片付けとは?整理整頓、収納との違いについて考えてみた

家の中がきっちり片付けができているとすっきりしていて気持ちが良いものです。誰かが急に家に来る、ということになっても片付けがいつもできている人なら安心、いつでも呼ぶことができます。その一方でどうやって片付けたらよいかわからない、片付けたはずなのにまたいつの間にか元通りの状態になってしまって結局片付かないなど、片づけに悩んでいる人も多くいます。片付けができていない人は急に人に来られたらパニックですよね。

どうしたら片付けができるのでしょうか?片付けの定義について改めて考えました。整理整頓や収納、断捨離との違いについてもお話します。

片付けとは

片付けはただ物を見えないところに於けばよいというものではありません。片付けとは、モノを将来使いやすくすること、予測して備えることを意味しています。

いつも同じところにものを置くようにしていたら、いつでもすぐに必要なものを見つけることができますよね。けれど、置き場所が決まっていないと、いつも必要なものを探さなければいけなくなるので、なかなか見つからないことにイライラしてしまいます。すぐに見つかればイライラもありませんし時間の節約にもなります。片付けはとても大事なことなのです。

本ならばとりあえず本棚に押し込めばよい、モノはダンボールに押し込めばよい、そんな風にしていれば、どこに何があるかわからなくなってしまいます。そのものをどこに置けばよいか、一つ一つ考えてやることが片付けなのです。

整理整頓、収納との違い

片づけは整理整頓や収納とは違います。それぞれの意味と違いについて見ていきましょう。

整理整頓とは

よく整理整頓と言いますが、整理と整頓は同じものではなくそれぞれに違った意味があります。

整理とは

整理とは無駄なものを取り除き、乱れたものをきちんとした状態にすることです。たくさんものが部屋の中にあふれているけれど、必要なものもあれば不要なものもあります。自分にとって何が必要で何が不要なのかを見定め、必要なものは残して、不要だと思ったものについては捨てたり売ったり、または人にあげたりして処分する、そして必要なものについてはきちんとした場所に置くことが整理です。

整頓とは

整頓とは乱れてしまったものを定位置に戻して整えるときに使う言葉です。読もうと思って、または調べようと思っていろいろ出した本がぐちゃぐちゃに積み重なってしまって何がなんだかわからなくなることってありますよね。または仕事や勉強で必要な資料があるのに、資料がいろいろあってなかなか必要なものが見つからないということもあります。そんなときに行うのが整頓で、乱れたものを整え、正しい場所に配置します。

スポンサーリンク

収納とは

収納とは、品物をしまっておさめることを意味します。使いたいものがあってそれをすぐに出したいと思っていても、引き出しの奥の方に入っていて取り出すのが大変なことがあります。ここでやっておきたいのが収納です。しょっちゅう使うものについては引き出しの奥などではなく、いつでもすぐに使うことができるように、取り出しやすい場所に収めるようにしましょう。

片付けと整理整頓、収納の違い

片づけと整理整頓、そして収納はどれも家や部屋の中をきれいにするという点では同じなのですが、意味合いが少しづつ違います。

必要なものと不要なものを分けて不要なものについては不用品として処分することが整理です。ですから、引っ越しの荷物に対しては「整理する」という言葉が合っています。引っ越しでは不要なものは捨てて、必要なものだけを片付けますよね。

処分するのではなくものを置くべき場所に置くときに使うのが「整頓」です。整頓という言葉は、たとえば旅行に行ったときなどに、ホテルに着いた後、荷物をわかりやすくバッグに詰め直すときに使います。

子供部屋などが遊んだおもちゃなどで散らかっているときにお母さんが「お部屋を片付けなさい!」と言ったりしますよね。おもちゃを整理して、さらに整頓しておもちゃ箱の中にしまう、それこそ片付けです。

捨てることはなくただ洋服などをたんすにしまうときは「収納」です。洗濯し終わった洋服などは、次に着るときまで洋服だんすなどに「収納」します。

断捨離との違いは?

どちらも不要なものを捨てるという点では同じですが、断捨離と片付けとは意味合いが違います。

断捨離は片付けの一歩先にあります。断捨離の断には不要なものを断つこと、捨には不要なものを捨てること、離にはものへの執着心をなくすという意味があります。必要なものを元あった場所に片付ける片付けとは違い、断捨離にはものへの執着心をなくすという意味が込められています。

片付けをしていると自分にとって何が必要で何が必要ではないかがわかってきたりしますよね。自分にとって必要のないものだとわかったものについては、もう執着せずにどんどん捨てていく、片付けることでわかった自分の意識を人生に反映させることが断捨離です。

片付けをして部屋をきれいに

お片付けしなさい!と小さな頃からよく言われていたけれど、いつも全然片付けられなかった、そんな思い出のある方もいらっしゃるでしょう。このままではいけない、そう思ったときこそ片付けのチャンスです。

乱れた部屋に置かれたものをただ収納するだけでは片付けではありません。まずは必要なもの、不要なものを見分けたら、必要なもの、普段から使うものを、取り出しやすい場所に片付けていきましょう。片付け終わった部屋はきれいで気持ち良いですし、いつお友だちが来ても平気で家に上がってもらえますよ。


コメントは受け付けていません。