肌断食って?驚きの効果と正しい方法、注意点を解説!

お休みで家を出ない日などに基礎化粧品だけで特にお化粧をしないということはありますよね。でも、まったく基礎化粧品も何もつけない日をもうけている人はいますか?肌がカサついてしまうから、日焼けが恐いからと毎日何かしらのスキンケアをしているのではないでしょうか?

肌を守るためにしているスキンケアですが、実はそれらをすべてやめて「肌断食」すると肌に良いと言われています。「本当に何もしなくていいの?」と不安に感じる方もいらっしゃるでしょう。肌に良いと言われる理由や期待できる効果など、肌断食についてまとめました。

肌断食とは

普段の肌のお手入れは、洗顔をしてから化粧水など基礎化粧品をつけて、その上にファンデーションなどメイク用品をつけますよね。肌断食はすべてのスキンケアをやめる美容法です。水で顔を洗った後は何もつけません。

化粧品の中には保湿成分や美白成分などの美容成分が配合されています。化粧品を使わないことで肌の状態をリセットし、肌が本来持っている力を引き出すのが肌断食の目的です。

肌断食がお肌によい理由

肌がかさついてしまう、または肌がくすんでいるなど肌の悩みはつきません。トラブルを起こしがちな肌を守るために化粧品を使ってお手入れをしているのに、本当に肌断食をしていいものか、悩みますよね。

でも、肌は本来であれば、特に何か外から手を加えなくても保湿力や治癒力が備わっているのです。しかし、その保湿力や治癒力は美肌を手に入れようと保湿成分や美白成分などが入った化粧品を使うことで、弱くなってしまっています。毎日美肌を守るために使っている化粧品が実は栄養の与え過ぎで肌の状態を悪くしているのでは意味がありません。そこで必要なのが肌断食なのです。肌断食を行うことで、肌は本来持っていた保湿力や治癒力を取り戻すことができます

もう一つ、化粧品に含まれる添加物や防腐剤などの化学物質は、肌に負担になっていることも多いです。しかし、肌断食をすればこれらの成分が肌に浸透することがなくなるため、化学成分で傷ついた肌を休めることができるメリットもあります。

肌断食の効果

肌荒れの原因を取り除き、肌本来の力を引き出す肌断食には、次のような効果が期待できます。

乾燥やニキビの改善

ニキビ肌の方は特にニキビを早く治そうと念入りに洗顔したりしますよね。しかしこれは肌にとって逆効果です。洗いすぎれば肌は乾燥が進んで肌荒れを起こしますし、肌を触りすぎることでニキビが悪化してしまいます。

そんなときに肌断食をすれば、洗いすぎや触り過ぎなど肌の乾燥を招く原因が取り除かれるので、肌が乾燥しにくくなります。乾燥から肌を守ることができれば、皮脂の過剰分泌が治まり、ニキビもできにくくなります

毛穴が目立たなくなる

毎日基礎化粧品やメイク用品を使ってお手入れを続けていると、常に毛穴は塞がれた状態にあります。そうなると代謝が崩れますから、肌のターンオーバーは乱れて余分な皮脂や老廃物が毛穴に詰まり、毛穴が開いてきます。

肌断食をしてメイクやスキンケアをやめれば、肌は本来の状態に戻ってターンオーバーも正常な状態になります。そうすれば毛穴に皮脂や老廃物が詰まらなくなりますから角栓が消え、毛穴は目立たなくなります

肌断食のやり方

肌断食のやり方は一つではありません。完全に肌断食をするか、基礎化粧品だけにするかなど、何をやめるかによってもやり方は違いますし、肌断食の期間についても毎日続けるやり方のほかに、夜だけ・週末だけなどさまざまです。それぞれの方法について、見て行きましょう。

なにをやめるかによる分類

肌断食は、なにをやめるかによって

  • 完全な肌断食
  • ゆる肌断食

の2つの種類にわけられます。

完全な肌断食

メイク用品だけでなく、基礎化粧品も洗顔料も全く使わないというやり方が、完全な肌断食です。今まで化粧品を使ってお手入れをしてきた方は、肌が反応して一時的に肌荒れを起こす危険があります。肌の乾燥がひどすぎるという場合は、ワセリンを使って最低限の保湿はしてもよいですが、基本的には水だけで化粧品は使いません。

ゆる肌断食

スポンサーリンク

完全に化粧品を使わないなんて怖くてできないという方におすすめなやり方がゆる肌断食です。ゆる肌断食は完全な肌断食とは違い、石けんや基礎化粧品を使うことができます。ただし断食であることには変わりがありませんから、洗顔に使うものは無添加の純石鹸で、基礎化粧品を使うにしても最低限のものだけです。

