老化の原因!「活性酸素」とは?減らすためには抗酸化物質がカギ

人は酸素を吸わないと生きていけませんが、体内に取り入れた酸素の一部は体を錆びつかせ老化を進めてしまう恐い活性酸素に変わります。人は生きている限り呼吸をしつづけますから、「活性酸素なんて要らない!」と思っても、体の中に活性酸素は溜まってしまうのです。

いつまでも若く元気に毎日を送りたければ体の中に溜まった活性酸素を減らさなければいけません。けれど、どうやったら活性酸素を減らすことができるのでしょうか?活性酸素と戦って活性酸素を外に追い出してくれる抗酸化物質とは?活性酸素を減らす生活習慣とは?健康でいつまでも若々しくいるためにどうしても減らしていきたい活性酸素について考えました。

活性酸素とは

わたしたちが呼吸で酸素を取り入れると、そのうちの2%が体内で活性酸素になると言われています。活性酸素は、他の物質を酸化させる力が非常に強いため、体の中に活性酸素が増えれば、体はどんどん錆びていきます。

しかし、活性酸素は悪いばかりではありません。体内に入ると細菌やウイルスを撃退してくれるという良い効果もあるのですが、体の中に増えすぎると違う問題が発生します。活性酸素が攻撃して細胞を酸化させると、その細胞は周りに広がって他の細胞まで酸化させます。

活性酸素が悪い細胞だけを攻撃して酸化させるだけならばよいのですが、活性簡素が増えすぎると悪い細胞を攻撃するだけではすみません。正常な細胞や遺伝子まで攻撃して酸化させてしまうので、肌は老化が進んでシミやシワが増えたり、動脈硬化やがんなどの生活習慣病にもなりやすくなります

活性酸素は呼吸したり、食べたり、歩いたり、眠ったり… という普通の生活をするだけでも発生するのですが、大量に発生する場合があります。激しい運動をしたり、ストレスをためているとき、細菌やウイルスに感染したときや紫外線にさらされた時、食品添加物や喫煙、肥満、ダイオキシンや電磁波などを受ける環境に身をおいたときなどが、それです。

現代の生活は常にOA機器を使っていますから電磁波から逃れられませんし、オゾン層の破壊で紫外線の影響も受けやすいです。また不況などで心身ともにストレスがたまることもあるでしょう。現代社会は活性酸素が大量発生する条件がそろっていると言えそうです。

活性酸素と戦う「抗酸化物質」とは

抗酸化物質とは、体を酸化させてしまう活性酸素と戦ってその数を減らしてくれるものです。抗酸化物質はそれ自身が酸化されやすいので、活性酸素が体を酸化する前に自らを酸化します。ですから、抗酸化物質があれば体を酸化から守ることができるのです。

体を酸化から守れれば、老化を予防することもできますし、がんなどの病気にもなりにくくなりますから、抗酸化物質は健康と若さを保つために欠かせません。実際に、抗酸化物質を多く摂取した結果、生活習慣病のリスクが減るだけでなく糖尿病のリスクが減った、という調査結果が出ています。

抗酸化物質は体内で作ることもできますし、外から食べ物の形でとり入れることもできます。体内で作ることができる抗酸化物質が酵素です。SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)、カタラーゼ、グルタチオンなどの酵素は、活性酸素を害のない物質に変えてくれるのですが、20歳代をすぎると徐々にその力が弱くなっていきます。そのため、活性酸素を減らすためには、外から摂り入れる食べ物に頼る必要がでてきます。

スポンサーリンク

食べ物に含まれる抗酸化酵素には、タンパク質やミネラルがあります。栄養のことをあまり考えずに食べたいものだけを食べていると、どうしても亜鉛や鉄などのミネラル分は不足してしまうので、活性酸素を減らしたければ食事内容にも十分に注意するべきです。

活性酸素を減らす生活習慣

活性酸素を減らすには、発生しやすい生活習慣を改善することもポイントになります。

紫外線を避けて日焼けしないようにする

人は常に紫外線にさらされていますが、肌に紫外線が当たると皮膚細胞に活性酸素が作られるため酸化が進んでシミやシワが増えてしまいます。シミやシワは見た目年齢を大きく左右するため、紫外線対策に力を入れている女性は多いでしょう。しかし、男性はあまり気にしていないかもしれませんね。

活性酸素は肌だけでなく体全体を酸化させてしまうものです。いつまでも若々しくいるためには、男性も出かけるときは帽子をかぶるなど、紫外線対策をしましょう。体のためによいと言われる日光浴もあまり長い時間すると紫外線を浴びすぎて活性酸素を増やしてしまうので、日光浴は15分程度を目安にすることがおすすめです。

タバコを控えるようにする

タバコは百害あって一利なしと言われています。タバコの煙の中には活性酸素が含まれていますし有害物質も多いです。タバコの煙が体の中に入ると、有害物質から体を守ろうと活性酸素が増えます。また、タバコの煙が血液の中に入ると、動脈硬化の原因となる酸化LDLが作られてしまいます。

健康のためにはタバコは控えることがおすすめです。また、タバコは吸う人だけでなく、タバコから立ち上る煙を吸い込む受動喫煙も、同じように危険なことがわかっています。自分はタバコを吸わなくても、煙草を吸っている人がいる場にはなるべく近づかないようにしましょう。

お酒を控える

お酒を飲んで体の中にアルコールが入ると、肝臓がアルコールを分解するときに活性酸素が発生してしまいます。

付き合いなどでお酒を飲まなければならない場合もあるでしょうが、お酒に弱い人は特にお酒を控えましょう。お酒に強い人も、飲み過ぎには注意が必要です。

アルコールを分解するときは肝臓にとってかなりの負担がかかります。活性酸素で体が老化するだけでなく、肝臓に負担がかかると肝臓の機能が低下して代謝が悪くなり、体の疲れが取れにくくなります。元気に過ごすために、お酒には十分注意したいですね。

ストレスを減らす

現代人は常にストレスにさらされています。体はストレスを受けると血液の流れが悪くなり、流れを元の状態に戻そうと活性酸素が発生してしまいます。

ストレスは心にも体にもよくありません。ストレスをなくすことは難しいでしょうが、毎日の心がけや生活を見直すだけでも、ストレスを減らすことができます。活性酸素を減らすためにはストレス発散が大切。良質な人間関係を築くこと、寝不足にならず良質な睡眠を取ること、笑うことを忘れないこと、ストレスを溜め込まないようにして、毎日を送ってくださいね。

軽い運動を続ける

活性酸素を減らすためには運動が効果的ですが、激しい運動は逆効果です。激しい運動は呼吸の量を増やしてしまうため、活性酸素を減らすのではなく、かえって活性酸素を増やしてしまうのです。

活性酸素を減らすためには軽めの運動を続けることが効果的です。軽い運動は抗酸化酵素の働きを強くしてくれますから、体の中に溜まった活性酸素を減らすことができます。ウォーキングや水中歩行など、無理なく楽しく続けられる軽い運動を続けましょう。運動は効果的ですが、くれぐれもやりすぎないようにしてくださいね。

活性酸素を減らす生活を心がけよう

体の中に活性酸素がたまれば老化が進むのはもちろん、何をしてもすぐに疲れてしまうようになります。

いつも元気で頑張れる体を作るためには活性酸素を減らす生活を続けることが大切。これまで続けてきた生活習慣を改善することは難しいかもしれませんが、若さのため、そして健康のためですからしっかり改善していきましょう。出かけるときは紫外線予防のための帽子をお忘れなく。


コメントは受け付けていません。