制汗剤の種類と特徴を解説!目的に応じて使い分けるのが◎

夏の暑い日は特に、満員電車の中や短い時間のお出かけでも汗ぐっしょりになることが多いですよね。そんな時に気になるのが「汗の臭い」です。周りの目が気になって、出かけることすら嫌になってしまっていませんか?汗を気にせず楽しくお出かけするための心強い味方が「制汗剤」。制汗剤を上手に利用すれば、毎日さっぱり、ぐっしょり汗とさようならできますよ。

制汗剤の機能

制汗剤には汗を吸収する効果がある吸収剤と、汗が出ないように抑える効果がある収れん剤が配合されています。

制汗剤を塗れば吸収剤の効果でべたつくことを抑えることができますし、収れん剤の働きで汗腺を収縮させることができるので、汗自体の量を減らすことができます。

制汗剤選びのポイント

制汗剤を選ぶ時は、まず使う目的をはっきりさせることが大切です。汗の量によって選ぶ制汗剤は異なります。汗がそれほど出ないけれどさっぱりさせたいだけならそれほど強力なものでなくても良いですが、汗の量が多い方は強力なものを選ぶべきです。

また汗の量を抑えるというよりも汗が出たことによる体臭が気になるという方もいます。その場合は汗を抑えるだけでなく、殺菌や消臭効果の高い成分が入った制汗剤を使う必要があります。目的に応じて、そして体質に合わせて制汗剤は慎重に選ぶようにしてくださいね。

制汗剤を使うときの注意点

制汗剤を使うときには、次の点について気をつける必要があります。

必要以上に使いすぎないようにする

制汗剤は使えば使うほどよいというものではありません。汗が気になるからといって使いすぎれば、肌から潤いを奪ってしまい肌を乾燥させてしまうこともあります。肌は乾燥すればみずからを潤わすために皮脂を過剰に分泌させてしまうため、制汗剤の使い過ぎは肌をべたつかせてしまうこともあります。そうなると、肌から嫌な臭いが出ることも多いですから、気になるからと言って使いすぎないようにしましょう。

香りの強いものを選ばない

制汗剤の中には無香料のものもあれば香りがあるものもあります。体臭が気になる方は、臭いを隠そうと思ってよい香りがする制汗剤を選びがちですが、体臭のある方は特に、香りの強い制汗剤を選ぶことは危険です。体臭を隠そうと思ってよい香りのものを選んでも、かえって体臭と香りが混ざるために嫌な臭いに変わってしまうことも多いです。体臭が気になる場合は無香料のものを選ぶのがおすすめです。

制汗剤の種類と特徴

制汗剤には次のような種類があります。それぞれの特徴をご紹介します。

パウダースプレー

 

制汗剤の中でも最も多いタイプのものがパウダースプレーです。脇の下など汗が気になるところにさっと一吹きすることで肌をサラサラにできる、最も扱いやすい制汗剤です。

汗や臭いをさっと抑えることができて使いやすい制汗剤ですが、パウダースプレーはそれほど汗を抑える効果は強くなく、効果が持続する時間も短いです。スポーツの後に出た汗の臭いが気になるなど、普段はそれほど汗をかかない人におすすめです。

スポンサーリンク

ローション

手にとって肌に直接塗るローションタイプの制汗剤は、ひんやりとした塗り心地で気持ちよさがあることから、お風呂あがりやスポーツの後などに全身に塗って使うことが多いです。しかし、手で塗り込まなければならないために面倒ですし、制汗剤としての効果は弱いものが多いというデメリットがあります。

シートタイプ

汗が出た後さっぱりさせたいときに、汗を拭き取るだけでさっぱりさせられるシートタイプは、どこでも手軽に使えるので人気があります。脇の下や首の後など、汗を書いて気持ち悪いときも、シートタイプの制汗剤があればすぐに拭き取ることができます。しかし、消臭効果自体はそれほど高くないですし、冬は冷たいので使いにくいというデメリットがあります。

ロールオンタイプ

脇の下など気になるところに簡単に塗り込むことができる液体の制汗剤が、ロールオンタイプです。ロールオンになっているために手で塗るよりも全体にまんべんなく塗り込んで消臭することができます。その反面、ロールオンの部分に雑菌がついてしまって制汗剤の本体に入り込んでしまう危険もあり、液体が脇にしみたり、洋服がシミになるデメリットもあります。

スティック

消臭成分を肌に直接塗り込むスティックは、しっかり成分を肌に浸透させることができるので、ワキガの方にもおすすめの制汗剤です。手を汚さずにつけることができるのもメリットです。しかし、汗が出るのを防ぐ効果はそれほど高くないため、汗っかきの方は効果を実感しづらいようです。

クリーム・ジェル

しっかり塗り込むことで汗と臭いを同時に抑えることができるため、制汗剤としては最も効果が高いタイプです。脇以外にもいろいろな場所に使うことができ、強いワキガで悩んでいる方でも、このタイプの制汗剤があれば安心です。

クリアネオ

制汗剤の効果的な使い方

汗を抑えるために使う制汗剤は、汗がダラダラ出ている状態で使っても成分が汗と一緒に流れ落ちてしまうため効果が出にくいです。制汗剤を使う時は、その前に汗をしっかりとって清潔な状態にしてから使うようにしましょう。

汗をかいた後にさっぱりするために制汗剤をつける方も多いですが、制汗剤を使うのは基本的に汗をかいた後よりも汗をかく前です。家を出る前など、汗が出る直前に使うのが効果的です。汗をかいて気持ち悪い時は、シートタイプの制汗剤で汗を拭うといいですよ。

制汗剤を上手に使い分けて気持ち悪い汗とさようならしよう

制汗剤にはたくさんの種類がありますが、自分の体質と用途を考えて使い分けることで、気持ち悪い汗とさよならすることができます。

普段はたいして汗をかかないという方はスプレーパウダーでよいですが、ワキガがひどいという方は、クリームやジェルタイプのものを使ってしっかりケアしましょう。汗をかいたあとでさっぱりさせたいときは、シートタイプの制汗剤で拭き取るのがいいですね。汗を抑えることができれば夏の暑い日のお出かけも心配ではありません。夏を楽しく過ごすために、制汗剤を上手に使ってくださいね。


コメントは受け付けていません。