おせちに飽きたら?食べたくなるランキングとおすすめメニュー

「おせちに飽きたらみんなは何を食べているの?」

お正月と言えばおせち料理が定番ですよね。でも、「お正月だから」と張り切って作っても、子供たちのウケはイマイチ… 正月3日間はおせち料理で済ませようと思っていたのに、みんな飽きてしまって普通の料理に戻るご家庭も多いのではないでしょうか?

年末の忙しい時期に頑張って作ったのに寂しい限りですが、でも、毎日同じものばかり、となるといくら美味しい料理でも飽きるのは仕方ないのかも知れませんね。そんな方のために、用意しておきたい食べ物やおせち料理の残りを使ってうまくアレンジできる料理など、おせち料理に飽きたときの食べ物についてまとめました。

おせちに飽きたら?食べたくなる料理ランキング

おせち料理に飽きたときはみんな何を食べているのでしょうか?2016年の年末に実施されたアンケート結果をもとに、独自にまとめてご紹介します。

ラーメン

20代から50代と幅広い年代で支持されているのがラーメン。麺にはいろいろな種類がありますが、ラーメンは60代以上ではそば・うどんに次いで2位、その他の年代ではカレーと並んで断トツの人気を誇ります。お酒の後にはラーメンを食べるという人はもともと多いですよね。お正月は何かとお酒を飲む機会が多くなります。お酒のおつまみとしておせち料理を食べるのもいいけれど、「そろそろ締めのラーメンが欲しい!」となる人も多いようです。

ラーメンはすぐに作れるところも魅力です。せっかくお正月なのだから主婦も楽をしたいですよね。いくら家族が「おせち料理に飽きたから違うのが食べたい」と言っても、凝った料理を作る気にはなれないもの。でも、ラーメンならば時間もかからずすぐに作れますし、カップ麺だったらお湯を注いで待つだけです。簡単に食べられるラーメンは、いつでも食べたい時に食べられるように用意しておいたほうが良さそうです。

カレーライス

おせち料理といえば和食がメイン。和食も美味しくて良いけれど、いつもそればかりでは飽きてしまうので全く違う味がほしい!そんなことからカレーライスを選ぶ方も多いです。和食はさっぱりしていて醤油味や塩味が多いですから、こってりした辛いものが食べたくなるようです。

お正月には主婦ものんびりしたいもの。おせち以外の料理も、一回作れば長く食べられるものにしたいですよね。その点、カレーライスは一度にたくさん作れば、何回でも食べられますのでおすすめです。また、カレーはアレンジできるのも魅力。そのままカレーライスにして食べるのはもちろん、カツを入れればカツカレーになりますし、うどんに入れればカレーうどん、一度作っただけで幅広いメニューが楽しめます。子供からお年寄りまでカレーを好きな人は多いですし、思い切って大きな鍋にいっぱいカレーを作ってはいかがですか?

寿司やお刺身

おせち料理は煮物や焼き物が定番なので、煮物や焼き物に飽きてくるとなま物が食べたくなります。いつもあまり買わないのだけれど「せっかくのお正月だからちょっと豪勢なものが食べたい!」そう思った人が選ぶのが寿司やお刺身です。寿司やお刺身は50代以上の人に特に人気がありますが、子供も好きですから、一日はお寿司やお刺身で済ませるご家庭も少なくないようです。

お正月は久しぶりに家族みんなが揃うことも。めったにないことですからみんなで楽しく食べたいですよね。お刺身など具材をたくさん用意すれば、みんなで手巻き寿司も楽しめます。手巻き寿司ならば材料を切ったりして用意するだけですから主婦の手間も少ないですし、家族でおしゃべりしながら作って食べて楽しめます。ごはんをいっぱい炊いて、海苔とお刺身をたくさん用意して、みんなで好きなように手巻き寿司を作りましょう。

おせちに飽きたらこれがおすすめ!

