コンソメと鶏ガラスープの違いは?代用することはできるの?

たくさんの種類とまではいかなくても、どの家庭でも台所にはいろいろな種類の調味料を置いていますよね。その中でもどこの家庭でも置いている定番がコンソメや鶏ガラスープです。洋風料理や中華料理を作るときには欠かせないコンソメや鶏ガラスープ。あなたはコンソメや鶏ガラスープを普段どうやって使っていますか?

コンソメと鶏ガラスープはどんなところに違いがあるの?ないときはどうしたらいい?-コンソメと鶏がらスープの違い、お互いに代用できるかについてまとめました。

コンソメとは?

コンソメは「consomme」と書くフランス語で、「完成された」または「完全な」という意味を持っています。コンソメとは基本的に琥珀色の澄んだコンソメスープのことを言います。

コンソメは肉や野菜、魚を長い時間煮込んで作っただし汁(ブイヨン)にお肉と玉ねぎ、人参、セロリ、パセリなどの香味野菜を加え、アクを取り除いて作ります。何も具材が入っていなくてもすでにコンソメの中には肉や野菜の旨味がたっぷり入っているので、それだけでおいしいです。

調味料のコンソメには固形タイプと顆粒タイプがあります。コンソメはお湯で溶かしてスープとしてそのまま飲むのも良いですし、主に洋風料理を作るときの出汁として使うことも多いです。お湯で溶かしただけで十分美味しく飲めるぐらい、コンソメ自体に味はしっかり濃くついています。

コンソメにはいくつかの種類があります。出汁を鶏からとったものはチキンコンソメ牛から取ったものはビーフコンソメです。

鶏ガラスープとは

鶏ガラスープは鶏ガラをじっくり煮出して野菜エキスを加えて作った調味料のことを指します。鶏ガラとは、肉をとって残った骨のことです。肉はとられていても、まだ骨には旨味が残っていますから、鶏ガラスープは鶏肉の旨みたっぷりです。

調味料の鶏ガラスープとは顆粒状の鶏がらスープの素をさします。味はあっさりしていてそのままお湯でといただけで飲むことはほとんどありませんが、これを入れるだけで料理に深いコクが加わりますから、料理のベースとして、または出汁として使われることが多いです。

鶏ガラスープのもとでスープを作るときは、ネギや生姜を加えて作ります。鶏ガラスープはスープを作る他に、中華料理を作るときのベースとしてよく使われます。

スポンサーリンク

コンソメと鶏ガラスープの違い

コンソメの中でもチキンコンソメは鶏ガラスープと同じく鶏肉がベースとなっていますが、チキンコンソメと鶏ガラスープにはどのような違いがあるのでしょうか。

コンソメは鶏肉や野菜の旨味が凝縮されていて洋風の味がしっかりと出ています。それだけでお湯に溶けばスープとして飲めますから、スープとしての完成度は高いです。コンソメに使われている野菜は、玉ねぎやセロリ、人参、パセリなどの香味野菜が一般的です。

一方の鶏ガラスープの中に使われている野菜はネギやしょうが、にんにくなどの香味野菜ですから少し内容が違います。鶏ガラスープの中には肉と野菜の他に酒や醤油が入っており、中華風の味付けとなっています。鶏ガラスープはそれだけですとあっさりしているため、コンソメのようにそれだけで飲むということはほとんどありません。

お互いに代用できる?

同じ鶏肉をベースにしているチキンコンソメと鶏ガラスープはお互いに代用することは可能です。しかし味の濃さなどの違いがありますから、代用するときは一手間かける必要があります。

ポトフを作りたいのだけれどチキンコンソメがなくて鶏ガラスープしかなかった、そんなときは鶏ガラスープを出汁にしてポトフを作ることもできるのですが、鶏ガラスープだけではちょっとあっさりしすぎていて物足りないです。そんなときは味を出すために香味野菜をプラスしたり、調味料を使って味付けしましょう。塩コショウを使う他に、バターなどで脂肪分を加えて濃厚な味を入れるとチキンコンソメの味に近づきますよ。

その反対に鶏ガラスープを使いたかったけれどチキンコンソメしかなかった、その場合はチキンコンソメで代用することも可能なのですが、今度はちょっと味が濃く出すぎてしまいます。旨味を出すために入れたいのにチキンコンソメではちょっと強すぎる、そんな場合は調味料を加減して、薄味になるように抑えましょう。チキンコンソメ以外にも鶏ガラスープを代用できるものがあります。中華味、ウェイパー、創味シャンタンなどの中華風だしの素、または万能調味料ならば、ちょっと味を調整する程度で代用しやすいです。

コンソメと鶏ガラスープがあればばっちり!

今日はちょっとおしゃれな洋風料理を作りたい、または家族みんなが大好きな中華料理を家で作りたい、そんなときに助けになるのがコンソメと鶏ガラスープです。この2つの料理があれば、簡単においしい味を作ることができます。洋風から中華まで料理のバリエーションを増やすためにも、コンソメと鶏ガラスープはいつも台所にストックしておきましょう。


コメントは受け付けていません。