掃除洗剤を減らしたい!最低限必要なものと断捨離のコツを解説

掃除をしよう!と思ったらまず必要なものの準備から入りますが、そのうちの一つと言えば洗剤ですよね。でも洗剤ってスーパーなどに買いに行くと、いっぱいあって何を買ったらよいかわからなくなったりしませんか?

お風呂にはこれ、台所にはこれ、トイレにはこれ、といろいろ洗剤を買っていくうちに置き場がなくなるほどいっぱいになってしまうことも。一回でそんなにたくさんの量を使うわけではないですから、使いきれない洗剤がいっぱいあると、それを見ているだけで掃除をするのが嫌になってしまいますね。

掃除洗剤を減らすにはどうしたらいい?これだけは用意したほうがいい掃除洗剤は?掃除洗剤を減らすためにはどうしたらよいかについて考えました。

掃除洗剤の種類と特徴

たくさん種類がある掃除洗剤ですが、大きく分けると次の4つに分かれます。

合成洗剤

台所用、住居用、お風呂用と細かく分けるとたくさんあるのが合成洗剤です。合成洗剤の主成分は界面活性剤で、汚れている材質から汚れの成分を分離させることによって汚れを取ることが出来ます。界面活性剤以外に合成洗剤の中には汚れを溶かす溶剤やアルカリ剤が入っており、そういった洗浄補助剤や添加化合物が加えられています。

洗浄剤

合成洗剤よりも洗浄効果が高い洗剤が洗浄剤です。洗浄効果が高いことから、洗浄剤はトイレなど汚れのひどいところに使われます。洗浄剤の成分は酸やアルカリで、化学作用によってこびりついた汚れも強力に落とすことが出来ます。

研磨剤

力を入れてこすることで汚れを落とすタイプが研磨剤です。こすればきれいにすることが出来るのですが、あまり力を入れすぎると傷をつけてしまうことになるので、力は入れすぎずに軽くこすることが必要です。

漂白剤

色素を分解して白くすることが出来るものが漂白剤です。漂白剤には塩素系のものと酸素系のものがあります。酸素系のものはにおいがなく安全ですが、漂白剤のほとんどはつんとした臭いが特徴の塩素系のものです。

掃除洗剤を減らすメリット

掃除洗剤を減らすことにより、さまざまなメリットが得られます。

置き場所に困らない

台所、トイレ、お風呂など使う部屋ごと、台所などはさらに細かく場所によっておすすめの掃除洗剤が違ってきますから、すべて揃えていると置き場所がなくなってしまうこともあるでしょう。使い切りタイプならともかく、余った分は次に使う時まで保管しておかなければいけません。気が付けば収納スペースが洗剤置き場になってしまっていませんか?掃除洗剤の種類を減らせば置き場所に困ることはなくなり、収納スペースに余裕がうまれます。

使い分けのわずらわしさから解放される

掃除洗剤をあれこれ買っていくと使い分けるのも大変です。ここの掃除にはどの洗剤がいいんだっけ?と洗剤を探しているだけで時間がたってしまうことも。掃除洗剤を減らせば使い分けにわずらわしいと感じることはありません。すぐに必要な洗剤を手に取って、掃除を始めることが出来ます。

お財布にやさしい

一つ一つはそんなに高いものでなくても、掃除洗剤を買いそろえていくとけっこうお金がかかります。大掃除をしようと思って洗剤を買いに行くと、たくさん買うことになってしまって思わぬ出費に愕然とすることも。けれど、掃除洗剤の数を減らせばお金もかからずお財布にやさしいですね。

掃除洗剤を減らすポイント

掃除洗剤の断捨離にはいくつかのポイントがあります。

完璧を目指さない

掃除するからにはすべてをピカピカにしよう、と完璧を目指す方もいるでしょう。でもそうやってこの汚れにはこの掃除洗剤と、掃除洗剤を選んでいったらいくつも掃除洗剤を用意しなければならないことに。きれいにするのはもちろん良いことですが、完璧を目指したら疲れてしまって結局途中で挫折することも。楽しく掃除するためにも、完璧は目指さないで、80%ぐらいでいい、ぐらいの楽な気持ちでいきましょう。

