ますいくらといくらはどう違う?ますこ、筋子との違いを解説!

つやつやしていて本当に宝石みたいにきれいで、プチプチした食感が何とも言えないいくら。いくらが大好きでお寿司はいくらをすぐに取ってしまう、という人もたくさんいますよね。

人気のいくらですが、いくらってますいくらといくらがあるって知っていましたか?ますいくらといくら、ますこ、筋子の違いについてご紹介します。

いくらとは

いくらはサケやマスの卵で、旬の時期は9月から11月です。いくらは卵巣から卵を一粒ずつに分けて、火を通さないでそのまま塩漬けにしたり、しょうゆ漬けにします。ちなみに卵巣から取り出したものを「生筋子」、塩漬けしたものを「筋子」と呼びます。

いくらという言葉はロシア語から来ています。小さい粒つぶしたものや魚卵のことをロシア語では「いくら」と呼びます。ですから、タラコやキャビアなどの魚卵も、ロシア語ではいくらです。いくらはそのものには味はありません。あの何とも言えないイクラの味は、調味料から出るものです。醤油漬けされているいくらは、噛むと口の中でしょうゆの味が広がります。

いくらの中でも、マスからとったいくらはますこ、マスいくらと呼ぶことがあります。

筋子とは

筋子はサケやマスの卵で、いくらと基本的には同じものを指します。卵巣膜に入ったままのつながった状態の卵は筋子と呼ばれており、筋子から卵を一粒ずつとってばらばらにするといくらになります。

スポンサーリンク

筋子は一般的には塩漬けの状態で売られています。東北地方ではまだ塩漬けをしていない加工されていない生筋子の状態を「腹子」そして塩漬けしたものを「筋子」と呼んで区別しています。

筋子といくらは食感が異なります。筋子はまだ皮がついた状態のものをそのまま食べることになりますから、まだ未熟で皮の柔らかい状態のものが好まれます。ですから筋子の粒は一つ一つが小さいですし、その食感は柔らかく、ねっとりした感じです。その反対に、いくらは成熟したものが好まれます。ですから一つ一つの粒は大きいですし、食感はぷちぷちとはじけるような感じです。

ますいくらといくらの違い

ますいくらはいくらの中でもマスの卵のことを指すのですが、ますいくらとサケからとったいくらとではパッと見たところは違いが判りません。味もますいくらといくらではほとんど違いがないのですが、2つの違いはどこにあるのでしょうか。

まず見た目ですが、比べてみるとますいくらのほうがいくらよりもやや小粒です。小粒なの?と思ってしまうかもしれませんが、ますいくらはサケのいくらと比べてリーズナブルですし、しょうゆ漬けにして食べると味には遜色ありません。小粒な分だけ、サケのいくらよりも甘みが強く濃厚だとも言われていますし、皮が薄めでつぶしたときに舌に皮が残りませんから、食べやすさもあります。

ますいくらはいくらであっていくらの偽物というわけではありません。サケのいくらと比べると味に深みがないとか、ちょっと粒が小さめだから、とか言う方もいますが、値段はリーズナブルですし、味の違いが分からないという人も多いです。

違いを知って使い分けよう

いくらにますいくら、筋子、どれもおいしくて魚卵好きにはたまりませんよね。サケのいくらは年々捕れる量が減ってきており、希少価値になりつつあります。手が出せない高級食材になりつつあるサケのいくらに比べて、ますいくらならば手が出しやすいですから、いくらとますいくらのどちらを買おう、と悩んだときは予算を考えて、今日はリーズナブルに済ませたいというときはますいくらを、今日は豪華に、というときはサケのいくらを選んではいかがでしょうか。

ご飯にのせて食べるだけでなくパスタの上にトッピングしてサーモンなどと一緒にシーフードパスタもおすすめですし、サラダのトッピングにしても。和風だけでなく洋風も楽しむことが出来るいくら。外で食べるだけでなく、お取り寄せして家でも楽しみましょう。


コメントは受け付けていません。