに減ってきたところに紫外線の影響やストレスが重なって、コラーゲンの数はますます減少します。その結果、肌はハリを失ってたるみやシワが増え、年齢を感じさせる年齢肌へと変わって行くのです。

年齢肌はいつから?エイジングケアは何歳から始めればいいの?

肌の状態は人それぞれですから、エイジングケアを始める年齢もそれぞれ違います。

けれど25歳はお肌の曲がり角と言われるように、お化粧のノリが悪くなってきた、または肌がカサついたりシミが出てくるようになったなど、肌の不調を実感し始めるのは25歳を過ぎた頃だという方は多いようです。

肌の老化は20代から始まります。お肌にはターンオーバーと呼ばれる生まれ変わりの周期があります。10代の頃までの肌は28日周期で生まれ変わるため、美肌を保つことができていました。しかしターンオーバーは20歳をすぎると少しずつ長くなり、30歳になる頃には40日周期にまでなります。そのために、肌の古い角質は剥がれにくくなってバリア機能が崩れ、肌のかさつきなどが気になり始めるのです。30歳を超えるとターンオーバーが長くなる速度が加速することが原因で、30代になると年齢肌を強く実感する方が増えてきます

多くの方が30歳になると年齢肌を意識してエイジングケアを始めますが、エイジングケアは何歳から始めなければならない、というものではありません。自分の肌が最近なんとなくカサつく、または吹き出物やシミなど肌トラブルを感じるようになったなど、わずかな変化でも若い頃の肌との違いを実感するようになったときが、エイジングケアを始める時期です。

年齢肌特有の症状(肌悩み)と対策


シミ、しわ、くすみなど年齢肌特有の症状と対策について見て行きましょう。

スポンサーリンク

シミ

若い頃は強い日差しを浴びて肌が焼けても代謝が良いためすぐに白く戻っていたと言う人も、年齢を重ねると肌の生まれ変わりが遅くなるために、紫外線の影響を受けてシミができやすくなります

肌のシミに気がついたら、美白化粧品を使って肌のお手入れをするところから始めましょう。また、紫外線を浴びるとシミが広がってしまうので、日焼け対策はバッチリ行うことが必要です。日傘や帽子などでシミができないよう直射日光から肌を守ること、そして夜は丁寧に美白化粧品を使ってケアをすることで、シミを薄くすることは可能です。

しわ

肌にハリがあったころはしわなんてまったくなかったのに、年齢を重ねると肌は水分を保持することができなくなってくるために乾燥し、ハリを失ってしわを作ります。しわは肌の薄い目の周りや口元からできはじめることが多いです。

シワ対策としては肌から失われた水分を補充して肌をふっくらさせることが効果的です。コラーゲンやアミノ酸など、肌を再生するためには欠かせない成分が入ったアンチエイジング化粧品を使って優しくマッサージを続ければ、しわはだんだん目立たなくなってきます。

たるみ

たるみもしわと同じく肌のハリが失われたことが原因ですが、年齢とともに表情を動かさなくなり表情筋が衰えることも原因になります。たるみを解消するためには肌のハリを取り戻すために、バランスのよい食事をとったりコラーゲンなどで失われた水分を補充すること、そして表情筋を鍛えるためにマッサージや表情を動かす練習をすることが必要です。

くすみ

化粧品を変えたわけでもないのに、顔色の悪さが気になるようになったら、それはくすみが原因です。肌がくすんでいると体調が悪く見えたり、年齢をより感じさせますから対策をすぐ取りましょう。

くすみ解消のためにはマッサージをして血行を良くすることで、肌の生まれ変わりをサポートするのが有効です。また、肌の老化を進めてしまう糖化を防ぐためのセイヨウオオバコ種子エキスやαリポ酸など、肌に優しくて老化を止める成分の入ったアンチエイジング化粧品を使うのも効果的な方法です。

気がついたらすぐアンチエイジング対策をはじめて年齢を感じさせない肌を守ろう

お手入れ次第でお肌ををマイナス年齢肌に変えることはできます。30代は「まだ若いからアンチエイジング対策なんて必要ない」と思うかもしれませんが、肌の老化は一気に進みます。年齢肌だと諦めていると、老化はどんどん進み、年齢以上に見られてしまうことも。年齢を感じさせない美肌を守るために、肌の衰えを感じたらすぐに年齢肌対策を始めましょう!

関連情報


コメントは受け付けていません。