「新米」っていつから?時期や保存方法、おいしい炊き方を解説!

まだ暑い日が続いていても暦が夏から秋に変わる頃、新米が店で売られるようになります。とれたての新米はもちもちしていてとても美味しいですよね。「新米入荷!」という文字を見て新米が入ってきたことに気付いて購入する人は多いですが、新米はいつから出るのか時期を知っていますか?「早く新米が食べたいけれどいつから食べられる?」と待ちきれないお米が大好きな方のために、新米の時期と美味しい食べ方をご紹介します。

「新米」の定義

秋のはじめになると新米と書かれた米がたくさん出てきますが、いつの間にかなくなりますよね。新米には以下の2つの定義があり、その条件に当てはまらないと新米とは言えません。

米穀年度による定義

米は収穫される時期で米穀年度というものが食糧管理法で決められています。米穀年度は11月から次の年の10月までで、その年度に収穫されたものは新米、そして前の年度に収穫されたものは古米です。

しかし、現在は早場米といって米の収穫は7月から8月という早い時期に終わるものが主流となっていて10月にはどこでもほぼ収穫が終了しています。そのため、この米穀年度で新米を定義するのは、実際の収穫時期を考えるとちょっと合わない状態です。

JAS法にによる定義

日本農林規格等に関する法律(JAS法)では、「玄米及び精米品質表示基準」で新米を定義しています。それによると、収穫された年の年末までに精白して梱包をした玄米や精米のみが新米と定められており、新米は年内から翌年の春までに店頭に売られたもののみです。

新米の時期

新米は産地やブランドによって時期が異りますが、西の方から北上して行きます。一番早い九州の宮崎県などは8月の初めから新米が出始め、関東では8月の下旬から9月、そして新潟は9月下旬、東北は10月上旬と北上を続けます。早く新米を食べたいという方の思いに応えて、最近では早場米も多く登場するようになりました。早場米の収穫は1ヶ月ほど早いため、早い地域では7月から新米が売られます。

「お気に入りの銘柄の新米はいつから?」と気になる方のために、ブランド米の新米の出荷時期をご紹介します。

ブランド米の新米が出始める時期

  • ななつぼし(北海道) 10月上旬
  • ひとめぼれ(秋田県) 10月上旬
  • あきたこまち(秋田県) 10月上旬
  • こしいぶき(新潟県) 9月上旬
  • コシヒカリ(新潟県) 9月下旬

新米のおいしい食べ方

スポンサーリンク

新米は美味しいはずなのにいつもと同じように炊くと「べちゃべちゃして美味しくなかった!」と言うことになりかねません。新米は古米と炊き方が少し違いますから、以下のことに注意しましょう。

まずは水加減です。新米は古米よりも水を多く含んでいるために同じ水加減では多すぎてしまいます。だからといって水を減らしすぎると硬くて美味しくないご飯になってしまいますから、いつもより10%ぐらい減らすようにします。だいたい炊飯器の目盛りで言えば1mmか2mm下、と考えればよいでしょう。

美味しく食べるためには研ぎ方も重要です。研ぎすぎるとお米が傷ついてしまいますから、3回程度にとどめること。30分ぐらい水を吸収させてから炊飯器のスイッチを押すとちょうどよいです。

せっかくの新米ですから食べ方としては、ほんのちょっと塩味をつけるだけの塩むすびがおすすめです。お米そのものの味を楽しむためには、薄い塩味がぴったり。栄養価の高い卵を上にかけたたまごかけごはんもいいですね。いつもよりちょっと高級な卵を買ってきて、セレブ気分を味わうのも素敵です。

新米の保存方法

いつまでも美味しく食べるためには、保存方法にも気をつける必要があります。長く美味しさを保つためには温度や湿度が低くて日の当たらない場所が良いのですが、新米の出る時期はまだ暑いですから置き場所に困りますよね。おすすめは冷蔵庫の野菜室です。ペットボトルやジプロックに入れ替えて、野菜室で保存しましょう。そうすれば、通常の2倍ぐらい新米を美味しいまま長く保つことができますよ。

常温で20日以上置いておくと新米も風味が落ちてしまいます。一人暮らしの方などはなかなか消費しきれませんが、お米を買う時は20日以内で食べ切れるぐらいの量を買うようにしてください。難しければ早めに野菜室で保管しましょう。

とれたての新米を美味しく食べよう

お店で売られているお米に新米の表示を見ただけでご飯が大好きな人はウキウキして来ますよね。「今年は早く新米が出ないかな~」と待ちきれない人もいるでしょう。早場米が出たこともあり、最近では早く新米が店頭に並べられるようになりました。新米が出るとうれしくなって大量買いをしたくなる方もいますが、美味しく食べるためには20日以内で食べ切れる量を考えて買うようにしてくださいね。

新米で作ったおにぎりは、なんとも言えない最高の味わいです。新米で作ったおにぎりがあればおかずなんていらない!という美味しさですよ。この時期ならではのお味を楽しみましょう♪


コメントは受け付けていません。