焼きそばはご飯に合う?関東と関西で違う理由とは

「焼きそばはご飯?それともおかず?」この質問に対する答えは、関東と関西では異なります。

関東の人に焼きそばと一緒にご飯を出すと「ご飯なんて多すぎるよ。焼きそばだけでいいよ。」と言われてしまいますし、関西の人に焼きそばだけを出すと、「ご飯はないの?焼きそばだけなんて物足りないよ。」と言われてしまうでしょう。関東の人にとって焼きそばはご飯と同じ主食なのですが、関西の人にとって焼きそばはあくまでもご飯と一緒に食べるおかずの一つなのです。

同じ焼きそばなのにどうして焼きそばに対する考え方が関東と関西では違うのでしょうか?関東と関西の焼きそばの違いはどこにあるの?どうして関東と関西の焼きそばは違うの?

関東と関西の焼きそばの違いについてまとめました。焼きそばのカップ麺の好みの違いについても併せてご紹介します。

焼きそば 関東と関西の違い

関東と関西の焼きそばは、麺と味付けに違いがあります。

細麺にウスターソースの関東風

関東で昔から食べられている一般的な焼きそばは、中細から細麺にウスターソースをかけたものです。

関東風の麺には蒸し麺が使われることが多いです。蒸し麺の中でも深蒸しや二度蒸しの麺が使われることもあり、関東風の麺は麺自体が茶色いものもあります。口に入れた感じは、ゴワゴワしてコシのある麺です。

麺と一緒に入れる具はキャベツや肉ですが、関東風はあまり具は多くなく控えめにします。そして合わせるソースはちょっと酸味が効いているウスターソースがもっともしっくりきます。関東風の焼きそばは全体的にさっぱりしています。

関西風は太めの麺に甘めのソース

関西風の麺は蒸し麺も使いますが、粉もの専門店などでは茹で麺が使われます。関西風の焼きそばはもちもちした食感が好まれており、蒸し麺が使われるときもコシがあるものというよりも茹で麺と同じようにもちもちした食感になる太麺が選ばれます。

関西風の焼きそばは具が大きめなことが特徴です。肉もキャベツも大きめにカットされたものが入っています。合わせるソースは甘めで、ウスターソースにみりんなどを加えたり、お好み用のソースをブレンドしたりしています。関西風の焼きそばはさっぱりしているというよりも濃厚な味わいがあります。

関東と関西で焼きそばが違う理由

スポンサーリンク

関東と関西ではどうして焼きそばが違うのか?これは食文化の違いにあります。

うどんとそばのどちらが好き?と聞かれて、そばが好きと答える関東の人は多いです。そばをたべるときは、今では茹でて食べることが一般的になっていますが、以前はせいろで蒸しあげて食べることが一般的でした。蒸しあげるよりも茹でたほうがおいしいという方もたくさんいらっしゃるでしょうが、お蕎麦屋さんに行くと「せいろ」という蒸し麺を使ったそばも売られています。関東では、もともと蕎麦の名残から蒸し麺を受け入れてきたのです。

しかし関西の人にうどんとそばのどちらが好き?と聞いてみますと、うどんと答える人が多いです。関西ではそばよりも茹でて食べるもちもちしたうどんが愛されてきたのです。関西の人は、茹でたてのうどんをそのまま味わう釜揚げうどんもよく食べます。

関西の人はごわごわした食感の蒸し麺よりももちもちした茹で麺を好んできました。ですから、太麺でうどんのようなもちもちした感じの焼きそばが好まれるようです。

カップ焼きそばと言えば?

日本全国で売られているカップ焼きそばにはいろいろな種類があります。その中でどれが好き?と聞いてみると、関東の人はペヤングと答える人が多いですし、関西の人はU.F.Oと答える人が多いです。好みの違いはどこから来るのでしょうか?関東と関西のカップ焼きそばの好みの境界線も気になりますね。

関東で圧倒的な人気を誇るペヤングは、現在は全国で売られているものの以前は関東でしか売られていないカップ焼きそばでした。関東の人は小さなころからずっと食べてきたこともあって、ペヤングには懐かしさ、そして親しみを感じます。ペヤングは関東好みのさっぱりした味わいが特徴で、スパイスもきいています。スパイシーな味が好きという人はペヤングのファンのようです。

関西でカップ焼きそばは?と聞くと、最も多くの人がU.F.Oと答えます。U(うまい)F(太い)O(おいしい)をとって名前が付けられたU.F.Oは太麺好きな関西の人に好まれたのでしょう。U.F.Oを食べてみると、太麺というだけでなく関西の人好みの濃厚な味わいだということがわかります。焼きそばの濃厚なソースは、濃厚なソースで有名なオリバーソース社から出ている「オリバーとんかつソース」の流れがあるからなようです。濃厚な味付けが好きな関西の人に合わせて、U.F.Oは濃厚な味を特徴にしています。

ペヤングの好きな関東の人とU.F.Oの好きな関西の人、その境界線は静岡と愛知の県境から岐阜を通過して新潟や富山の県境付近まで伸ばしたところにあります。その境界線から北側が関東側、南側が関西側になります。

関東と関西の焼きそばを食べくらべてみよう

関東の人はさっぱりしていて酸味がある焼きそばが小さいころから当たり前ですし、関西の人は濃厚な味わいでもちもちした焼きそばが当たり前です。

関東の焼きそばを食べればご飯を食べなくても物足りなければ焼きそばをおかわりすればいいとなりますし、関西の焼きそばを食べれば、一緒にご飯が食べたくなります。本当に?と思う人は一度食べてみてください。そうすれば、どうしてご飯がいらないのか、またはご飯が欲しくなるのかわかりますよ。


コメントは受け付けていません。