スポンサーリンク

マルチタイプを選ぶ

ある一か所にしか使えないという洗剤ばかり購入していたら、掃除洗剤の数はいつまでたっても減らすことが出来ません。掃除洗剤を選ぶときは、幅広い用途に対応しているマルチタイプのものを選びましょう。

汚れにあったものを用意

一口で汚れといっても、汚れには酸性の汚れとアルカリ性の汚れがあります。油汚れなどは酸性ですし、水垢などはアルカリ性の汚れです。酸性の汚れはアルカリ性の洗剤、そしてアルカリ性の汚れには酸性の洗剤が効果を発揮しますから、酸性とアルカリ性、汚れに合わせて酸性とアルカリ性の洗剤はそれぞれ用意してください。

購入しやすいものを選ぶ

いくら効果が高い掃除洗剤であっても、なかなか店には置いていないものでは使い終わったときに次を購入できません。洗剤はどこでも売っている購入しやすいものを選ぶことがおすすめです。

安全性を重視

洗浄効果が高いということはその分だけ強い成分が入っているということですから安全性が不安になります。使うことによって人体に危険が及ぶような可能性のある洗剤は使わず、安全性の高いものを選ぶようにしてください。

これだけでOK!

掃除洗剤は最低限、これだけ揃えておけば大丈夫です。

水垢にはクエン酸

アルカリ性の汚れである水垢掃除に効果が高い洗剤といえばクエン酸です。クエン酸は水垢や尿、せっけんなどのアルカリ性の汚れを中和して、汚れを落としやすくしてくれます。また、アンモニア臭を取ることから消臭効果もありますし抗菌作用もあります。

水回りの掃除にはクエン酸が効く!4つの使い方と活用法を伝授

油汚れには重曹

油など酸性の汚れをきれいにするためにはアルカリ性の重曹がおすすめです。弱アルカリ性の重曹は、油やたんぱく質などの酸性の汚れを中和して、水に溶けやすくしてくれます。そのほか、重曹には酸っぱいにおいを取ったり、研磨効果、発砲効果も期待することができます。

掃除には重曹!効果の秘密から3つの使い方・活用方法まで

あると便利な洗剤

クエン酸、重曹に加えて、次の2つを揃えておくと便利です。

セスキ炭酸ソーダ

セスキ炭酸ソーダはアルカリ性ですが、その濃度は重曹よりも高いため、重曹で落ちない頑固な汚れでも落とすことが出来て便利です。さらさらしていて長期保存に向いており、研磨効果はありませんが洗濯にも使うことが出来ます。

セスキ炭酸ソーダは環境や人にやさしく、小さなお子さんやペットのいる家庭でも安心して使うことが出来ます。

セスキ炭酸ソーダとは?掃除に使える理由と使い方をご紹介

消毒用エタノール

押入れの壁やスマホの表面、ドアノブなど、ついてしまった手垢をきれいにしたいときにおすすめなのが消毒用エタノールです。消毒用エタノールは水を嫌う場所に使います。カビを殺しながら掃除できますし、水性の汚れも油性の汚れも落とすことが出来るすぐれもの。ただし、一部のプラスチックに使うと傷めてしまう可能性もありますから、心配な場合は一度目立たない場所で試してから使うようにしましょう。

掃除洗剤も断捨離しよう

掃除洗剤を揃えるのは気持ちのよいものですが、実は「これでなければならない」というものはそれほど多くありません。クエン酸に重曹、できればセスキ炭酸ソーダに消毒用エタノール、これだけそろえば十分です。掃除洗剤を使い終わるたびに、断捨離を進めてみてはいかがでしょうか。


コメントは受け付けていません。