卒業式は子どもが主役!ママの服装を小・中・高校別にご紹介

卒業式の時に何を着ようか、そして靴やバッグはどうしようか、気になっている母親は多いのではないでしょうか。卒業式の日には多くの父兄がいてお互い見られていますし、クラスで、または子供と記念撮影しますから後に残ることを考えて服装は適当というわけにはいきません。

けれど、ここで一つ覚えておいていただきたいのは主役は子供たちだということです。もちろん母親も卒業式にふさわしいおしゃれは必要ですが、主役は子供たちなので一歩下がった控えめなファッションにすることを考えましょう

卒業式はスーツ、着物、洋服のどれがよい?

卒業式に出席する場合、父親はスーツを着ればなんの問題もありません。けれど、母親はスーツにするか、それとも着物にするか、ワンピースなどの洋服でもよいか、選択肢があるだけにどうしたらよいか迷います。

日本人の正装といえば着物ですから卒業式というフォーマルな場には着物がよいという意見もありますが、着物は着付けるのも大変ですし、動きにくいという難点もあります。普段から着物を着慣れているという方なら着崩れてもすぐに直すことができますし、着物を着て動くのも平気なので問題はないでしょうが、着物はあまり着たことがないなら無理をすること無く、スーツ、またはワンピースを選ぶようにしましょう。

卒業式の服装で注意すべき点は?

卒業式の母親の服装で注意したい点を小学校・中学校・高校のそれぞれについて押さえておきましょう。

小学校のママもほどよく大人な服装で

小学校の卒業式を迎える母親はまだ年齢も若いですから、普段はかわいい感じの服装が多いという方もいらっしゃるでしょう。そういう方は卒業式の服装を選ぶときもかわいい感じのものを選んでしまいがちですが、卒業式はシンプルな服装を選ぶ方が多く、かわいすぎるワンピースやスーツを選ぶと周りから浮いてしまいます

ファッションに自分らしさを出すこともよいのですがやりすぎは禁物です。少しフリルが入っているなど、おとなしめなかわいいデザインであれば特に問題はありませんが、フリルが入ったワンピースにはシンプルなノーカラージャケットを合わせるなど、ほどよく大人の落ち着いた雰囲気に仕上げるよう気をつけてください。

中学校のおかあさんはスカート丈に注意!

中学校の卒業式を迎える母親は、小学校の卒業式よりも年齢が上がる分だけ服装も落ち着きを求められます。スーツやワンピースを選ぶときに黒を選ばなければいけないわけではありませんが、グレイやネイビーを選ぶ場合は、明るめではなくシックな暗めの色を選んでください。

また気をつけていただきたいのはスカートの長さです。普段は膝が見えるぐらいの長さのスカートを履いている方もいらっしゃるでしょうが、中学校の卒業式を迎える母親にふさわしい落ち着いた感じを出したければ、膝が隠れるぐらいの長さのスカートが理想です。スーツを選ぶ時は必ず試着して、膝が隠れているかどうか、スカートの長さをチェックするようにしましょう。

スポンサーリンク

高校の卒業式は自分なりのこだわりを取り入れて

高校の卒業式を迎える母親は、落ち着いた中にも自分らしい服装をする方が増えてきます。中学校の卒業式まではリクルートスーツのようなスーツが多いですが、自分の好きなブランドのスーツを選ぶなど、色は抑えめでもちょっとお金をかけて上質なものを選びます。

自分がきれいに見えるようにするためにはどんなデザインの服が良いかを考えて体型を隠せるようなワンピースタイプのものを選んだり、地味な服装でも華やかに見えるように生花のコサージュを付けるなど、決して派手ではありませんが個性を追求する方が増えてきます。高校の卒業式は自分なりのこだわりをファッションに取り入れることが必要なようです。

卒業式のスーツに合う靴やバッグは?

卒業式のスーツが決まったら、それに合う靴やバッグが気になりますよね。卒業式にふさわしい靴・バック選びのポイントをご紹介します。

靴は黒のパンプスがベスト!

スーツに合う靴といえばなんといってもパンプスです。パンプスにもいろいろなタイプのものがありますが、卒業式のスーツに合わせるには、シンプルで飾りがあまりないものを選ぶようにしてください。ヒールの高さもあまり高すぎると派手になってしまいますから、5cm程度のヒールを選ぶこと、そしてピンヒールでなく歩きやすくしっかりした太めのヒールのものを選ぶことがおすすめです。

靴の色は黒が基本ですが、暗めの色ならスーツに合わせてもよいですしダークグレーなども素敵ですよ。

バッグは手提げのフォーマルが基本

スーツに合うバッグは手提げのフォーマルバッグが基本です。大きさは携帯やハンカチなど必要なものが入るものであればよいので、持っていないという方は結婚式など他のフォーマルなお呼ばれの席で使えますので一つ持っていると良いですよ。

手提げのバッグでなければショルダーバッグもおすすめです。黒のレザーのショルダーバッグならば、フォーマルな席に合いますし、肩から下げられれば持つときも楽で使いやすいです。

卒業式には自分の年齢に合うおしゃれな服装で出席しよう

卒業式の主役は子供たちだということは念頭に置かなければいけませんが、母親として卒業式という場にふさわしい身なりで出席することは必要です。

小学校、中学校、そして高校と子供たちが大きくなっていけば自分たちの年齢も上がります。年齢よりも老けて見えてしまう、または若すぎるファッションでは決しておしゃれとはいえません。卒業式らしく抑えめではありますが、自分の年齢に合う素敵な服を探してください。


コメントは受け付けていません。