トマトスープとミネストローネの違いは?簡単レシピもご紹介!

野菜を使って作ったスープは、あまり野菜が好きではない人も食べやすく、栄養たっぷりでヘルシーで人気があります。

野菜を使ったスープの中でも定番のものと言えばトマトを使ったスープです。トマトを使ったスープと言うと、トマトスープやミネストローネが頭に浮かびますが、トマトスープとミネストローネはどこが違うの?と言われるとわかりますか?

どちらもトマトを使って作った赤い色をしたスープだし、具を見ても野菜がいっぱい入っているところも同じ。じゃあ、どこに違いがあるの?トマトスープとミネストローネの違いについて考えました。

トマトを使った料理だからトマトスープなのはわかるけれど、ミネストローネはそもそもどうやって生まれたの?ミネストローネは食べたことがあるし名前も知っているけれど、実はよくわかっていない人も多いかもしれません。そんなミネストローネについても詳しくお話しします。

ミネストローネとは

ミネストローネは具が多いものという意味のミネストラから来ています。ミネストラという具がたっぷりなスープの中に、具としてパスタ類や米などが入ったものがミネストローネです。具がいっぱい入っているミネストローネに対し、野菜があまり入っていないスープはミネストリーナと呼ばれています。ミネストリーナは日本で言えばおかゆのようなもので、病院食などでよく出されます。

ミネストローネの中に入っている具材の中でもベースになるものは玉ねぎやニンジン、セロリです。それ以外に入れるものはキャベツ、ジャガイモ、ズッキーニ、冬であればカブや大根、ホウレンソウに白菜、白ネギなどが入ります。野菜は薄切りや角切りにして炒めてから、水に塩、コショウ、トマトを入れて、野菜が柔らかくなったら味を調えてできあがりです。

食べるときにはオリーブオイルをかけていただくのがイタリア流のミネストローネの食べ方になります。

トマトスープとの違い

ミネストローネとトマトスープ、2つは同じものじゃないの?という人もいらっしゃるでしょう。たしかに、ミネストローネとトマトスープは見た目にも似ていますよね。

スポンサーリンク

けれどミネストローネは必ずしもトマトが入っている必要はないのです。たしかにトマトが入ったミネストローネは多いですが、トマトの入っていないミネストローネも存在します。ミネストローネは野菜が入っているスープであればよいので、特にトマトが入っていなければいけない、というものではないのです。ミネストローネは野菜だけでなく、さらに小さなパスタなどが入っていることが多いです。

日本では真っ赤なトマトスープのイメージがあるミネストローネなのですが、イタリアに行くとトマトが入っていないミネストローネや、トマトは入っているものの、あまり色はついていないミネストローネが多いようですよ。アレンジを楽しむのもおすすめです。

ミネストローネの簡単レシピ

トマトを入れるときは缶詰を使うと楽ちんです。トマト缶を使った簡単レシピをご紹介します。

ミネストローネの材料(2人分)

  • じゃがいも 1個
  • にんじん 1/4本
  • セロリ  1/2本
  • 玉ねぎ 1/4個
  • にんにく 1かけ
  • ホールトマト缶詰 1缶
  • スパゲティ20g
  1. ジャガイモやニンジンは皮をむき、セロリは筋を取ります。ジャガイモ、ニンジン、セロリ、玉ねぎを1㎝角に切り、にんにくはみじん切り、スパゲティは3㎝ほどに折ります。
  2. オリーブオイルとみじん切りのにんにくを鍋に入れて弱火にかけ、香りがたったらジャガイモ、ニンジン、セロリ、玉ねぎを加えて中火で炒めます。野菜がしんなりしたらホールトマトを入れて炒め合わせます。
  3. 水を11/2カップ、洋風スープの素を加え、煮立ったらスパゲティを加えて中火で10分ほど煮たら、塩コショウを加えて味を調えたら完成です。

ミネストローネは余ったらリメイクも可能です。ご飯ととろけるチーズを加えてレンジでチンすればトマトリゾットに、パンやパン粉を加えてトースターで加熱すればグラタンにもなりますので、お試しください。

栄養たっぷりでヘルシー!ミネストローネを食べよう

野菜たっぷりのミネストローネはおいしくてヘルシーで、おすすめのメニューです。具だくさんでおしゃれなスープなのに、そんなに手がかからずに簡単に作れてしまうのも魅力です。体調がよくないときも栄養はしっかり取っておきたいですよね。食欲があまりない時もスープなら飲めますから、野菜たっぷり具だくさんのミネストローネを作れば、おなかもいっぱいになって心も体も満足できます。

トマトがないとミネストローネが作れない、ということはなく、冷蔵庫を見てみて野菜がたくさん残っていれば、残り野菜を使ってミネストローネは作れます。具材によって味わいが変わってまた違うミネストローネになるかも。いろいろな野菜を使ってミネストローネを作ってみてください。ミネストローネを極めるのも楽しいかもしれませんよ。


コメントは受け付けていません。