お正月料理「おせち以外」に何がある?おすすめをシーン別にご紹介!

お正月に食べるものと言えばおせち料理が定番ですが、いくら美味しくても毎日続いては食べ飽きてしまいます。おせちを作り終えてようやくのんびりしようと思っていたら「そろそろ違うものが食べたい」なんて言われてしまうと、がっかりしてしまいますよね。「おせち以外と言われても、何を作ればよいのかわからない」と言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

おせちに飽きた、と言うときのために、おせち以外でお正月に食べたいものをまとめて見ました。お正月に食べるものに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

お正月におすすめの食べ物は?シーン別にご紹介!

お正月の過ごし方はご家庭によってさまざまです。お客様がいらっしゃるお家もあれば、子供たち中心のご家庭もあるでしょう。おせち以外でお正月におすすめの食べ物をシーン別にご紹介します。

家族が大勢集まった時におすすめの食べ物

家族が大勢集まった時は、みんなでわいわい言いながら食べられるものがいいですよね。

おすすめの食べ物の一つは手巻き寿司です。自分で巻いて食べる手巻き寿司ならば具材を切って用意するだけで済むので、主婦もそれ程手をかけることなく簡単に作れますし、お正月の雰囲気もあります。

お刺身をいろいろ切って用意するだけでも良いのですが、ちょっと変わり種として回転寿司でもよく流れてくるエビフライなども具材の一つとして加えてみてはいかがでしょう?そのほうが子供たちは喜ぶかも知れませんね。

そしてもうひとつ、みんなで楽しめる食べ物といえば鍋料理です。普段、家族が同じ時間に揃って食事をとるのが難しい場合には、お鍋の機会は少ないのではないでしょうか。でもお正月はちょうど良い機会です。冬のお鍋は身も心もポカポカ温めてくれます。水炊き、寄せ鍋、しゃぶしゃぶなど、お好きな鍋料理を楽しみましょう。

子供が喜ぶ食べ物

子供は普段和食よりも洋食や中華が好きで食べている事が多いですから、お正月のおせち料理はすぐに飽きてしまいます。子供に何か作って!と言われると疲れちゃいますよね。

子供が喜ぶ食べ物としておすすめなのがお好み焼きです。お好み焼きも和風の食べ物なのですが、好きな子供は多いです。お肉や海老などの具材の他、トッピングとして天かすなどを用意して、みんなでお好み焼きを楽しみましょう。

餃子も子供向けにおすすめのメニューです。餃子ならば子供たちも手伝って一緒に作ることができます。形が少々いびつになってしまったとしても自分で作った餃子は格別。子供たちも喜んで食べてくれるでしょうし、お手伝いをしてもらえるのでお母さんも助かります。

スポンサーリンク

献立に迷った時に作るおすすめメニュー

何を作ろうか迷ったときには、いつも作っているおなじみのメニューの中から選ぶと言うのもひとつの方法です。カレーにグラタン、お蕎麦などからそのときの気分で食べたいものを選んで作る、と言うのもいいですね。

特にお蕎麦はさっぱりしていますから、食べ過ぎ飲み過ぎの後でも食べやすく、お正月らしさもあっておすすめです。年越しそばとして年末だけ食べるのではなく、年明けもお蕎麦はおすすめですよ。

また普段は週末に作ることも多いカレーなども、お正月のおせち料理が続いた後に持っていくと新鮮な感じになります。しょっちゅう食べていたはずなのに、お正月に食べるといつもよりもお美味しく感じるかも。お正月にカレー?と思う人もいるでしょうが、たまには違う雰囲気のものも入れるとよいでしょう。

ちょっとしたおつまみに利用できる食べ物

お正月はいつもよりもお酒を飲む機会が増えます。親戚一同が集まることも多いですから、大人たちが何人も集まると久しぶりに話が盛り上がってお酒も進むのではないでしょうか。

お酒を飲む場合には、おつまみがあるとみんなに喜ばれます。おつまみといっても特別なものを用意する必要はありません。チーズを出すだけでも喜ばれますし、お漬物でも良いかも。

ちょっとこだわって喜んでもらいたいという時は、茶碗蒸しはいかがですか?おしゃれでお正月にピッタリの茶碗蒸しは、準備さえしてしまえば後は蒸すだけなので意外に簡単に作れます。やさしい味付けの茶碗蒸しは年末年始で疲れている胃を癒やすことができていいですよ。

おせち以外の食べ物でもお正月らしさを出すためには?

お正月だからといっておせち料理ばかり食べるわけにはいかないけれど、お正月にはやはり普段の食べ物とは少し違いをつけたいですよね。

そんなときはいつもよりもちょっと高級な具材を使うというところにこだわってみましょう。同じお肉を使った料理にしても、普段買っているお肉よりも一段階高級なお肉にするなど、ちょっとした違いだけでも正月らしい感じになります。新年のお祝いとして、ちょっとだけ奮発するのも良いものです。

お正月の食べ物は「頑張り過ぎない」のがポイント

家族のためにいつも頑張ってご飯を作っている主婦も、お正月ぐらいは少し休みをとるべきです。あまり頑張りすぎると本当に疲れ切ってしまいますから、家族が揃っているからと頑張りすぎないようにしましょう。お正月の時は夫も子供たちも休みで家にいますから、みんなで協力してご飯を作るのもよいのではないでしょうか。

たまにはみんなでご飯を作って食べるのも楽しい行事の一つになります。主婦には基本的にお休みがありませんから、自分で休みを作らないと!お正月はおせち料理にしても、おせち以外の食べ物を用意するにしても、頑張り過ぎてお正月明けに体調を壊さないようご注意くださいね。


コメントは受け付けていません。