還暦祝いはいつ?赤いちゃんちゃんこを贈る意味・由来を解説!

還暦は60歳のお祝いです。人生60年と言われた時代もありますが、今の60歳は現役でまだまだ若いですから、おじいちゃん、おばあちゃんなんて感じはしないですよね。仕事をがんばっている方も多く、年寄り扱いなんてしたら怒られてしまいそう!でも、60歳は節目の年ですから、ちゃんとお祝いしてあげたいですよね。

お祝いの仕方や喜ばれるプレゼントなど、還暦祝いについてまとめました。お父さん、お母さんが還暦を迎えるのだけれど、何をしてあげたら良いのだろうか?と悩むご家族の方は、ぜひ参考にしてください。

還暦祝いとは?

還暦とは、干支が一周りするのに60年かかることから、再び生まれた年の干支になるという意味で名付けられた言葉です。

干支と言うと十二支を思い浮かべる方が多いですよね。十二支とは、「子、丑、寅、卯、辰、巳、午、申、酉、戌、亥」の12種類です。そう思うと、12年で一周りするのでは?と思ってしまいますが、干支はこの十二支とあまり知られていない十干を組み合わせて作られています。

十干とは「甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸」です。十干に十二支が組み合わさって干支が作られていますから、一周りするまでには60年かかる、というわけです。

赤いちゃんちゃんこの意味

還暦祝いと言えば、昔から赤いちゃんちゃんこや頭巾など赤いものをプレゼントにして贈るのが良いと言われています。還暦祝いに赤いものを贈る理由については、2つの説があります。

一つ目の説は、還暦は干支が一周りして生まれた頃に戻ることから、赤ちゃんに戻る年という考え方です。赤いちゃんちゃんこを贈るようになったのは、赤ちゃんの「赤」と語呂が似ているからのようですよ。60歳の人を赤ちゃん扱いするなんて!と思ってしまうかもしれませんが、昔の人は還暦だけでなくいろいろな行事の日付を、このように語呂合わせで選んでいたようです。

また、赤には魔除けの力があると言われていたからという説もあります。昔から赤は魔よけの色、または厄除けの色とされてきました。60歳といえば男性は厄年に当たります。厄除けのためには赤いものを身に着けたほうが良い、そういう考え方から、還暦祝いには赤いちゃんちゃんこや頭巾など、赤い身に付けるものを贈るという風習が現れたというの説です。説得力がありますね。

還暦祝いはいつするの?

日本では、年齢を数えるときに、満年齢で数える場合と数え年で数える場合があります。どちらでお祝いすべきなのか考えてしまいますよね。還暦祝いは他の長寿のお祝いと同じく昔ながらの行事ですから、昔から続いてきたやり方でお祝いしたい方は、数え年61歳でのお祝いとなります。けれど、今はお祝いごとも実年齢でする人が増えていて、満60歳の誕生日にお祝いする方が多いです。

還暦祝いは家族や親しい人みんなで集まって豪勢に行うことが一般的ですから、日付をいつにするかは、家族などお祝いする人で集まって、都合の良い日を決めると良いでしょう。できるだけみんなが集まれそうな日程を組んでくださいね。

還暦祝いの相場

家族や地域によって考え方は変わりますが、祝われる人との関係によってお祝い金の相場は異なります。参考までに関係性別に還暦祝いの相場をお知らせしますね。

スポンサーリンク

  • 子供から親に  10,000円から100,000円
  • 孫から祖父母に 10,000円から30,000円
  • 親戚に     5,000円から20,000円
  • 知人に     5,000円から10,000円

兄弟離れて暮らしていたりすると、事前に還暦祝いについて相談をし忘れていて、出す金額にかなり差があったということも少なくありません。必ずこの金額出さなければいけないという決まりはありませんが、お互い嫌な思いをしないためにも、兄弟や親戚で話し合って、金額を合わせるようにしましょう。

還暦祝いののし袋は水引が蝶結びのものを選びます。そして表書きは「祝還暦」「寿還暦」「還暦御祝」などと書くようにしてください。

還暦祝いにおすすめのプレゼント

プレゼント選びで気をつけること

今の60歳といえば本当にまだ若いです。まだ現役でバリバリ働いている方も多い現代の60歳には、長寿祝いということでなにかプレゼントをしても喜んでいただけないかも知れませんね。還暦祝いの場合は、長寿祝いと言うよりも、節目のお祝いと言う形で楽しんでもらえるプレゼントを選ぶのがポイントです。

おすすめプレゼント

還暦祝いと言えば赤いちゃんちゃんこと頭巾が定番ですが、今時の60歳の方にはあまり喜んでいただけないようです。そこで、還暦祝いのテーマカラーである赤にちなんだプレゼントを贈るのはどうでしょうか。名入れのコップなどのプレゼントも特別感があっておすすめです。

品物を贈るだけでなく、還暦祝いには旅行などをプレゼントする方も多いです。お出かけが大好きな方には、旅行や美味しい料亭での会食も喜ばれます。60歳と言えば、まだまだ体も元気ですし、いろいろなことに挑戦できる年代です。乗馬や陶芸など、楽しい体験ができるチケットをプレゼントしたり、ロマンチックな時間が過ごせるクルージングチケットも素敵です。体験や好きなものを選ぶことができるカタログギフトも販売していますから、好きなことをして過ごす素敵な時間をプレゼントできますよ。

60歳になるころは、子供も結婚したり成人して独り立ちするなどで家を離れていることが多いです。お互いに忙しくてなかなか顔を合わせる時間もないでしょうから、みんなで一緒の時を過ごして記念撮影するのもよいでしょう。記念撮影した写真は、最高の思い出としていつまでも飾っておいてもらえますよ。

NGなプレゼント

60歳はまだまだおじいちゃん、おばあちゃんという雰囲気は殆ど感じられません。電車の中で席を譲られてもあまり喜ばない人が多いぐらいですから、プレゼントもお年寄りに贈るようなものは避けましょう。たとえば、老眼鏡や杖などは、目や足腰が弱ったイメージがありますから、まだ元気で仕事もプライベートも頑張っている60歳の方はもらっても喜ぶどころか、機嫌が悪くなってしまいかねません。

お祝いの言葉

プレゼントを贈るときには、カードなどを添えると気持ちが更に伝わりやすいです。気の利いたことを書こうとすると考えてしまいますが、気持ちが伝わることを一番に、素直な気持ちを綴るのがポイントです。

順番としては還暦おめでとうございますというお祝いの言葉の後に、今までいろいろありがとうという感謝の言葉を添え、最後にこれからも元気で頑張ってね、という気持ちを込めましょう。いつまでも若くいてね、やこれからもお父さん(お母さん)と仲良く人生を楽しんでね、などという言葉などがおすすめです。

新しい人生をさらに楽しく過ごせるように願って

干支がひとまわりする還暦は、新たな人生のはじまりのときでもあります。これまでの人生は、子供のために頑張ってきたお父さん、お母さんも、60歳を迎える頃には子育ても大体終わり、自分たちの好きな時間を過ごせるようになっているでしょう。

まだ現役でバリバリ働いている方もいるでしょうが、60歳の節目を迎え、これから新しい人生を始めるときです。盛大に御祝をして、これからの人生、楽しく過ごすことができるよう、祈りましょう。


コメントは受け付けていません。