元日と元旦の違いは?年賀状での正しい使い分けからNG例まで

お正月の始めの日である1月1日のことは元旦とも元日とも言いますよね。年賀状の中にもこの元旦、元日という言葉を使ったりしますが、元日と元旦は同じだと思っていませんか?

元日と元旦は同じことを指しているのではありません。元日と元旦の違いを知って、年賀状で正しく使い分けるようにしたいですね。また、元旦や元日の他にも、正月や松の内など、正月には色々な言い方があります。お正月を意味するそれぞれの言葉がどういう意味なのかについてもご紹介します。

元日とは

一年の始まりの日である1月1日のことを表す言葉が元日です。元日は1948年に法律により「年のはじめを祝う日」として国民祝日に制定されました。

日本では昔から、元日にはすべてのものに命を与えてくれた歳神さまをおまつりして来ました。各地では一年のはじめをお祝いする特別な行事が開かれます。

各家庭では元日に歳神さまを家にお迎えするために、年末から門松を外に飾り、鏡餅をお供えします。そして元日にはおせち料理を食べて過ごすことが習わしです。

元旦とは

元旦は一年の始まりである1月1日の朝を指す言葉です。

元旦の「旦」と言う漢字を見てみると、「一」の上に太陽を表す「日」という文字がありますよね。「一」は地平線を表しています。「一」の上に「日」があることから、「旦」は地平線から昇る太陽の様子となり、朝の意味になるわけです。

元旦の「元」は一年の最初の日である1月1日を表していますから、元旦とは、元日の朝のことを表す言葉となります。

元日と元旦の違い

元日と元旦は、どちらも1月1日を表す言葉です。では、元旦と元日はどこが違うのでしょうか。

元旦と元日の違いは?

元日と元旦の違いは「時間」にあります。元日とは1月1日を表しますから特に時間に決まりはありません。しかし、元旦は「旦」の漢字からわかるように元日の朝を指します。現在は、元日も元旦も同じく1月1日を表す言葉として認識されていますが、厳密に言うと元旦という言い方は、1月1日の午前中にしか使えません。よく元旦の朝という表現を使ったりする人もいますが、もともと元旦には朝という意味が含まれていますから、この言い回しは正しいとは言えないので注意が必要です。

正月、三が日、松の内の違いは?

スポンサーリンク

正月には他にも三が日、松の内という言い方があります。それぞれ正月の何日までを表す言葉なのでしょうか。

三が日とは1月1日から3日までのことを指す言葉です。毎日忙しく働いている方も、三が日は休むことが多いですよね。法律で祝日と定められている元日と違い、1月2日と3日は法定外ではありますが、会社や官公庁は多くが休日としています。

三が日は歳神さまをお迎えしているため、してはならないことがあります。

三が日にしてはいけないこと

  • 掃除
  • 火を使うこと
  • 水仕事やお風呂
  • 刃物を使うこと
  • 大金を使う

火や刃物を使うことや、水仕事をしてはならないため、三が日はおせち料理を食べて過ごすわけですね。

松の内は三が日よりも少し長く一般的には1月7日までとなっていますが、地域によって期間は異なります。関東では1月7日まで、そして関西地方では1月15日までです。正月には松飾りを飾り、松の内の終わりまでは飾っておきます。そして松の内の期間が終わると、松飾りを片付けます。

お正月は三が日を指すこともあれば、松の内を指している場合もあります。お正月の定義としては1月の1ヶ月間を指すようですが、一般的にはお正月は、三が日や松の内の期間を指していることがほとんどです。

年賀状での使い方

元日は1月1日のこと、そして元旦は1月1日の朝のこと、だと2つの違いはわかりましたが、年賀状を書く時は「●●年 元日」と「●●年元旦」のどちらを使ったら良いのでしょうか。

年賀状の配達時間を考えると朝には届かないだろうから元日のほうが良いのだろうか、それとも新年の最初の挨拶だから早い時間を表す元旦のほうが良いのか、考えてみると迷ってしまいますよね。元日と元旦はどちらを使っても間違いではないようです。けれど、一般的には「元旦」が使われることのほうが多いです。新年の挨拶ですから、少しでも早くご挨拶したいという思いから、元旦という言葉のほうが選ばれているのでしょう。

年賀状は元日でも元旦でもどちらを使っても構いませんが、使い方には注意が必要です。年賀状の挨拶の言葉の最後に「1月1日元旦」または「1月元旦」と書くのは間違いです。なぜかといいますと、元日や元旦はもともと1月1日という意味が入っています。それなのに、1月1日や1月と書いてしまえば意味が重複してしまうからです。意味の重複はよくありませんから、必ず「●●年元日」または「●●年元旦」と書くようにしてください。

元日と元旦を正しく使い分けよう


同じく1月1日を表す言葉であっても、元日と違って元旦は朝を表す意味の言葉です。年賀状には元日と言ってもいいですし、元旦と言ってもいいですが、普段使う時は元日は1月1日の一日中、そして元旦は1月1日の朝だということを覚えておきましょう。年賀状に「1月1日元日」「1月1日元旦」と書いてしまわないよう、くれぐれもご注意くださいね。


コメントは受け付けていません。