煩悩とは?意味から数・使い方まで簡単に説明!

煩悩を捨てる、煩悩に惑わされるなど、煩悩という言葉はよく耳にしますよね。でも、「煩悩ってどういう意味?」と聞かれると答えにつまってしまう方も多いのではないでしょうか。

普段よく使う言葉でも、改めてその意味は何かと考えてみるとわからない、ということはよくあります。煩悩もそんな言葉のひとつ。間違った使い方をしないためにも、ここで改めて煩悩とは何かについて理解しておきましょう。

煩悩とは?

煩悩は仏教用語のひとつで「心身にまとわりついて心を乱す妄念や欲望」と言う意味です。人は誰しも欲を持っています。欲は悪いものではないのですが、何かを成し遂げようというときに邪魔になることがあります。それが煩悩です。

言葉を詳しく見ていくと、煩悩の煩には「わずらわしい」、脳には「悩み」という意味があります。何かに挑戦しようと思ったとき、人は躊躇することがあります。人が躊躇して挑戦するかどうか迷ったときにその人の頭の中をしめているのが煩悩です。

煩悩の数・種類

煩悩の数

人の煩悩は108個あると言われています。どうして108と決められたのでしょうか。煩悩の数が108と決まった理由は諸説あります。代表的なものをご紹介しましょう。

六根説(ろっこんせつ)

人間の五感である目、耳、鼻、舌、身に心である意を加えたものが六根です。六根は六塵(ろくじん)を生むという考え方があります。六塵とは、色、声、香、味、触、法のことです。文字だけ見てもわかりにくいですが、それぞれ映像、音声、におい、味、触感、そして心の動きを指します。六塵はさらに好、悪、平つまり、良い、悪い、どちらでもないの3種類に分かれ、さらにそれぞれが汚い感情を示す染と清らかな感情を示す浄に分かれます。そしてさらにそれはそれぞれ過去、現在、未来に分かれます。

六塵(6種類)x好、悪、平(3種類)x染、浄(2種類)x過去、現在、未来(3種類)=108

この計算式が成り立つことから、六根説では感情は108に分かれるとしています。

十纏(じってん)・九十八結(くじゅうはっけつ)説

無慚(むざん)、無愧(むき)、嫉(しつ)、慳(けん)、悔(け)、眠(みん)、掉挙(じょうこ)こん沈(こんじん)、忿(ふん)、覆(ふく)という人間を苦しませる煩悩を十纏といいます。煩悩の別の呼び方には「結」があり、この結は合わせて98あると言われています。そのため、十纏(10種類)と九十八結を合わせて108となります。

四苦八苦説

四苦八苦とはよく使いますよね。この言葉も仏教から来たものです。人間につきものである8種類の苦しみ

  • 四苦:根本的な苦しみである生(しょう)・老・病・死
  • 愛別離苦(あいべつりく)  愛する者と別離すること
  • 怨憎会苦(おんぞうえく) 嫌いなものと出会う苦しみ
  • 求不得苦(ぐふとくく) 求めるものが得られない苦しみ
  • 五蘊盛苦(ごうんじょうく) 五蘊(心身の苦痛)が盛んに起こる苦しみ)

から四苦八苦という言葉が作られました。四苦八苦、つまり4×9+8×9で108とする説です。

スポンサーリンク

除夜の鐘とは

毎年大晦日になるとお寺でつく除夜の鐘は、鳴らす数が108と決まっていますよね。それは煩悩の数が108あるからです。除夜の鐘は107回まで大晦日のうちについて、年が明けたときに最後の1回をつきます。除夜の鐘には新年が煩悩に惑わされませんようにという願いが込められています。

「三毒」とは?

煩悩の中でも人間を最も苦しめるものは「三毒」と呼ばれています。それが貪(とん)、瞋(しん)、癡(ち)です。少々難しい言葉ですが、この貪、瞋、癡は「欲」「怒り」「愚痴」を表します。

お金がほしい、褒められたい、そのためには人がどうなってもいいと人を騙したり押しのけたりする「欲」、腹が立って言ってはいけないことを言ったりやってはいけないことをして人生をダメにしてしまう「怒り」、幸せそうな人を見るとねたましく不幸を面白がる「愚痴」ーこの3つの煩悩をなくすと、人はゆったりと生きていくことができるでしょう。

煩悩の使い方


煩悩という言葉は、「煩悩にまみれる」「煩悩のかたまりみたいな人」というように、欲などにとりつかれた悪い人を表すときによく使われます。また、「煩悩にさいなまれる」など、怒りや欲、ねたみなどの悪感情に苦しめられているときにも使われます。いずれも煩悩はあまりいい意味では使われていません。

けれど煩悩は悪い意味にしか使われないわけではありません。子煩悩という言葉がありますよね。子煩悩とは親ばかと言われるぐらい、子供を非常にかわいがっている親を表す比喩表現ですが、こちらは決して悪い意味では使われていません。子供が大好きで、子供を大事に思っている良き親の意味で使われています。

「煩悩を捨てる」とは?

人の心を惑わせる煩悩、そんな煩悩を「捨てる」とはいったいどういうことなのでしょうか。

人は欲が強すぎると自分のコントロールができなくなる結果、人を傷つけます。自分の欲や愚痴、怒りばかりで人のことを考えずに自己中心的でいれば最終的には自分の身を滅ぼすこともあるでしょう。

煩悩を捨てると人は欲を持たなくなり、怒りや執着がなくなります。普通の人がすべての煩悩を捨てることは難しいです。けれど、煩悩を捨てて執着や欲がなくなれば、人はストレスがなく気持ちも穏やかになり、お金が無駄に減ることもなくなり、良い流れが生まれます。

捨てられなくてもコントロールを

悟りの境地に達している人であれば煩悩をすべて捨てているかもしれませんが、なかなか煩悩をすべて捨てることはできません。けれど、ある程度であれば煩悩をコントロールすることもできます。煩悩にまみれているといつかは自分を苦しめることになりますから、上手にコントロールするよう心掛けたいですね。

108つの除夜の鐘を聞くと、なんとなく落ち着いた気持ちになるものです。年末は除夜の鐘を聞きながら、煩悩を少しずつ払い、新たな年が良い年になることを願いましょう。


コメントは受け付けていません。