リュックとバックパックの違いは?デイパック、ナップサックとはどう違う?

仕事や学校、旅行などに出かけるときには持っていかなければならないものがあります。ちょっとした軽いものだったらどんなバックでもいいのですが、荷物が重い時は持ち運ぶのも大変。

そんなとき便利なのがリュックやバックパックです。背中に背負うことが出来るので荷物の重さもだいぶ楽になりますし、両手もあくから荷物が邪魔になることはない。リュックやバックパックは誰でも一個は持っているのではないでしょうか。

リュックやバックパック、またデイパックやナップサック、どれも背中に背負って使うバックなのですが、それぞれ違いはあるのでしょうか。背中に背負うバックのそれぞれの特徴や用途について、考えました。

リュックとは

リュックとはドイツ語の「Rucksack」から来ている外来語です。ドイツ語の意味は「背負う袋」です。リュックはリュックのほかに、リュックサック、リュックザック、ルックザック、ザックといろいろな呼び名があります。

ドイツ語の発音としてはリュックザックになるのですが英語読みにするとリュックサック、日本人は「ザ」を発音しにくいため、リュックサックと呼んだり、略してリュックと呼んだりすることが多いようです。

たくさんのものが入ってしかも両手がふさがらないリュックは、元々は軍用に使われてきました。その後、登山に用いられるようになって、今では街に行くときなども、日常のさまざまなシーンで使われています。

元々のリュックは厚手の布地で作られていましたが、今ではポリエステルなどさまざまな素材が使われており、素材については定義がありません。背中に背負うバックであれば、すべてリュックの一つとなります。

バックパックとは

バックパックは英語の「Backpack」から来ています。英語の意味は「背中に担ぐ荷物袋」です。

バックパックは色々な用途で使われますが、特に日本ではトレッキングなどで使われることが多いです。バックパックを使えば両手が空いて自由になりますし、同じ両手が空くバックでもショルダーバックやウエストバックと比べて、体にフィットするうえにたくさんのものを入れることが出来ますから、アクティブな行動をするときに持っていくときは一番使いやすいバックです。

現在、バックパックはトレッキングのほか、いろいろな用途で使われています。トレッキング用のものは丈夫で大きめのものを、スポーツ用のものはそのスポーツに使うボールや道具が入るようにできているものを、ノートパソコンを入れて持ち運ぶのならノートパソコンが入る高さと幅があるものを、用途に応じてバックを選ぶ必要があります。

バックパックの素材はナイロンやポリエステルが一般的ですが、コットンや合成皮革製のものもあります。

デイパックとは

スポンサーリンク

デイパックとは「デイ」という言葉からもわかるように日帰りのハイキングなどで使うリュックのことを指します。一日の日帰り用ですから、大きさは小型です。

デイパックが使われるようになったのは1970年代ごろ、ケルティというブランドがクライマーのために開発したと言われています。これまでロープで上げていた食料や荷物を、デイパックにつめて持ち運ぶようにしたのが始まりだそうです。

現在、デイパックはアウトドアだけでなく日常でも使われるようになりました。学生たちが教科書を入れるために使ったり、普段の持ち歩き用としてファッション性に富んだものも多く出ています。

ナップサックとは

ナップサックは日本語で、巾着型のひも式の簡易リュックのことを指すことが多いです。形は縦長のものが主流で、リュックのように登山や軍用では使いません。見た目はリュックと似ているのですが、普段使いが目的で、子供の遠足の時、または学生の通学バックとしてよく利用されています。

ナップサックは肩にかけるひもの部分が細いループでできており、ポケットがいくつもあったり、上部でたくさんの荷物を入れるようには作られていません。メインのバックというより、簡単に持ち運べるサブバックの意味合いで利用されることが多いです。

リュック・バックパック・デイパックの違い

リュックは背中に背負う袋、バックパックも背中に背負う袋、どちらも同じ意味を指しますし、素材を見ても特に違いがありませんから、基本的にリュックとバックパックはリュックがドイツ語、バックパックは英語という違いがあるぐらいで、特に違うところはありません。

最初に日本にアウトドア文化が持ち込まれたのは欧州からでしたからリュックが先でしたが、のちにアメリカからバックパックが入ってきましたので、リュックでもバックパックでも、どちらの名前で呼んでも構いません。

ただし、ちょっと違うのがデイパックです。デイパックは背中に背負う袋で、リュックやバックパックの1種にはなるのですが、違うのは容量です。リュックやバックパックは宿泊にも用いるので大きめのものもありますが、デイパックは一日分の荷物を入れるだけなので小型ですし、ファッション性を重視したものも多くある、というところに違いがあります。

用途によって使い分けよう

リュックやバックパック、デイパック、お店に行くと種類も豊富だし、どれを選んだらよいかわからなくなります。知っているブランドのものやデザインで選んでいる、という人は多いかもしれませんが、バッグを選ぶときは自分が何のためにそのバッグを使うのかを考えて決めましょう。

リュックとバックパックは基本的に同じですから、登山に使うのか、普段使いなのかを考えて素材や大きさ、形で判断します。スポーツの道具やボールを持ち運ぶために使いたいならば、そのスポーツ専用のバッグもありますから、お店でよく見て選ぶようにしましょう。

そして日帰りで、または普段使いで利用したいならば小型のデイバックが一番。お子さんには簡易的なナップサックもいいかも。同じ背負って使うバッグ出も上手に使い分けてくださいね。


コメントは受け付けていません。