お中元の時期は?意味・由来からマナー・相場、おすすめギフトまでご紹介

毎年当たり前のように親戚や上司にお中元を贈っている人は多いですが、お中元を贈る意味やマナーについては知っていますか?お世話になった方に贈るということはわかっていても、意味まではわからないと言う方も多いのではないでしょうか。相手に失礼に当たることがないように、マナーも知っておきたいですね。お中元の時期からマナーや相場、おすすめのお中元までご紹介します。

お中元の意味

お中元は、中国の三大宗教の一つである道教の習俗から来ています。道教では1年を3つに区切って「上元、中元、下元」としているのですが、お中元は真ん中の時期で、7月15日に当たります。道教ではこの日を人間贖罪の日として、神様を祀って懺悔を行ってきました。

このお祭りが仏教で言う祖先を供養するお盆と勘違いされるようになり、江戸時代になると親戚や知人の方が供養に訪れるようになります。供養に来てくれた方へのお礼に贈り物をする習慣がだんだんお世話になった人へのお礼に贈り物を送るという習慣に変わり、現在のようなお中元という形が一般化したようです。

お中元の時期

お中元の時期は地域によって異なりますので注意が必要です。

  • 関東地方 7月1日から15日
  • 関西地方 7月15日から8月15日

お中元はもともとお盆のお礼に送るものでしたから、お盆までには送らなければいけません。お盆は7月15日ですが、関東は新暦を使うために7月15日、そして関西地方では旧暦を使うために1ヶ月後の8月15日になります。1ヶ月もの差がありますから、関西から関東に送る場合は特に常識知らずと思われてしまうかも。

お中元の時期については、地域によって考え方が違います。関西地方に合わせていますと、関東や東北では遅いということになってしまいますから、迷ったら早めに送ったほうが良さそうです。

お中元のマナー

お中元を贈る相手や相場、おすすめの品などお中元のマナーについて見て行きましょう。

お中元を贈る相手について

お中元は誰にでも贈ってよいのではなく、公務員や政治家の場合は物品の贈与の受取が禁止されているために基本的に贈ることは許されていません。「お世話になったから」と贈りたい気持ちになることもあるでしょうが、親戚や親しい人同士以外であればやめておいたほうが良いでしょう。

年賀状などを出すことができない喪中の方にお中元を贈ってよいかも悩むところですが、お中元は感謝の気持ちを伝えるものですから贈っても構いません。ただし、四十九日が過ぎていないようであれば少し遅らせて残暑見舞いとして贈ること、そしてお中元ののしは紅白の水引が入っていないものにしてくださいね。

 

お中元の相場は?

お中元は高すぎるものを贈ってしまうともらった相手が負担に感じてしまいます。特別にお世話になった相手であれば10,000円程度のものを贈ることもありますが、お中元の相場としては、だいたい3,000円から5,000円の間です。

スポンサーリンク

お中元の時期に遅れたらどうしたらよい?

関東地方などはお中元の季節が短いですから、気がついたらお中元の季節を過ぎてしまうこともあります。7月15日をすぎても8月7日の立秋より前であれば暑中見舞いとして贈ることもできますし、それをすぎても残暑見舞いとして贈ることができます。時期が過ぎてしまったらお中元として贈るのではなく、同じものを贈る場合でも暑中見舞い、または残暑見舞いにして贈りましょう

お中元を贈ったらお歳暮も贈るべき?

お中元には半年間のお礼とともに「夏の暑さに負けませんように」という季節の挨拶の意味も込められています。そしてお歳暮は一年間の感謝の気持ちを表すものです。意味合いが少し異りますから、お中元とお歳暮は必ず両方送らなければならない、という決まりはありません

けれどお歳暮には一年間のお礼の意味を込めることができますから、贈るのは1年に1度にしたいと言う場合にはお歳暮を贈ることをおすすめします。

お中元をいただいたらお返しは必要?

お中元を贈ったら必ずお返しをしなければいけないというわけではありません。お礼を贈る時は暑中見舞い、または残暑見舞いとして贈ります。お中元を贈った相手はちゃんとお中元が届いたかどうかが気になっているはずです。お返しをするかしないかは個人の考え方次第ですが、届いたらすぐにお礼の連絡をするようにしましょう

おすすめのお中元

お中元としておすすめしたいのは、普段自分では買わないちょっと高級なもの、またはいつも使うので何個あってもうれしいものです。

最も喜んでもらえるものとしておすすめなのは牛肉です。自分からはなかなか松阪牛など高級な牛肉を買うことはないけれど、いただければうれしいですよね。一度は食べてみたいけれど自分では手を出しにくい松阪牛などを贈れば、相手のご家族はきっと喜んでくださるでしょう。

また、夏の暑い日に食べたくなるものといえばアイスです。アイスの中でも高級チョコレートとして知られているゴディバのアイスなど、一度は食べてみたいけれど食べたことがない、というアイスならきっと喜んでいただけますよ。

お世話になった方に!感謝の気持ちを込めてお中元を贈ろう

お中元を贈り合うことを禁じている会社もあるようですが、そうでない場合には、半年間を振り返ってお世話になったという方にはお中元を贈ってみませんか?地域によってお中元の時期は異りますが、早めならば間違いありません。高級な肉や夏に食べたいアイスなど、相手の方の喜ぶものが何かを考えて、お中元を贈ってくださいね。


コメントは受け付けていません。