「大安」とは?吉とされる理由とメリット・デメリットを解説!

カレンダーを見ると「大安」や「仏滅」など、日付の隣りに小さく書いてありますよね。大安だとわかると、なんだかよくわからないけれど何かラッキーなことが起こるかもしれない、とちょっとうれしい気持ちになったりする人も多いのでは?

大安イコール大吉の日、そんなイメージがありますが、実際に大安はどんな日で、本当に何をしても良い日なのでしょうか。日程を考えるときに大安を選ぶことはよくあるものです。知っているようで意外に知らない大安について、どんな日なのか、メリットやデメリットについてまとめました。

大安(たいあん)とは

大安は六曜と呼ばれる「大安」「仏滅」「友引」「赤口」「先勝」「先負」のうちの一つです。

大安とはその文字の通り「大いに安し」という意味があり、何事も平穏かつ安泰に進む日とされています。すべて大吉だとされている大安は、祝い事をする日として選ばれることが多いです。特に結婚式の日取りを決めるときには、これから幸せな家庭を築くためにも佳き日を選びたい、との思いから大安の日が選ばれます。

結婚以外にも人生における転機を迎える瞬間はいくつかあります。その一つが引越しです。引越しも新生活を始めるときに順調なスタートが決められるように、六曜を気にする方は大安を第一候補と考えます。それ以外にも、なにかお参りに行くなどの日程を決めるときに大安にする方もいますし、げんをかついで宝くじを大安の日に買うという人もいます。

大安にお葬式をしてもいいの?

大安が結婚式などお祝いごとの日として選ばれることはわかりますが、忌みごとであるお葬式やお通夜はしてもよいのでしょうか?

六曜は中国から伝来したものですが、仏教や神道とはとくに関係がありません。ですから、基本的には大安にお葬式をしたとしても構いません。お葬式は日にちを選んで後回しにするわけにもいきませんから、大安の日にお葬式をするといってもだめだというわけではありません。

けれど年配の方で六曜を気にする方は多いです。お通夜や告別式などの忌み事については「仏滅」の日を選んで「大安」を選ぶべきではないと考えている方もいるでしょう。お葬式には年配の方の出席も多いです。お葬式の日程のことで親族でもめるようなことは避けたいですよね。お葬式の日程が大安に当たるようであれば、親族で相談して決めることをおすすめします。

大安のメリット・デメリット

日取りを決める時には、メリット・デメリットの両方について理解しておく必要があります。

メリット

縁起がよいとされることから、大安にイベントを行うことには大きなメリットがあります。

スポンサーリンク

縁起がよいから安心できる

大安の一番のメリットは縁起が良いということです。何事も良いとされている大安に結婚式や引越しをすれば、これから幸せが待っているような気持ちがして、気分がいいですよね。大安の日にスタートを切ることができれば、安心して未来に目を向けて前に歩いて行ける気がしませんか?

トラブルがあっても落ち着いていられる

お祝いごとなど何か大きなイベントを行うとき、順調にいけば一番良いのですが、大小にかかわらずトラブルが起きることも多いです。そんなときに、大安でない日を選んでいた場合、もしかしてこれはお日柄が悪かったせいかも・・・と不安になったり、大安を選ばなかったことを後悔したりするでしょう。しかし、大安を選んでいれば、もしトラブルが起きたとしても「今日は大安なのだから大丈夫」と落ち着いて冷静に対処することができます。

みんなに喜んでもらえる

結婚式などお祝いごとの日を選ぶときに、若い人などは特に大安でなくても、都合がつく日ならよいのでは?と思うかもしれません。けれど、結婚式は特に六曜を気にする年配の方のゲストも多いです。結婚式にはゲストの方に祝福してもらいたいですよね。上の世代の方の出席が多い時は、喜んで来ていただくことを考えると大安が一番です。

デメリット

お祝い事には大安を希望する人が多いため、次のようなデメリットも出てきます。

混雑しているので予約が取れない

結婚式や引越しは縁起をかついで大安を選ぶ方が多いです。大安の日は限られていますし、結婚式をするときなどで休日を選ぼうとなると、かなり先まで予約がいっぱいということも多いです。結婚式もお引越しも、その後のことを考えるとそうそう先延ばしにすることは難しく、どうしてもこの月に決めたいということもあるでしょう。大安の日にこだわると、混雑して日取りがなかなか決まらないことも少なくないようです。

割引がなく値段が高くなってしまう

結婚式をするとき、少しでも費用を減らしたいというカップルは多いでしょう。仏滅など人気のない日に結婚式をする場合は、結婚式場の方でも割引プランを用意しているため、安く結婚式をすることができます。

しかし、普段から人気があって予約がいっぱいになってしまう大安の日の場合は、割引プランなどはあまりありません。結婚式だけでなく引越しも同じです。大安は引越したい人が多いため割高になりがちな一方、仏滅には割引があるなど、日取りによって料金が違って来ます。縁起にこだわらないのなら、他の日を選ぶのもひとつの方法です。

お日柄のいい日はどう選ぶ?六曜だけじゃない「吉」の日とは
結婚式の挨拶などでよく使われる言葉に「本日はお日柄もよく」というものがあります。なんとなく縁起がよさそうですが、いざ意味を聞かれると答えに詰まってしまうと言う方
2018-09-20 08:05

メリット・デメリットをよく考えてから決めよう

現在でも縁起にこだわる方は多いです。そう考えると、お祝い事は大安を選んでおけば間違いないと言えるでしょう。ただし、イベントでは費用も重要なポイント。日取りを決める時には、メリット・デメリットをよく考えて決めることが大切です。


コメントは受け付けていません。