タラバガニはヤドカリの仲間!アブラガニとの違いも解説

「カニの王様」タラバガニは高級食材の代表的存在ですよね。「今日はカニ」と聞けば、それだけで笑顔になれそう!でも、実はタラバガニはカニではなくヤドカリの仲間なんです。

カニではないのにカニと呼ばれている理由から、よく似ているアブラガニとの違い・見分け方までご紹介します。

タラバガニはヤドカリの仲間

タラバガニはエビやカニと同じ甲殻類の一種です。生物学上の正式な分類で言えば、タラバガニはエビ目ヤドカリ下目タラバガニ属に分類されます。ヤドカリ下目に入っていることでわかるように、タラバガニはカニではなく、ヤドカリの仲間です。

タラバガニと並んで二大カニと呼ばれるズワイガニは、カニ下目に分類されるため、生物学上もカニとなります。

カニとヤドカリの違い

同じ甲殻類でもカニとヤドカリはどうやって区別されているのでしょうか?ズワイガニとタラバガニで比べてみましょう。

ズワイガニの脚は5対10本です。しかし、タラバガニを見ると脚は4対8本しかありません。「じゃあヤドカリの脚は8本なの?」そう思いがちですが、ヤドカリにも脚は10本あります。けれど、一番後ろの足は小さくて甲羅の中に隠れてしまっているために、見た目には8本しか無いように見えるのです。タラバガニの一番小さな隠れた脚は、エラの掃除に使われているそうですよ。

タラバガニは右のハサミの方が大きいことが多いですが、左右のハサミの大きさが違うのもヤドカリの特徴です。タラバガニのように寒い海に起源を持つものは、右のハサミが大きいことが多いのに対し、暖かい海に起源をもつものは、左が大きいか左右同じくらいのことが多いと言われています。

また、タラバガニのメスは腹部が右に捻れていて左右対称になっていません。左右非対称であることは、ヤドカリの大きな特徴のひとつです。

さらに、歩き方を見てもタラバガニはカニとは違うことがわかります。カニは一般的に横方向しか移動できませんが、タラバガニは縦方向の移動が確認されています。味や見た目はカニでもタラバガニはカニとは違うところがいくつもあるんですね。

カニじゃないのにタラバガニと言うのはなぜ?

ヤドカリの仲間なのにどうしてタラバガニという名前がついたのでしょう。それはタラバガニの見た目にあります。たしかに見た目にはヤドカリというよりもカニに近いですよね。

スポンサーリンク

タラバガニの「タラバ」とは「鱈の漁場」という意味です。タラバガニはタラの漁場で取れることからタラバという言葉がつけられ、カニに似ていることから、「鱈場蟹(タラバガニ)」と呼ばれるようになりました。そうやってタラバガニという言葉が多くに人に浸透していった結果、タラバガニという名前は学術名にも用いられるようになり、現代もなお、タラバガニは名前を変えることなく、そのままタラバガニと呼ばれています。

カニではないのにカニという名前がついているのはタラバガニだけではありません。同じくヤドカリの仲間に、アブラガニや花咲ガニがありますが、こちらも見た目などの問題でカニと呼ばれています。

タラバガニとアブラガニの違い

どちらもヤドカリの仲間であるタラバガニとアブラガニは、見た目も良く似ています。アブラガニはタラバガニの代用品として利用された時期もありましたが、現在ではアブラガニをタラバガニとして売ることは禁じられています。

タラバガニとアブラガニを見分けるには、次のような違いに注目してみましょう。

ヘッダー項目1 タラバガニ アブラガニ
全体的に丸みがあり、横に広い 四角い形で、やや縦長
青色

脚の裏側に色素がある(紫色)

紫っぽい

脚の裏側に色素がない(白っぽい)

甲羅中央のトゲ 6個 4個
トゲがある 毛が生えている
3~4月 旬:2~3月

まず最初に、タラバガニとアブラガニは活きているときの色が違います。アブラガニは別名アオガニとも呼ばれいて、全体的には青みがかっているのが特徴です。ただし、茹でてしまうとどちらも赤くなるためわからなくなってしまいます。

もっともわかりやすい違いは甲羅中央のトゲの数で、タラバガニは6個あるのに対し、アブラガニは4個です。ただし、アブラガニの中にはトゲが2個のものや6個の物もあるので注意が必要です。わかりづらい場合は、裏返して脚の色をみてみましょう。タラバガニは脚の裏側に色素があり紫色をしているのに対し、アブラガニは脚の裏側に色素はなく、白っぽいです。タラバガニの脚は茹でると赤くなりますが、アブラガニの脚は色素がないため赤くなりません。茹でガニの場合は脚の裏を見て判断するのがポイントになります。

味については、茹でるとタラバガニは柔らかく甘味があり、アブラガニは筋っぽいとも言われますが、茹で方や鮮度にもよるので、安価に手に入るアブラガニを選ぶのもひとつの方法です。アブラガニは鮮度が落ちやすいと言われているので、なるべく早く食べ切るのがおいしくいただくコツですよ。

タラバガニとアブラガニは同じ仲間!どちらもおいしく食べよう

「高級でおいしいタラバガニ、似てるけど味はちょっと落ちるアブラガニ」そう区別している人もいるのでは?でも、アブラガニは安いですし、新鮮なものが手に入れば、おいしく食べることができます。シーンに応じて使い分けるなど、どちらもおいしく、賢くいただきましょう。


コメントは受け付けていません。