仏滅はどう過ごせばいい?していいことと悪いことは?

普段は暦なんて特に気にしていなくても、カレンダーを見て仏滅だと気づくとなんとなく気になると言うことはありませんか?「仏滅」と言う文字の印象から「もしかしたら良くないことが起こるのでは…」なんて不安になることもあるでしょう。

あまりよいイメージのない「仏滅」ですが、でも本当に悪い日なのでしょうか?仏滅とはどんな日なのか、してよいことと悪いことなど、意外に知らない「仏滅」についてまとめました。

仏滅(ぶつめつ)とは

仏滅は大安や友引、先勝などと同じく六曜(ろくよう)のひとつです。

仏滅はもともと、空亡(くうぼう)、虚亡(こもう)と呼ばれていました。空亡、虚亡からすべてが虚しいと解釈され「物滅」と書かれるようになり、現在では「物」という漢字から「仏」という漢字に変えて「仏滅」と書くことが一般的になっています。

仏滅の意味はその字の示すように、「仏も滅するような大凶日」という意味です。仏という字が使われているから仏教になにか関連するものがあるのでは?と思われがちですが、仏滅は仏教とは特に関係しているわけではないようです。

仏滅は悪い日なの?

仏滅と聞くと誰もが悪い日を想像しますが、本当にそんなに悪い日なのでしょうか。

六曜には大安、友引、先勝、先負、赤口、そして仏滅があり、最も凶とされているのは仏滅です。仏滅はもともと空亡、虚亡と呼ばれていたように、すべてが空である何もない日です。なにもなくて虚しくて仏も滅するような日となれば、たしかに六曜の中ではもっとも悪い日だと言えるでしょう。

しかしすべて空でなにもないということは、これ以上悪くなることはありません。ということから、仏滅は新しいことをこれから始めるにはいい日だという意見もあります。そう考えますと、仏滅はそんなに悪い日でもなく、むしろいい日だと言って良いかも知れません。

やっていいこと・悪いこと

仏滅は新しいことを始めるにはいい日である反面、やはり避けた方がよいとされることもあります。仏滅にやってよい・悪いとされていることをご紹介しましょう。

○引越し

これから新生活を始める引越しは、普段六曜など気にしない人でも、なんだか気になりますよね。縁起が悪い日に引越しするとこれからの日々の幸せが消えてしまうかもしれない、という思いから、引越しは大安を選ぶ方も多いですが、実は仏滅は引越しに良い日です。

仏滅とは物がなくなる物滅という意味を持つ日です。物事はなんでも一度滅した後、新しく始まります。仏滅の日は何もない状態から新しく始まる日ですから、新たな門出の日である引越しには適した日だと言えるでしょう。

引越しとなると六曜を気にする方が多いので、仏滅に引越しをしようという方は少ないです。そのため、引越し業社では仏滅に引越す人に対して値引きで対応することもよくあるため、引越しを安く仕上げたい方は仏滅に選ぶのも良いかも知れませんね。

スポンサーリンク

○葬儀・葬式・通夜

葬儀や葬式、通夜の日を決めるときに仏滅でもよいか迷いますが、特に問題はありません。仏滅という言葉には仏という言葉が入っているだけに、仏教にのっとって行うことが多い葬儀や葬式の日に仏滅を行ってはいけないのではないか、と考える方もいらっしゃるでしょう。しかし仏滅の「仏」は仏教とは何の関係もありませんから、葬儀や葬式、通夜の日に選んだとしても、何の問題もありません

○法事

法事の日も仏滅は避けた方がよいと考えがちですが、葬儀や葬式、通夜と同様、仏滅の日を選んだとしても何ら問題はありません。仏滅は仏教とは関係がありませんから、法事をしても大丈夫なのです。仏滅だからといって法事の日を先延ばしにするのではなく、親戚一同が集まりやすくて命日に近ければ、仏滅であっても法事を行いましょう。

○厄払い

厄年を迎える方はもちろん、なんだかよくないことが続くので祈祷したいと言う場合もあるでしょう。厄払いはやはり縁起にはこだわりたいもの。仏滅の日に厄払いをしても大丈夫なのかどうか気になりますね。

厄払いは神社に参拝して行うのが一般的です。神教は六曜の影響を受けませんから、仏滅だから厄払いには良くないということはありません。仏滅の日に祈祷を行っても何の問題もないので、厄払いは仏滅など六曜で日を選ぶのではなく、厄払いをする方の都合で決めてください。

×結婚式・入籍

人生最高の日に行いたい結婚式、またはこれから新しい人生が始まる入籍の日は、できれば大安を選びたいですよね。仏滅の日は六曜の中でも最も凶とされていますし、終日縁起が悪いという説があることから、結婚式のようなお祝いごとは避ける方が多いです。特に年長者は六曜を気にしますから、結婚式や入籍は良いとは言えません。

しかし仏滅の解釈として、終日縁起が悪いという説のほか、午後は縁起が良いとする説もあります。そう考えますと、12時以降に結婚式をしたり入籍するのだとすれば問題はないかも知れません。また神教と六曜は何の関係もないことから神社で行う結婚式は仏滅にやっても大丈夫だと考える人もいますし、最近では特に六曜にこだわらない人も増えてきました。

結婚式は大安の日はすぐに予約が埋まってしまいますが、わざわざ仏滅を選ぶ人はあまりいません。そのため、結婚式場では仏滅の日の挙式費用を割引する所も多いです。費用が割り引かれて安くなる、混雑しないのでゆったり結婚式ができる、そんな理由から、最近では仏滅でも結婚式をする人も増えています

×納車

車を購入して、さて納車する日をいつにしようかと思ったとき、その日が仏滅だとやはり気になるものです。特に年長者の方は縁起を気にしますから、仏滅の日の納車は避ける方が多いようです。今後、その新しい車に乗って事故などがもし起きたときに、それを仏滅に納車したせいだと思いたくないですよね。気にするときりがないですが、気にしないですますためにも、納車を仏滅にするのは避けたほうが良いでしょう。

しかし、だからといって納車はあまり先延ばしにはしたくないこともあるでしょう。仏滅は12時以降は良くなるという説もあります。いろいろ忙しくて仏滅の日しか空いていないと言う場合には、納車を午後にしてもらうのもひとつの方法です。

縁起かつぎは「ほどほど」が一番!

仏滅だとわかると、何をするのも良くない気がすると予定があってもそれをずらそうかな、と考える人もいらっしゃるでしょう。たしかに仏滅は六曜の中では一番凶ですが、仏教に関連する葬式や法事だったら特に問題はありませんし、引越しをしても大丈夫です。

忙しい毎日を送っている方は特に、仏滅だからといって予定を延ばしていると、なかなか都合のつく日がありません。仏滅は午後は良くなるという説もありますから、特に悩みすぎず、気になるなら午後に予定すればよいのではないでしょうか?


コメントは受け付けていません。