「感情の老化」とは?40代から始めたい脳のアンチエイジング

「最近、すぐ疲れるようになった」「物覚えが悪くなった」「もう年だな…」-老化を実感する瞬間です。しかし、加齢とともに老化するのは体力や知力だけではありません。

「イライラして怒りっぽくなった」「何もやる気がしない」-これは感情の老化から来ている症状です。感情の老化が進めば、楽しい毎日を送ることが難しくなります。体も心も若々しくいるために知っておきたい「感情の老化」について考えました。

「感情の老化」とは

体力の衰えから老化を感じることは多いですが、人は感情から老化すると言います。いつまでも気持ちが若い人もいますから一概には言えませんが、感情の老化が始まるのは40代です。40代のころはまだ働き盛りで体は元気な人が多いですが、もうすでに「感情の老化」は始まっています。

「感情だけなら体に影響はないだろうから放っておこう」そう思う方もいらっしゃるでしょう。しかし、感情の老化は感情だけでなく記憶力や体力の老化も進めてしまうため注意が必要です。

「感情の老化」で頑張ろうという意欲がなくなってくると、人は何に対してもやる気にはなりません。そうなると体も動かさなくなりますし、頭も使わなくなってきます。そのままでは認知症などの原因にもなりかねません。いつまでも若々しくいるためには、まず「感情の老化」を抑えることが必要です。

感情が老化する原因

人はどうして感情の老化が進むのか、その原因は前頭葉の老化にあります。脳の中でも前頭葉は物事の判断や理性を司るところです。前頭葉が老化すれば、感情や意欲に大きな影響がでてしまうのです。

脳が老化すると、前頭葉はだんだんと萎縮を始めます。そうなると、人は感情をコントロールすることができなくなりますし、考え方も平板になって広く物事を捉えることができなくなります。その結果、いつもイライラしていて大したことでもないのに怒ってしまったり、一度落ち込んだらなかなか立ち直ることができなくて鬱になってしまう人も出てきます。感情の老化が進めば、イキイキとしたところが失われ、見た目にも老化が進みます。いつも元気で若くいるためには、感情の老化を抑える必要があるのです。

感情の老化を予防する方法

「感情の老化」は、普段の心がけで防ぐことができます。

スポンサーリンク

「あれ」「それ」「これ」は使わないようにする

年を取ると、だんだん物の名前や人の名前が覚えられなくなってきます。人と話をするときに、名前が出てこないので詰まってしまう・・・そんなときに使いやすい言葉が。「あれ」「それ」「これ」という指示代名詞です。こういった指示代名詞を使えば、「あれはどこにやった?」「それならあそこにあるよ」というように、名前を使わなくても会話することができます。

加齢とともに「あれ」「それ」「これ」を使って会話を続けることが増えてくるのは致し方ないですが、そんなことばかりを続けていては脳の機能がさびついて、さらに老化が進んでしまいます。単語を思い出そうと頑張ることで、感情の老化は予防することができますから、完全にとはいかなくてもなるべく「あれ」「それ」「これ」といった指示代名詞は使わず、単語を使って会話をするように心がけましょう。

大胆におしゃれを楽しむ

感情の老化が進むとおしゃれに興味がなくなることも多いものです。黒っぽい服が増えてきたりするのも、何色の服を着るか考えることが嫌になって投げやりになったことが原因かもしれません。

そんなときには思い切って明るい色の服を選ぶなど、大胆におしゃれを楽しみましょう。ピンクや赤系統の服は男性ホルモンを刺激します。男性だけでなく女性にとっても男性ホルモンは大切な存在です。男性ホルモンが少なくなれば、意欲もなくなってきますし、社交性も失われます。

しかし、あえて赤やピンクの服を選んで着ると、男性ホルモンが刺激されて気分が変わり、出かけてみんなでワイワイ楽しんだり、旅行に行きたくなったりします。何もやる気が出ない、そんな感情の老化を感じたときは、男性も女性も、赤やピンクを服や装飾品に取り入れて、大胆におしゃれを楽しんではいかがでしょうか。

新しい体験を加えた料理をする

「今日は何を作ろう」ー毎日何を作るか、献立を考えるときは頭を使いますよね。けれど、年をとって料理を考えることが面倒になってくると、いつも同じようなものばかりを作って、献立に頭を捻らせたりしない人が増えてきます。

料理をするときは手先を使いますし、分量を計ったり、味を確かめたり、いろいろやることがあるためかなり頭を使います。これこそ感情の老化の予防につながるのですが、いつも同じ料理を作っていては頭を使わないために意味がありません。感情の老化を予防するためには、料理にいつもとは違う新しい体験を加えましょう。たとえば、これまで使ったことがない食材を取り入れて料理を作るなど、料理をするときに新しい体験が加われば、脳みそはフル回転して前頭葉が活性化され、感情の老化は予防されます。

いつもしたことがない新しいなにかにチャレンジする

加齢とともに人は新しいことをすること避けがちです。いつもと同じような生活を続けることはたしかに楽ですよね。けれど、それでは前頭葉の活性化には繋がりませんから感情の老化が進んでしまいます。感情の老化を予防するためには、いつもしたことがない新しいなにかにチャレンジすることが効果的です。

特に大変なことをする必要はありません。例えばこれまで読んだことがない本を呼んでみたり、見たことがないジャンルの映画を見に行ったり、はじめてのイベントに参加して新しい仲間を作ったり… そういった何気ないことでも、新鮮なものは脳にはかなりの刺激になります。

感情の老化を抑えてイキイキと元気な毎日を送ろう

老化を考えるなんてまだまだ先のことだと思っている方も多いでしょう。しかし、感情の老化は身体の老化よりも早いですから、気づいたときにはもう感情の老化が始まっているかもしれません。

感情の老化は見た目にも影響が出てしまいます。いつまでも若さを保てるよう、チャレンジ精神を忘れずに。常に頭を使って毎日を過ごしましょう。


コメントは受け付けていません。