コットンと手のひら、化粧水をつけるならどっち?正しいつけ方を伝授!

化粧水をつける時、手のひらを使ってつける方もいればコットンを使ってつける方もいます。どちらを選ぶかは好みの問題ですが、美肌効果を考えたとき、どちらが効果あるのが気になりますよね。女性にとって美肌を作ることは非常に大切です。コットンと手のひらのどちらで化粧水をつけようか迷っている方のために、それぞれの使い方のメリット、デメリット、正しい化粧水のつけ方についてお話します。

ムラなく塗れる「コットン」

コットンを使うメリットは、むらなくしっかり塗ることができることです。手で化粧品をつける場合は、いくら丁寧にパッティングしたとしても、どうしてもムラができてしまいます。しかし、コットンを使えば均一にむらなく塗ることができますから、肌全体に水分補給が必要な乾燥肌の方などは、特にコットンを使うことをおすすめします。

しかし、コットンを使ったパッティングは肌に刺激となることがデメリットです。コットンにはいろいろな素材のものがありますが、質のよくないコットンを使えば摩擦も大きく、肌に悪い影響が出ます。中にはコットンを使っただけで肌トラブルがおきてしまう方もいます。特に敏感肌の方は通常でも刺激が強すぎるため肌荒れを起こす危険がありますし、摩擦が原因でシミができることもありますので注意が必要です。

さらに、コットンに化粧水をつけると染み込んでしまい、肌にパッティングしても化粧水の成分がコットンから離れなくなるため、もったいないという意見もあり、比較的高価なエイジングケア化粧品などを使っている方は手を使うことを選ぶ人が多いようです。

肌に優しく馴染ませることができる「手のひら」

化粧品を使うなら、その成分が肌の奥まで届かなければ意味がありません。成分を奥まで浸透させるためには、化粧品をあたためて体温と同じにしてあげるのが効果的です。手を使って化粧品をつければちょうどよい感じに化粧品があたためられるため、化粧水や美容液に含まれている成分が、ゆっくりと肌に浸透していって効果を発揮します。また手を使って化粧水をつけるときにはコットンのように摩擦がかかる危険がないので、シミができる可能性も少なくなります。

スポンサーリンク

ただ、人は手を使っていろいろなことをするために、無意識で雑菌のある場所をいくつか触ってしまって手には雑菌がついています。雑菌のついた手で化粧品をつければ、肌に雑菌がつくために肌トラブルを起こす危険があります。この点はデメリットと言えるでしょう。また手は凹凸がある分だけ、均一に化粧品をつけたつもりでもどうしてもムラが出てしまうという問題もあります。

コットンと手のひら、どっちがいいの?

コットンを使うにしても、手を使うにしても、メリットもあればデメリットもあります。ですから、一概にどちらが良いとは言い切れません。コットンを使うか、手を使うかは、その人次第です。どちらを使うにしても、化粧品の成分が肌全体にしっかりと行き渡ればよいわけですから、どちらも試してみて、自分が良いと思う方を選ぶようにしましょう。

ただし、敏感肌の方は刺激に弱いためにコットンを使うと摩擦に負けて肌トラブルを起こす可能性が高いです。自分の肌が刺激に弱いことがわかっているなら、手を使ってやさしく丁寧に化粧品をつけたほうが良いでしょう。

正しい化粧水のつけ方

コットンを使う場合

コットンを使って化粧水をつける場合は、まずはもったいないと思わずコットンの裏側まで濡れるくらい、たっぷり化粧水を染み込ませるようにしましょう。そうしたら、人差し指と薬指でコットンをはさみ、顔の内側から外側に向かってていねいにふくように化粧水をつけていきます。首の部分は、首の下から上に向かって肌になじませるようにして、化粧水をつけましょう。

使っているうちにコットンが乾いてくることがあります。そうなると肌への摩擦で肌に悪い影響が出てしまいますから、乾いたなと思ったら早めに化粧水を少量足して使うようにしてください。

手のひらでつける場合

手を使って化粧水をつけるときは、まずは適量を手のひら全体に広げて手のひら全部で顔を覆うようにします。顔を覆えば、手のひらの温度で、段々と化粧水の成分が顔の肌の奥深くまで浸透していきます。肌に馴染んだことがわかったら、もう一度手のひらに化粧水を追加して、細かい部分につけていきます。指の腹の部分を使って、目元や小鼻、鼻の下など、肌全体にしっかり化粧水が広がるまで、丁寧につけていきましょう。

自分に合った方法でお肌に化粧水をしっかり浸透させよう

いくら効果の高い化粧品を使っていても、成分が肌の奥まで浸透しなければ美容効果を得ることができません。効果の高い化粧品を使っているのになかなか効果が出ないという方は、化粧品のつけかたに問題があるかもしれませんよ。自分がどうやって化粧品をつけているかを見直してみましょう。

コットンを使うにしても、手を使うにしても、丁寧に優しく肌全体に成分を広げて、美肌を守るように心がけてくださいね。


コメントは受け付けていません。