お正月の花はいつから飾る?縁起がいい種類と意味、飾る場所を解説

お正月の前には玄関に門松をおいたり正月飾りを飾るなど、いろいろ準備する方も多いですよね。家の外だけでなく中も正月らしい雰囲気にするなら、花を飾るのはいかがですか?花が家にあるだけで華やいだ雰囲気になるものですが、新年はお正月らしい花を飾ってむかえるのが一番です。今年のお正月は家に花を飾ろうと考えている方のために、正月にふさわしい花の種類や飾り方についてまとめました。

正月にふさわしい花の種類は?

お正月には縁起が良いと言われている次のような花を飾ります。

松竹梅

松竹梅は、どれも縁起が良いことから古くから中国でおめでたい時に使われてきました。
松は冬になっても枯れないことから長寿を意味します。

竹も松と同じく冬になっても枯れませんし、太くて頑丈なイメーがあることから、生命力や健康、そして成長を意味します。
そして梅は冬の寒い日にも負けることなく、一年のうちの一番最初に咲く花ですから繁栄を意味します。

見た目が華やかで高級感も感じられる蘭は、お祝いがあったときの贈り物にされることも多い花ですから、正月の花の定番となっています。

晩秋に寒くなってから美しい花を咲かせる菊は「生命力」を感じさせてくれます。中国では、菊の成分が体に良いため、不老長寿の花とも呼ばれていることから、実際に生命力を強くしてくれる花だとわかります。菊自体は秋の花ですが、最近では年中手に入れることができますし、正月のお花として使われるようになっています。

菊にも幾つかの種類がありますが、輪菊と小菊はお供えの花として使われることが多いです。正月にお供えの花を飾るのは縁起が悪く感じてしまうため、菊を飾る時に輪菊と小菊は控えましょう

千両、万両、南天

千両、万両は寒い冬の季節に鮮やかな赤い実をつけます。お正月という冬の時期は花や実が少ないですからおめでたいという象徴です。南天も同じく赤い実をつける植物ですが、難を通じて福をなすという意味があり、不浄を追い払う植物として、お正月には欠かせません。

葉牡丹

牡丹は百花の王とも言われるおめでたい花ですが、お正月の時期は咲きません。お正月は牡丹の代わりに、形がよく似ていて、牡丹の花のように葉が重なり合っていることから、葉牡丹がお正月の飾りとして使われます。

椿

スポンサーリンク

寒い時期でも花を咲かせる椿はとても美しいことからお正月飾りに使われています。椿の中でも特に白い椿は、新しい年の始まりにふさわしいですね。

水仙

香りが良くて美しい花を咲かせる水仙は、冬の寒いときでも雪の中で咲いて春の訪れを教えてくれます。仙人のようなイメージがあることから、水仙は高貴なイメージがあり、お正月飾りにも用いられています。

薔薇

見た目がぱっと華やかな薔薇は、春が長く続くという意味があり、縁起が良い花として知られています。日本では紅白の色合いにして飾られることが多いです。

「正月の花」いつからいつまで飾る?

正月飾りもそうですが、正月の花もいつからいつまで飾るべきなのか迷いますよね。正月の前にはクリスマスがあるため、クリスマスまでは家の中をクリスマスらしく飾っている方が多いです。ですから、正月の花を飾るならクリスマスが終わって片付けてからにしましょう。

遅くても28日にまでには飾り、29日から31日にならないように気をつけてください。29は「二重苦」、30日は旧暦の「大晦日」にあたり、31日は次の日がもう正月のため一夜飾りになって縁起が悪いとされています。

28日という日は八という末広がりの漢字が入っていることから縁起が良い日とされています。お正月準備で忙しいでしょうが、28日には短い時間で良いですからお花を飾るために使う時間を用意してくださいね。

28日までに飾ったら、基本的には松の内の間は飾っておくことにしてください。関東と関西では松の内に対する考え方が違います。関東ならば1月7日、そして関西では1月14日までですから、自分の地域がどちらに当たるのか、調べておきましょう。

正月に花を飾る場所は?

お正月は年神様をお迎えしますから、床の間がある方は床の間に置くことが一番です。お正月のお供え物である鏡餅と並べて花を飾るようにしてください。床の間がない場合は年神様がよく見えるように、座った目線よりも上に飾りましょう。そうでなければ、お客様を出迎える玄関に置くこともおすすめです。

お正月の準備のひとつ!お花を飾るのを忘れずに

クリスマスが終わってすぐにお正月となります。大掃除もしなければいけないし、お正月の準備はどこの家庭でも大忙しですよね。あれを出さなければ、これを飾らなければ、と準備をしていると、ついついお花のことは忘れてしまいがちですが、年神様をお迎えするためには、正月の花も大事です。美しい花があるだけで家の中は正月らしいおめでたい感じになります。松竹梅や蘭、菊、椿など、お正月にふさわしいおめでたい花を飾りましょう。

これ以外にも正月の時期に手に入る美しい花はたくさんあります。お正月に相応しいかどうかはお花屋さんに聞けばわかりますから、きれいで自分の家の雰囲気にあっていると思った花を購入して、ぜひお正月に飾ってくださいね。


コメントは受け付けていません。