ミニマリストとは?「持たない暮らし」のコツをご紹介

暮らしていくためにはある程度のものが必要なことはわかっていますが、あれも必要、これも必要だとつい買いすぎてしまって、家の中に物が溢れてしまっているということはありませんか?そこで考えたいのがミニマリストの暮らし方です。

ミニマリストの暮らし方ができるようになれば、家の中がスッキリ片付きますし、物が多いときに感じる圧迫感もありません。スッキリした部屋の中で過ごせば、気分も晴れやかになります。さらにものが少なければ掃除も簡単にできるから、掃除も楽しくなってさらに部屋もきれいになる、そんないいことばかりのミニマリスト。

でもミニマリストの暮らし方をするにはどうしたらよいかわからない、どうやって捨てるものと捨てないものを分けたら良いのかわからない、そういう方も多いでしょう。スッキリ気持ち良い生活をおくるために知っておきたいミニマリストについてお話します。

ミニマリストとは

そもそもミニマリストとは何のことを言うのでしょうか。ミニマリストとは、「Minimal(最小限の)」という英語から派生して作られた造語です。ミニマリストとは、持ち物をできるだけ減らして必要最小限のもので暮らす人のことを指します。

このミニマリストという言葉は2010年前後から海外で使われるようになりました。ものをたくさん持っていれば豊かに生きられるというわけではありません。そればかりかたくさんのものに囲まれていて本当に自分が必要なものが何なのかがわからなくなっています。

自分にとっていらないものを捨てていく断捨離という考え方がありますが、それとミニマリストは似ているところがあります。自分が本当に必要だと思うものだけで暮らすほうが、かえって豊かに暮らすことができます。ミニマリストの暮らしを続けることで、人は安楽かつ豊かな気持ちでいられるでしょう。

ミニマリストに学べ!捨てる極意

ミニマリストは必要以外のものを持たない暮らしです。ミニマリストの暮らしをするためには新しく必要ないものを買わないということもありますが、いらないものを処分する必要もあります。でも処分するというのはけっこう難しいもの。ものを捨てるためにはどのようなことに気をつけたら良いのか、ミニマリストに学ぶものを捨てるコツは以下のとおりです。

スポンサーリンク

ものを捨てるなら朝やる

ものを捨てるところまでは決まっても、やるのは家に帰ったらにしようなど、先送りにしてしまって結局は全然作業が進まないということも多いものです。たしかに、仕事で疲れて帰ってくると結局は今日はやめた、明日にしようと思ってしまいますよね。先送りにしていては、いつまでたっても捨てることはできません。いつ作業をするか、スケジュールを考えるときは、「疲れた」などの言い訳ができない朝起きてすぐに始めることに決めましょう。

買戻せるものから捨てていく

これは要らないのでは?と考えていくとどれも要らないような気がして、何を捨てるところから始めたらよいかわからず作業が進まないことがあります。そんなときのポイントは買い戻せるものから捨てるということです。ボールペンなどすぐにまた買えるものが何本もあったら、一本にしても問題はありませんよね。

捨てないほうが良いものは思い出があるものです。アルバムや思い出の詰まった家具などは捨ててしまうと後悔することがありますから、よく考えてからにしましょう。洋服も着古してヨレヨレのものから捨てていけば、後悔することにはならないはずです。

迷ったものは捨てる

片付けながらこれは捨てる、これは捨てないと分けていると、これはどうだろう?と迷うものも出てきます。きっといつか必要になるはずと取っておいたとしても、使わずに年月がたってしまったものはありませんか?捨てようか迷ったということは、必要だとは思っていないということです。本当に必要ならば迷うことはないので、迷ったら思い切って捨てましょう。

なぜ捨てることになったのか、その理由を考える

ミニマリストの暮らし方をするためには、自分にとって何が必要なのか、見極めなくてはいけません。そのためには見極める目を養わなければならない、ということで、捨てようと決めたものを見て考えてください。本当は必要がなかったのに、人に勧められたから買ってしまったものなどは、結局捨ててしまうことが多いでしょう。捨てるものを見ていくと、自分の価値観が見えてきます。

自分にとって何が大切なのか、それがわかってくると、要らないものを買うことが少なくなってきますから、これからのために、捨てるものに対してなぜ捨てることになったのか、見ていって自分を自己分析してください。

捨てたくないものは捨てない

人によって価値観は違います。自分にとって大切なものは、相手にとっては必要ないものかもしれません。その反対に、他の人は捨てるかもしれないけれど、自分にとっては大切なものもあります。人の考えではなく、自分が捨てたくないと思ったものは捨てないで取っておきましょう。

大切なものだけに囲まれる豊かな暮らしをしよう

要らないものを捨ててシンプルな暮らしをする、これは心豊かに気持ちよく暮らすために大切なことです。自分にとっていらないものばかり置いていても意味がありません。片付ける、という日を決めたら朝起きてすぐにごみを捨てるところから片付けを始めましょう。自分にとって大切なものだけに囲まれるミニマリストの暮らし、それができれば家の中が最高に幸せな空間になるはずです。


コメントは受け付けていません。