日本にチップがない理由は?由来・歴史から考えてみた

日本ではチップを出すという習慣はありません。ですが、海外に行ったときに必要になるものがチップ、チップをださなきゃいけないということはわかっていても、普段出す習慣がないため、どういうタイミングで出したらよいのか悩みますよね。そもそもどうしてチップは必要なのか、と思う方もいらっしゃるでしょう。

チップとはどういうものなのか、どうして日本にはチップがないのか、日本以外にチップが要らない国ってあるのか、チップについて考えました。

チップとは

チップはヨーロッパの床屋さんで始まったのではないかと言われています。イギリスの床屋さんでは、髪の毛を切る以外に「血抜き」という施術を行っていました。「血抜き」には料金は定められておらず料金箱の中にお客さんが出せる金額を入れるようになっていました。この料金箱に書かれていた言葉「To insure Promptness」の頭文字からTIP(チップ)が生まれたという説です。

「To insure Promptness」とは「迅速さを保証するために」という意味。イギリスのパブで迅速にサービスを受けたい人のために「To insure Promptness」と書かれた箱を置いたことに由来するという説もあります。

イギリスのチップはどちらかというと労働の対価という要素の強いものであるのに対し、フランスやドイツでは、従業員のしてくれたサービスにお礼をする意味でチップを払う習慣が広まっていきます。チップをもらえば、従業員はさらによいサービスをしてくれますよね。チップを払うことにより、お客さんに対するサービスが向上したわけです。しかしチップをもらえるだろうからということで従業員の給料がその分下がるという問題が発生するようになり、チップを廃止する動きも出ています。

チップの金額には決まりがない国も多いのですが、アメリカではチップはサービス料金の10%から15%という決まりがあり、その金額は給料の中に見込まれています。国によってチップについての考え方は違うので、チップにはどういう意味があるのか、いくら払ったらいいのか、海外旅行に行くときは、事前に調べておいた方がよさそうです。

日本にチップがない理由

では、どうして日本にはチップがないのでしょうか。実は、かつては日本でもチップ制度がありました。しかし、現在は廃れており、今ではほとんどのところで払う必要がないとされています。

スポンサーリンク

どうしてチップ制度が廃れたのかと言えば、日本の高級ホテルやレストランではすでにサービス料という形で代金とは別に請求がされているからなのです。レシートを見てみると、サービス料〇パーセントという記載が出ています。そのチップはサービス料という形で自動的に支払われているのです。

基本的に日本にはチップはありませんが、日本ではチップを渡してはいけないというわけではありません。たとえば旅館のスタッフの方に、サービス時間外なのに駅まで迎えに来てもらったり、部屋を汚してしまったのに大丈夫ですよと言ってもらえたときなど、そういう特別な時の配慮に対して、心づけをお渡しするという場合もあります。心づけは海外のチップのように金額は決まっておらず、自分の気持ちとして宿泊した場合は1部屋に1000円から3000円程度、出す人が多いようです。

日本だけじゃない!チップが要らない国

日本以外にも、チップを渡す必要のない国も多くあります。

オーストリア、オランダ、ブラジル、ロシア、チリ、南アフリカ、アイルランド、トルコ

サービス料込み、つまり伝票にサービス料が上乗せされているレストランであればチップは必要ありませんが、それ以外の場合ではチップが必要になります。これら国ではタクシーやベルボーイなどにもチップを渡すことが多いです。

オーストラリア、香港、スウェーデン、中国、インド、スイス、フィンランド、インドネシア、韓国、デンマーク、イタリア、スペイン、ドバイ、イスラエル、シンガポール、マレーシア、フィジー、台湾、ドイツ、ノルウェー、イギリス、ギリシャ

一般的にはチップは必要ありません。けれど心からのサービスを受けたときには、そのお礼の意味でチップを渡します。タクシーやレストランでは払うことが多いです。

アルゼンチン、フランス、オマーン、イエメン

これらの国は日本と同じくチップは不要で、チップを渡すと返って失礼にあたることがあります。

アルゼンチンではチップが法律で違法となっています。フランスではレストランやタクシーにはチップが必要となることもありますが、法律でサービス料込みの料金を提示する必要があるためチップは必要ありません。オマーンなどは庶民的な店の場合は特に必要ありません。

チップは必要かどうかは、事前にその国の文化を調べておこう

日本ではチップの文化がないために、海外旅行に行くときは特にチップに戸惑いを覚えてしまいます。でもチップの必要な国と必要のない国、これは文化の違いにあります。それぞれの国はどうチップについて考えているかは、ガイドブックなどを調べればわかりますから、失敗しないようにしっかり調べておきましょう。チップを渡す場合もスマートに渡すようにしてみてくださいね。


コメントは受け付けていません。