期間による分類

肌断食は「何をやめるか」に加え「どれくらいの期間断食するか」により

  • 完全な肌断食
  • 夜だけ肌断食
  • 週末肌断食

の3つにわけることができます。

完全な肌断食

肌に何かをつけることなく毎日過ごすよう頑張るのが完全な肌断食です。肌荒れが少しあったからといって何かを使っては完全な肌断食にはなりませんから、一度肌荒れをしたとしても続けるという意志の強さが求められます。

夜だけ肌断食

仕事をしていると、ずっとすっぴんというわけにはいきませんよね。メイク用品をつけるとなるとその下に基礎化粧品もつけますから、仕事で出ている間は肌断食をすることが難しいのが現実です。

そんな方でもできるのが夜だけ肌断食です。朝はこれまでどおりのスキンケアやメイクを行い、夜だけ何もつけずに肌断食を行います。初めて肌断食にチャレンジするという方でも、夜だけ肌断食ならばトライしやすいでしょう。

夜だけ肌断食をする場合は、一つドバイスがあります。せっかく肌断食をしているのですから、より効果を出したいですよね。朝はメイクをしても構いませんが、なるべく軽めのメイクにすることをおすすめします

週末肌断食

夜だけ肌断食ならできないわけではないけれど、でもやっぱり基礎化粧品も何もつけずに寝るのは不安だという方は、週末肌断食はいかがですか?完全な肌断食に比べ効果は出にくいですが、それでも全く肌断食をしない状態と違って、少しずつであっても肌の調子が戻ってきます。

週末肌断食をする場合は、週末だけスキンケアやメイクはすべてお休みして肌を休ませましょう。週末だけでも肌を休ませることは、肌力回復にメリットですよ。

肌断食の注意点

肌断食は、次の4つの点に注意して行う必要があります。

基礎化粧品は徐々に減らしていく

完全な肌断食をする場合は、基礎化粧品やメイク用品をすべて使わなくなりますが、これまで使っていたものを一度に全部やめてしまうと、一時的に肌荒れがひどくなる場合があります。保湿化粧品などを使っていると、肌は潤っていますよね。化粧品を使わなくなれば一気に乾燥が進むため、肌は自ら潤いわせようと皮脂を大量に分泌して、ニキビや皮膚炎を起こす原因になるのです。

これは「好転反応」と呼ばれる現象で、肌が本来持っている力を取り戻すまでの間に、一時的に起こる反応です。こういった好転反応を抑えるためには、一気に基礎化粧品をやめてしまうのはおすすめではありません。基礎化粧品は1つずつ徐々に減らしていき、最後は水で顔を洗うだけで終わらせるところまで持っていきましょう。クレンジング、洗顔、クリーム、乳液、美容液、そして化粧水の順番にすると好転反応を起こしにくいですよ。

メイク、日焼け止めは石けんで落ちるものを

肌断食をする場合はメイクを一切してはいけないというわけではありません。ただし、肌断食をしているときはクレンジングを使うこともお休みするので、メイクや日焼け止めが落とせず肌に残った状態になるかもしれず、注意が必要です。

メイクや日焼け止めは水でも落とせるミネラルタイプのものを選びましょう。ポイントメイクは天然成分で作られた口紅やフィルムタイプのマスカラ・アイライナーがおすすめです。メイクや日焼け止めを落とす石けんは石けん素地(純石けん分、脂肪酸ナトリウム)だけで作られた純石鹸を選ぶようにしてくださいね。

乾燥がひどいときはワセリン

肌断食をして保湿をしていないと、もともと肌が乾燥しがちな方は特に乾燥がひどくなってしまうことがあります。いくら肌本来の保湿力を取り戻すためと言っても、そのため肌荒れがひどくなっては困りますよね。もし乾燥がひどくなったときはワセリンをつけましょう。

ワセリンにも幾つかの種類がありますが、おすすめなのは白ワセリンです。白ワセリンは黄色ワセリンから不純物を取り除いたもので、皮膚科でも処方される安全性の高いタイプ。肌にやさしく、保湿効果だけを得ることができます

肌断食に向いていない人も…

肌断食は肌を元気にするためにぜひ試してみていただきたい方法なのですが、中には肌断食に向いていない人もいます。肌断食は肌が本来持っている力を引き出す方法なので、もともと肌が弱い人や、美容成分が減少していて肌本来の力を取り戻すことができない年代の方は向いていない場合があるのです。肌断食を始めた場合でも、肌の調子が悪くなってきて「自分には向いていないのかも」と思ったら、無理をしないことも大切です。

無理のない範囲で肌断食を生活に取り入れていこう

肌がもともと「美肌にする力」が備わっています。お肌を甘やかさず、力を引き出すためには肌断食を上手に取り入れるのが効果的です。様子を見ながら無理のない範囲で肌断食を取り入れて行きましょう。


コメントは受け付けていません。