「飽きたけど、おせちもたくさん残ってる…」そんなときにはリメイクはいかがですか?そのままでは箸が伸びないおせち料理も、目先が変わって楽しめます。おすすめのアレンジ例をレシピとあわせてご紹介します。

おせちの焼豚を入れて作るラーメン

スープを再現! 「昔ながらの中華そば」
スープを再現! 「昔ながらの中華そば」

詳細を楽天レシピで見る

おせち料理の中にはお肉料理を入れている方が多いです。子供も大人も好きだからと焼豚(チャーシュー)を用意したけれど、けっこう残っている家庭も多いのでは?

そんなときはおせち料理に飽きた時に食べたいランキング1位のラーメンの具材に残った焼豚を入れてはいかがでしょうか?インスタントラーメンは簡単にすぐ作れますが具材は入っていません。そのまま作るだけでは麺だけでちょっとさびしいですよね。そんなときに、おせち料理の残りの焼豚をちょっと入れるだけで、豪華なチャーシュー麺の出来上がりです。

「インスタントラーメンだけだとなんとなく物足りない…」そんなときにも、おせち料理の残り物の焼豚を入れれば、焼豚の汁がラーメンの中に入りますからちょうどよいコクが出ます。自家製のチャーシューならこってりしすぎることもなく、良い感じの和風ラーメンになりますよ。

圧力鍋で簡単おせち!豚ももチャーシュー(焼き豚)
圧力鍋で簡単おせち!豚ももチャーシュー(焼き豚)

詳細を楽天レシピで見る

お煮しめの残りで作る和風カレー

リメイク♪筑前煮から根菜カレーに・・・。
リメイク♪筑前煮から根菜カレーに・・・。

詳細を楽天レシピで見る

おせち料理は買ってきて揃えるという方は増えていますが、毎年お煮しめだけは家で作る方も多いです。お煮しめは少量だけ作ることは難しいですし、お正月3が日食べようと思って鍋いっぱいに作ることも多いので、どうしても余ってしまいます。

そんなときにおすすめなのがカレーライスの具材としてお煮しめを使う方法です。もう具材は煮込まれているわけですから、お煮しめにカレールーを足してもう一度煮込むだけで簡単に和風カレーが出来上がります。カレーライスを作るのはけっこう時間がかかるから・・・という方も、お煮しめを使えば煮込む時間をかなり短くすることができておすすめです。お煮しめを使ったカレーは少し醤油味がプラスされて、お蕎麦屋さんで出てきそうな和風カレーに変身。ほんのり和風で優しい味の和風カレーが好きで、カレーにしたいからお煮しめを多めに作るという家庭もあるそうです。

黒豆やかまぼこを使って作るベーグルサンド

クリチと黒豆のベーグルサンド
クリチと黒豆のベーグルサンド

詳細を楽天レシピで見る

若い世代の人たちはどうしても和食よりも洋食が好きです。ご飯やお餅に和食ばかりを食べていると、たまにはパンを食べたくなります。そんなときはベーグルサンドを用意してはいかがでしょうか?

ベーグルサンドに入れる具材にはおせちの残り物を入れましょう。黒豆やかまぼこは美味しいですが一度にたくさん食べるものではないため、どうしても残りがちです。でも、クリームチーズで和えるだけで黒豆やかまぼこはまったく違う洋食になります。それを具材として作ったベーグルサンドは、やさしい甘み。朝食のメニューとしておすすめですよ。2017年おせちバナー

おせちの残りを上手に活用して飽きさせない工夫を

おせち料理に飽きてしまったからそろそろ違うものが食べたい!家族からそんな文句が出たけれど、私だって少しは休ませてほしいと重い腰がなかなか上がらない主婦もいらっしゃるのでは?

違う料理を用意すると言っても、できるならばあまり手をかけないでみんなに喜んでもらえるものを作りたいですよね。そんなときには、ちょっと豪勢にみんなで手巻き寿司パーティーで楽しみましょう。そしてその後はみんなが好きなラーメンやカレーを用意します。それほど手間がかからずに作れますし、おせち料理の残りを利用すれば時間が短縮されるだけでなく、余ったおせちをどうしようか悩まなくてもすみますね。

また、おせち料理は美味しいけれど同じ味だから飽きてしまいます。ちょっと味をプラスしたり見た目を変えただけでも、またみんな食べてくれますから、パンの具材にするなど、洋食へのアレンジも挑戦してみてくださいね。

コメントは受け付けていません。